「JOKER ジョーカー」の感想・レビュー(ネタバレ有り)

ジョーカーJOKER ジョーカー
★★★☆彡
監督・脚本 トッド・フィリップス
配給 ワーナー・ブラザース
上映時間 122分

こんにちは、しんじです。
今回はホアキン・フェニックス主演「JOKER ジョーカー」の感想を書きます。
JOKERはバットマンシリーズに出てくる悪役で、DCコミックスを代表するキャラクターですね。
ジョーカーと言えば「ダークナイト」においてヒース・レジャーが最高のパフォーマンスをしたと評されています。

ジョーカー

さてホアキン・フェニックス演じるJOKERはどのようなものなのでしょうか。
PukuPukuMarine

あらすじ 感想

〇あらすじ
アーサー・フレック(ホアキン・フェニックス)は母と2人、貧困のもと社会の底辺な生活をしていた。

仕事はピエロに扮しお店の宣伝活動をするパフォーマーだ。

ジョーカー

ある日、仕事中に不良たちの標的にされ暴行を受けてしまう。

その後、護身用に渡された拳銃を小児病棟でのパフォーマンス中にうっかり落としてしまう。
小児病棟からクレームが入ると、アーサーはそのまま解雇となる。

失意のアーサーがピエロのまま電車に乗ると富裕層である3人の男に暴行を受ける。

ジョーカー

殴られ、蹴られ・・・突然、何かが切れたようにアーサーは男たちを射殺する。

その事件をきっかけにゴッサムシティでは貧困層の人々による格差社会に抗議するムーブメントが起き始める。

ムーブメントの象徴はピエロだった。

ジョーカー

人々はピエロに扮しながら街で暴動を起こし始める。

一方、アーサーは自分の出生の秘密を知ってしまう。
自分が大富豪トーマス・ウエインの息子だと信じたアーサーはウエイン家を訪れる。
だが、「それはイカレ女の妄想だ」と母と自分をとことん侮辱される結果となった。

全てうまくいかない。
全てが自分を拒否する。
家も仕事も社会も未来も過去も母も父も、そして自分さえ自分を排除しようとする。

だが、そんなアーサーに大きな出来事が起きる。
あこがれのコメディアン・マレー(ロバート・デ・ニーロ)のトーク番組に招かれるビッグチャンスだ。
ピエロに扮したアーサーはスタジオへと出向く。

自分をジョーカーと紹介してほしいと約束をしてもらう。
いよいよ番組が始まる。

マレーからの紹介と共にスポットライトを浴びながら軽いステップで舞台に出ていく。

ジョーカー

そしてジョーカーはマレーに対して災難続きの自分をきらびやかなTV番組に招いてくれた事へのお礼をするのだった。

ジョーカー

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ジョーカー(字幕版)

新品価格
(2021/7/17 11:04時点)

あらすじ 感想

〇感想
ブログの中で何度かいっていますが、僕はあまりアメコミ映画を好んで観ないです。

簡単に言えば、まぁ、ちょっとノリが合わないといった理由です。

この「JOKER」はそんなアメコミ映画とは全く違いました。

この映画で描こうとするのはアメコミのジョーカーというよりも、ひとりの犯罪者を作り上げる背景だった気がします。

その題材としてジョーカーという人物をはめ込んでいるように思いました。

だから空想世界のキャラクターであるジョーカーよりも、すぐ隣の建物の中で犯罪者が生まれているという現実的な恐ろしさがこの映画にはあります。

犯罪者の心理として世の中が自分を受け入れてくれないというものがあるとすると、この映画はその部分をもっともっと強調的に映し出し、その人物への追い込みも容赦ないものにしています。

はっきり言って映画の前半は物凄く退屈なうえアーサーの笑いが凄く不快で、つまらなく感じました。
だけど映画はこのアーサーという人物を容赦なく追い込んでいきます。

そのため、後半はアーサーの行く末を見届けておきたい気持ちになります。

アーサーがジョーカーとして花開いていくにつれアーサーがくすんだ色から色濃い男になっていきます。
特に同僚をハサミで殺害した場面での血しぶきと白いメイクをしたジョーカーの映像はかなり惹きつけられる映像でした。

ジョーカー

そして、マレーの番組に出演するジョーカーが最後に見せた歪んだ心は、この映画が犯罪者に作り上げることに成功した証のように見えました。

映画の前半は修行のように退屈だけど、後半からの畳みかけはとても素晴らしかったです。
評価としてはを4つつけたいところだけど、前半の退屈さを差し引いて3.5とします。

僕のようにアメコミ映画が不得意な人は、その類とはまったく違う映画ですので観ても大丈夫です。
逆にDCコミックのジョーカーを少しでも期待する人には・・・どうなんでしょうか。

どちらにせよ、多分、この考えが正しい。
ジョーカーにする必要がある?

ホアキン・フェニックスの話題の映画なので気になる人は観ても損はない映画だと思います。

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

ジョーカー ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/2枚組/ポストカード付) [Blu-ray]

新品価格
¥4,000から
(2021/7/17 11:06時点)

DC COMICS DCコミックス – JOKER 2019 Steps/ポスター 【公式/オフィシャル】

新品価格
¥950から
(2021/7/17 11:07時点)

映画コミックジョーカーキャンバス絵画ホアキンフェニックス50 x 80cmフレームレス

新品価格
¥2,892から
(2021/7/17 11:07時点)

【映画パンフレット】ジョーカー JOKER 監督 トッド・フィリップス

新品価格
¥2,980から
(2021/7/17 11:09時点)

 

「ムーンライト」の感想・レビュー(ネタバレあり)

English
ムーンライト
ムーンライト
★★★☆彡
原作 タレル・アルヴァン・マクレイニー
監督・脚本 バリー・ジェンキンス
配給 ファントム・フィルム
上映時間 111分

こんにちは、しんじです。
今回は「ムーンライト」の感想を書きます。
この映画は第89回アカデミー賞で作品賞・助演男優賞・脚色賞を受賞しています。
知人からの情報で「ゲイの男性の物語」とだけ聞き、ずっと遠ざけてきた映画です。
ただ「グリーンブック」にてマハーシャラ・アリの存在感に魅了💚されたので、この映画を観るに至りました。
さて、さて・・・大丈夫かな。
PukuPukuMarine

あらすじ 感想

〇あらすじ
1. リトル
内気な少年シャロンは地域の少年のいじめにあっていた。
いじめっ子から逃げているシャロンを助けたのは、この地域で縄張りを張る麻薬売人のフアン(マハーシャラ・アリ)だった。

ムーンライト

彼は少年に温情をかけ恋人テレサジェネール・モネイ)の家に連れていく。

やさしく接するフアンとテレサにシャロンの心はわずかに開いていく。

シャロンから家の住所を聞き出し家まで送るが、母ポーラは麻薬中毒の上、家で売春まがいのことをしていた。

学校にも家にも居場所を持たない少年の心は、フアンとテレサを求めた。

フアンは少年と長い時間をともにする。

ムーンライト

それは父と子のような関係でもあった。

ある夜、フアンが自分の客と麻薬に溺れるポーラを見かける。

あんた偉そうに説教するのかい。あんたから買った麻薬だ。あんたがやめろって言っても私はあんたから買ってやる。

翌朝、家で麻薬に溺れる母を憎む心情をフアンに告白するシャロン。

その麻薬を打っているのはフアンなの?

そう質問されたフアンは恥知らずな自分をあらわにされる思いになった。

ムーンライト

2. シャロン
思春期を迎えたシャロンは相変わらず地域の少年のいじめにあっていた。
母も相変わらずで、むしろ未だにシャロンが安らぎを求めるテレサに対して嫉妬していた。

ファンは死んでいた。

自分の感情の出し方を解らないシャロンは性に対する鬱屈うっくつした思いに悩んでいた。

ムーンライト

ある月夜、ビーチにて自分の今、この先を語り合う友ケヴィンとの時間。

ふとシャロンの心に押し寄せる性への衝動は垣根を越えてしまう。
唇は重なり指先は砂浜に深い爪跡を残した。

ムーンライト

翌日、シャロンの存在を疎ましく思ういじめっ子のテレルは、儀式としてケヴィンにシャロンを倒れるまで殴れと命令する。

大けがを負ったシャロンを大人たちは社会の常識から救おうとする。

そんな常識では自分を守れないと悟ったシャロンは教室にいるテレルの背後から頭にめがけて重く大きな椅子を振り下ろした。

ムーンライト

ブラック
大人になったシャロンは筋肉たくましく歯に金のグリルを装飾する麻薬売人のボスになっていた。
もう誰にも自分の心を犯させないとばかりにタフに生きるシャロン。

ムーンライト

そんなある日、一本の電話が鳴る。
マイアミのケヴィンからの電話だった。

儀式後、少年院に入っていたシャロン。

ケヴィンとの久しぶりの会話に言葉は思うように出なかった。

謝罪と軽い身の上話、そしてマイアミに来た際には料理人となった自分がごちそうすると約束をする。

マイアミの小さな料理店のカウンター席にすわるシャロン。

ムーンライト

コーヒーを運んでくる男性の目が驚きとともに「シャロンか?」という言葉を発する。
ケヴィンはうつむくシャロンに、「その癖は昔と同じだな」と悪態をつきながらお勧め料理を作り始める。

ムーンライト

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ムーンライト(字幕版)

新品価格
(2021/6/13 13:28時点)

あらすじ 感想

〇感想
ひとりの男性の少年期・思春期・成人期を綴った3部構成の映画です。

まぁ、そうですねぇ・・・普通に観ました。

多分、いまのアメリカの賞レースの傾向なのでしょうね。

時代時代の背景
が如実にあらわれる賞レースです。

今は、とかくLGBTと人種差別に関する作品が賞レースを獲得する傾向が多いようです。

はっきり言ってこの映画はアカデミー賞受賞作品としてハードルを高くすると肩透かしを食らう作品です。

「よーし!感動するぞー!」って意気込んで観てはいけない映画です。

僕の場合は「ゲイ」というキーワードがあるため、少し遠巻きに鑑賞したからそこそこ楽しめたといえるでしょう。
※「ゲイ」に少し偏見を持ってます。昔、追いかけられて怖い目にあったことがあるので・・・

ただ、この映画の良いところはカメラワークが素晴らしく美しいことです。
フィルムの規格を変えているのか特殊効果なのか専門的なことはわかりませんが、映像の残像的なものが凄く綺麗ですね。

あとレストランの場面でもわかるとおり、ドアベルの音と共に音楽を流す感性が凄く豊かです。
ムーンライト

そういう芸術的な感性が感じられる映画です。

ストーリーとしては「1.リトル」が一番興味深く、これはマハーシャラ・アリの存在感がものすごく大きかったと思う。

ムーンライト

悪の間では恐らく恐れられていた人物なのでしょう。
しかし少年に接するフアンは誰よりもやさしく心強い男なのです。

この怖くやさしい男をマハーシャラ・アリが魅力たっぷりに演じていました

なんならこの少年期だけの映画でよかったのではないかと思うほどです。

もっとマハーシャラ・アリを観ていたいと思う映画でした。

それだけ魅力的にフアンを表現したからこそ、後にシャロンが選んだ道にも納得いくところもありました。

母と自分を苦しめた麻薬だけど、自分を守る強さにフアンの強さを求めていたのかもしれませんね。

それはシャロンの車にフアンと同じような王冠があることからも窺い知ることができます。

ムーンライト

ゲイを心に抱えるシャロンの話でしたが、そんなに過激な表現はないので安心してみることはできます。
いろんな愛の形がある。」とありきたりの表現の中にある1本として観る分には良いのではないでしょうか。

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

ムーンライト スタンダード・エディション [Blu-ray]

新品価格
¥4,127から
(2021/6/13 13:29時点)

【映画パンフレット】 ムーンライト 
¥1,200から
(2021/6/13 13:30時点)

ムーンライト映画 2016 オスカー最高映画-60 × 80 センチメートルなしフレーム

新品価格
¥3,037から
(2021/6/13 13:30時点)

Review of movie

Hello.

This is shinji.

This time I wrote a review of “Moonlight”.

This movie won the 89th Academy Award for “Best Picture,” “Best Supporting Actor,” and “Writing Adapted Screenplay.”

Personally, it’s a movie that leaves me wondering if it was a movie worth it.

I was able to feel the remarkable visual beauty and sensibility in the movie.

However, I didn’t think it was a movie that impressed me enough to win an Academy Award.

However, I thought that only the wonderful performance of “Mahershala Ali” was an impressive movie.

ムーンライト

The movie consisted of three chapters.

Mahershala Ali appeared in only one chapter.

I wanted to see only this “Chapter 1” as one movie.

Chapters 2 and 3 where he didn’t appear were clearly unattractive.

Academy Awards often reflect the background of the times.

However, I think we should avoid selections that please some activists.

I understand that LGBT and racism are important issues that society must address.

But I think it’s clear that it casts too much shadow on the legitimate evaluation of the film.

「それでも夜は明ける」の感想・レビュー(ネタばれあり)

それでも夜は明けるそれでも夜は明ける
★★★★★
原作 ソロモン・ノーサップ「12 Years a Slave」
監督 スティーヴ・マックイーン
脚本 ジョン・リドリー
製作会社 プランBエンターテインメント 他
配給 ギャガ
上映時間 134分

こんにちは、しんじです。
今回は「それでも夜は明ける」の感想を書きます。
この映画は1841年にニューヨークに住む音楽家ソロモン・ノーサップ氏の実の起きた出来事を映画化した作品です。
この映画の内容はアメリカの黒人奴隷制度に向き合ったものとなっています。
しかし、今もアメリカ内にはこの病魔が巣くっているようで、製作にあたってはいろいろと問題があったようです。
これについては後に触れてみようと思います。

PukuPukuMarine※映画の内容から一部、不適切と思われるような表記があるかもですがお許しください。

あらすじ 感想

〇あらすじ
1841年、ニューヨークに住む音楽家ソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー)自由権利もつアフリカ系アメリカ人だ。
家があり妻と子供2人と幸せに暮らしていた。

それでも夜は明ける

そんなソロモンに仕事の依頼があった。
街を渡り歩くサーカスの興行においてバイオリンの演奏を頼まれたのだ。
熱く興行内容を語る2人。
その夜、打ち合わせのレストランへ行き陽気に酒を酌み交わしていた。

朝、目が覚めると手首、足首を重たい鎖が自由を奪っていた。

それでも夜は明ける

彼は騙されて南部の奴隷商人に売られてしまったのだ。

これは何かの間違いだ。街に行けば私の自由証明書がある。それを見ればわかってもらえる。」

簡単な話だ。今、見せろ。お前は奴隷のニガーなんだ。

固く太い棒がへし折れるほど背中を殴られ、服が裂け、皮がひきちぎれ血しぶきが上がるほどでたたかれる。

それでも夜は明ける

ソロモンが最初に売られたのは材木商のウィリアム・フォード(ベネディクト・カンバーバッチ)の屋敷だった。
ウィリアムは南部の主としては穏やかな性格をもつ人物だった。
材木運びの仕事において学のあるソロモンは効率的な方法をウィリアムに進言する。
提案した川を利用した運搬方法にウィリアムは深く感心をする。

その礼としてヴァイオリンを与えるほどだった。

それでも夜は明ける

だが優秀すぎるソロモンは屋敷で働く白人監督たちの面目をつぶしてしまう。

理不尽な嫌がらせ、さらには首くくりのリンチを受ける。

それでも夜は明ける

ソロモンの命が続く限りこのリンチは終わらない。
そう察したウィリアムは命を救う方法として止む無くエドウィン・エップスへソロモンを売り飛ばした。

エドウィン・エップス(マイケル・ファスベンダー)はウィリアムとは正反対で、強欲でとても冷酷な男だった。

それでも夜は明ける

綿花栽培を生業とするエップスは奴隷に鞭をうつことで働かせていた。
そこでは過労で命を落とす奴隷もいるほどだ。

エドウィンは女奴隷からお気に入りをつくる性癖も持ち合わせ、嫉妬に狂う妻メアリー・エップスも奴隷たちを苦しめていた。

そんな欲望と嫉妬にまみれるエップス家は独占欲だけは強かった。

決して所有物を離さない。

そんな苦しい日々、ソロモンの諦めない心の炎は消えかける。

それでも夜は明ける

そして何年の月日が過ぎたであろうか。

エップス家の小屋改修にひとりの男が訪れた。
その男の名はカナダ出身のサミュエル・バス(ブラッド・ピット)
改修工事のひと時、サミュエルはエドウィンに奴隷の労働環境について提言をしていた。

奴隷も人間だ。」

サミュエルは理不尽な奴隷制度に反対する考えを持っていた。

いままで、何度として裏切られたことだろう・・・

だが、サミュエルの目をみたソロモンは、この男に希望を託した。

それでも夜は明ける

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)それでも夜は明ける(字幕版)

新品価格
(2021/5/3 15:11時点)

あらすじ 感想

〇感想
ハリエット」に見ることができなかった部分を見事に描いている映画でした。

素晴らしい👏

決して黒人が虐待を受けている場面が見たいわけではない。
だけど、この見たくはない部分を見せなければ、奴隷制度に苦しめられていた黒人の苦しみや悲しみを伝えることは難しいのです。

人間が残酷なことする事実から目を背けてはいけないと思う。

人は利権を貪るし、正しいと思っている事でも黙って見過ごすこともある。

サミュエル・バスが言います。

正直、僕は怖い。自分が可愛いんだ

それでも夜は明ける

僕はこの言葉は真意をついていると思う。

ある意味、この映画の最大のテーマであると言ってもいいと思う。

間違いを「間違い」と訴える事はとても怖いことだ。
勇気のいることだ。

南部に住む人間でも奴隷制度が本当は人として間違っていると思っていた人がいたのかもしれない。
その一人がウィリアムという心が優しい人物。

それでも夜は明ける

彼は正義感やさしさを持っているが、南部の仕来りや大きな流れには反抗することなどできはしない。

もう一人がエドウィン・エップスだ。

それでも夜は明ける

彼は所有物とし奴隷を扱い、鞭をうつ残酷な人物だ。
だが、彼の心があれほど荒れているのはなぜだろう。
何をしても心が満たされない彼は奴隷の女を抱いてみる。
それでも満たされることのない心

ウィリアムが良い人物と描かれているけど、実はどちらの人物も「自分可愛さのレベル」では同じなのだと思う。
どちらかというと満たされないエドウィン・エップスの心こそ注目すべき点なのかもしれません☝
それにマイケル・ファスベンダーが最も素晴らしい演技をしています。

この映画、134分という時間を使い、人が息をのむような場間つくりあげた映画だと思いました。

例えば、惜しみなく尺を使いソロモンの首くくりの場面をもっとも恐ろしい場面に作りました。

リンチによりつま先のみで命をつなぐソロモン。
うめき声をあげるソロモン。

時期に小屋から奴隷がわさわさと出てきます。
しかし、わき目で見るも、いつもと変わらない仕事をいつもと同じ様に始めます。

それでも夜は明ける

この場面が異様に恐ろしいです🥶

ここにスティーヴ・マックイーン監督の才能が垣間見えますね。

この作品は「ハリエット」のように煙に巻いたような映画ではなく、しっかりと奴隷制度の残虐さ、苦しみ、悲しみを描いているのが素晴らしい。

そんな映画ですが、サミュエル・L・ジャクソンからはあまり良い評価を得ていないようです。
それはこの映画の監督や主要キャストにあるようです。

スティーヴ・マックイーン監督(イギリス)
キウェテル・イジョフォー(イギリス)
ベネディクト・カンバーバッチ(イギリス)
マイケル・ファスベンダー(ドイツ)

サミュエル兄が言うには「アメリカは奴隷制度や差別問題に向き合っていねぇ!」ってことだそうです。
過去の問題も重要だけど今の差別問題に目を向ける事がより大切なことで、勇気がいることだ。」とも言っているようです。

それにこの映画は製作段階でパラマウントが関わっていたけど、黒人差別をテーマにした映画では利益がでないと消極的だったらしい。
ブラッド・ピットの製作会社プランB・エンターテインメントが頑張って作り上げ、いざアカデミー賞を受賞すると、またパラマウントが出しゃばったらしい。
ブラッド・ピットはかなり不快感を覚えたとか?

まぁ、裏方はいろいろあったらしいけど、映画として素晴らしい映画です。
凄くお勧めいたします。

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

それでも夜は明ける コレクターズ・エディション(初回限定生産)アウターケース付き [Blu-ray]

新品価格
¥3,571から
(2021/5/3 15:13時点)

【映画パンフレット】 それでも夜は明ける 12 Years a Slave 第86回アカデミー賞作品賞受賞

中古価格
¥1から
(2021/5/3 15:13時点)

Suuyar それでも夜は明けるサイン入り写真ウォールアート-20X28インチX1フレームレス

新品価格
¥3,518から
(2021/5/3 15:15時点)

 

「スラムドッグ$ミリオネア」の感想・レビュー(ネタばれあり)

スラムドッグ$ミリオネアスラムドッグ$ミリオネア
★★★☆彡
監督 ダニー・ボイル
脚本 サイモン・ビューフォイ
配給 ギャガ
上映時間 120分

こんにちは、しんじです。
今回は2008年に注目された映画「スラムドッグ$ミリオネア」の感想を書きます。
この映画はインドのスラム街を舞台とした映画です。
映画の作りからしてインド映画のように思ってしまいますが、実はイギリス映画です。
主人公もインド系イギリス人デーヴ・パテールをキャスティングしています。
スラムドッグ$ミリオネア

なかなか異彩を放つ映画となっています。

PukuPukuMarine〇あらすじと感想
この映画はイギリスから全世界で波及したクイズ番組「Who Wants to Be a Millionaire」を題材として使っています。
日本ではみのもんたさんが司会した「クイズ・ミリオネア」が人気番組でしたよね。
ファイナルアンサー?」ってやつです。
これのインド版の番組に出演したひとりの青年が難問を答えながら賞金を獲得していきます。

スラムドッグ$ミリオネア

と同時に青年のバックストーリーが展開されていく作りになっています。

スラムで生まれ育ち、幼い兄弟2人で生きていく姿、ひとりの女の子との出会い、兄弟の決別、兄弟の再会、生き別れた女の子との再会などが描かれていきます。

スラムドッグ$ミリオネア

おそらくこの映画で一番興味深いのが、インドのスラム街だろうとおもいます。
インドという国を詳しく知る人ってそう多くはいないと思います。
とくにスラム街がどのような場所であり、そこの子供たち暮らしなどは知る由もありません。
この映画では一部ではありますが、そんな様子が描かれています。
ただ、この映画で描かれている人々の生活は本当にリアルなものなのかというと、そこはちょっとわからないところですよね。
この映画だけを見て「ああ、インドってこういう国なのだ。」と判断することはやめたほうがいいのかも。

そんな異文化の異国の国の様子は多くの人にはとても興味深く新鮮に映ることでしょう。
だけど・・・僕はちょっと受け入れることがなかなかできなかったです。
興味深いというよりも、「日本に生まれてよかった。」「この国に行きたくないなぁ。」っていうのが正直な感想だった。

スラムドッグ$ミリオネア

主人公は弟のジャマールで性格は穏やかで純粋な心を持っています。
一方兄のサリームは気性が荒い上に金銭欲が強く、金のためなら人をだますことを何とも思わない性格をしています。

スラムドッグ$ミリオネア

もしもインドのスラム出身の子供がひとりで生きていくとしたらどちらが生き残るのか?
それはもう明確ですね。
間違いなく兄のサリームです。
何が何でも生き残るサリームがいたからこそジャマールは純粋な心を持ち続けることができたのでしょう。

兄弟は雨の日に出会った女の子ラティカーと行動をともにします。
しかし悪い大人に騙されて利用されるはめに・・・
兄は弟を連れて脱走します。
そこでラティカーを捨て駒とするのです。
生き残るために。

スラムドッグ$ミリオネア

その後、人をだましながら生きていく。
やらなかったことは人殺しくらいなのでしょう。

幼い2人が13歳くらいになったころ、兄弟は生まれ故郷に戻りラティカーを探します。
ラティカーを見つけると兄は初めて拳銃で人を殺す

スラムドッグ$ミリオネア

そのおかげでラティカーは自由の身になるが、銃の力を知った兄は弟を排除してラティカーを手土産にギャングの道へ進んでいきます。

お互いに違う道を歩む兄弟。

青年になって兄弟が再会すると兄はギャングで一目置かれる存在となっている。

《ろくでもない兄だなぁ。また弟を裏切るんじゃないの?》

そんな思いが浮かぶくらいにゲスな存在として描かれています。
またキャスティングもそんな俳優さんでSo Good!!

スラムドッグ$ミリオネア

ラティカーは今やボスの女になっている。
そんなラティカーを一途に思い続けている弟ジャマール

最終的に兄サリームは自分の命を投げ出してジャマールとラティカーを引き合わせるんです。
この時、はじめて兄サリームがいつも泥をかぶっていたことに気が付く人も多いかもしれませんね。

もしかしたら弟を排除してラティカーを手土産にギャングのもとにいったのも生き残る選択だったのかも。
13歳くらいの純粋なジャマールと美人のラティカーを連れて、生きていけるだろうか?
弟は男だし一人でも生きていける。
ならばギャングの加護のもとラティカーと自分が生きることを考えたのかもしれないです。

そして青年になったジャマールならば一人の女性を守って生きていけると思って、兄サリームは命を投げ出してラティカーを託したのかもしれませんね。

スラムドッグ$ミリオネア

そう考えると真の主人公は兄のサリームなのかも。
いつも弟のために泥をかぶっていたのかもしれない。
意識的にやっていたかは不明だけど。

ん!?これってまるでラオウの生きざまのようですね。
スラムドッグ$ミリオネア

ミリオネアは、そんな兄弟の生きざまを描く上での媒体のようなもので、特に大きな意味はありませんでしたね。

ラストのラティカーとの再会はなかなか素敵な場面でした。

スラムドッグ$ミリオネア

なかなか良い映画でした。

でも先にも書いた通り、僕にはインドの不衛生さとかが受け入れがたくて少し映画に入り込めなかったですね。

幼少期のうんこまみれの場面など面白さよりもドン引きでしたから😣
それとインド映画をまねたエンドクレジット前のダンスはいらなかったかな。
スラムドッグ$ミリオネア

僕は映画の中の世界をエンドにぶち壊されるのが好きではないのです。
代表的なのがNG集みたいのね。
よくジャッキー・チェンがやっていましたよね。
アレをやられるとストーリーが完結したあとの余韻がすべて壊されてしまう感覚になります。
これは創作ですよー!」って耳元で言われる感じですね。

この映画はインドを舞台にしているだけあって、他の映画とは全然ちがう味わいがあります。
興味がある人観ても損はありません。
僕よりは感動するかもしれませんよ。
おすすめ映画です。

いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)スラムドッグ$ミリオネア (字幕版)

新品価格
(2021/5/1 14:05時点)

スラムドッグ$ミリオネア [Blu-ray]

新品価格
¥1,400から
(2021/5/1 14:06時点)

【映画パンフレット】 『スラムドッグ$ミリオネア』

中古価格
¥1から
(2021/5/1 14:07時点)

スラムドッグ$ミリオネア映画公式カバーポスター-50x75cmフレームなし

新品価格
¥3,179から
(2021/5/1 14:08時点)

 

 

「スポットライト 世紀のスクープ」の感想・レビュー(ネタばれあり)

スポットライト 世紀のスクープスポットライト 世紀のスクープ
★★☆彡☆☆
監督 トム・マッカーシー
脚本 ジョシュ・シンガー 他
配給 ロングライド
DVD VAP
上映時間 129分

こんにちは。
しんじです。

今回はアメリカのカトリック教会の小児性愛、性的虐待の真相を大スクープしたグローブ社のスポットライトチームのストーリーです。

もちろんBased on True Storyですよ。

この映画は第88回アカデミー賞で作品賞、脚本賞を受賞している映画です。PukuPukuMarine

あらすじ 感想

🤵感想

この映画、今回感想を書く為Amazonプライムビデオにて鑑賞したのですが、実はこれで3度目の鑑賞です。

1度目は閉じてくる瞼を無理やりこじ開けて鑑賞。

2度目は内容がよくわかっていなかったと思い鑑賞。

そして今回は感想を書く為に鑑賞です。

Amazonプライムの評価は凄く高評価です。

でも率直に言うと「そんなに高評価するほどおもしろかったかな・・・」です。

この映画欧米人が評価する理由はわかります。

アカデミー賞も取っていますし。

ただ、日本人でありクリスチャンでもない僕には、内容がどこか他人事なんですよね。

この映画の印象は「記者たち 衝撃と畏怖の真実」と近く少々再現ドキュメンタリーみたいに感じました。

スポットライト 世紀のスクープ

記者たち 衝撃と畏怖の真実

「Based on True Story」を忠実に守っているような映画だからです。

内容が内容なので創作もあまり入っていないのでしょうね。

そのためドラマとしての盛り上がりが今ひとつなのです。

そして先にも書いたように内容自体がカトリック教会神父の性的虐待です。

「他人事」とはけしからん!とお叱り受けそうなのですが、性的虐待は深刻な問題なのは重々わかっています。

私が他人事に思えてしまうのはそれがカトリック教会にまつわる話だからです。

欧米人、とくにカトリック信者なら日曜礼拝にいき、映画でも語られるように貧困層の子供たちと教会の関りは大きいでしょう。

それは日常的なものだと思います。

それだけに僕には遠い国の出来事のように感じてしまいます。

たとえ映画の内容で驚きの小児性愛の性癖をもつ神父が多かろうが、僕自身にはピンとくるものがないのです。

そのため、どこか自分には関係ない事件をおう記者の映画を観ているようで・・・

Amazonプライムの高評価には「マジか?」と思ってしまいました。

あと、この映画はやたらと人物名が多く出てくるために、なかなか内容を把握することができません。

仕事疲れの夜に鑑賞することはご法度です!

僕みたいに、この映画が遠い国のお話に思えてしまった人は、学校の先生に置き換えるといいでしょうね。

実際、日本でも小児性愛の性癖をもった教師が事件を起こしています。

そして、いつの間にか地方の学校で教職を続けているって話も聞いたことあるような、ないような・・・

今回、この記事を書いたのは、Amazonプライムの評価に「ん?」と思った事が一番の理由。

それと内容がわからなかった人に下記「あらすじ」で補完してもらおうと思ったのです。

出来る限りわかりやすく書いていますので、補完に役立ててくださいね。

※ここから下はネタバレしてますのでご注意ください。

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)スポットライト 世紀のスクープ (字幕版)

新品価格
(2021/2/14 17:19時点)

あらすじ 感想

⛪あらすじ
前提として・・・
想像の範疇ですが、僕が思うところ、アメリカの新聞記事は裏付け取材や証拠をできる限りとるようにしていると思います。
たぶん、それは日本よりも訴訟問題に発展することが多いからだと思います。
そして今回の内容はカトリック教会を相手にしているために、グローブ社は裏付け証拠を固めることを重要としています。

さらに法律的に・・・(注:僕の解釈です)
過去の裁判に使われた証拠文書は封印される。
これは個人情報なども含まれているため、過去に判決済みの証拠文書は封印されるのでしょう。
そして現在、訴訟中の裁判に関しては判決の公平性を保つために一般に開示される。

そういう認識で映画を観ると、「なぜグローブ社が開示申請をしなければならないのか?」「なぜガラベディアン弁護士の訴訟をとおして過去の性的虐待事件の証拠をマイクが観ることが出来たのか」がわかります。

スポットライトチーム
スポットライト 世紀のスクープ

ロビー編集長(マイケル・キートン)

スポットライト 世紀のスクープ

マイク(マーク・ラファロ)

スポットライト 世紀のスクープ

サーシャ(レイチェル・マクアダム)

スポットライト 世紀のスクープ

マット(ブライアン・ダーシー・ジェームズ)

グローブ社

スポットライト 世紀のスクープ

バロン編集局長(リーヴ・シュレイバー)

スポットライト 世紀のスクープ

ブラッドリー部長(ジョン・スラッテリー) ロビーの直属上司

アイリーン・マクナラマ・・・ゲーガン神父事件のコラムを書いた

ボストン教会区

スポットライト 世紀のスクープ

バーナード・ロウ枢機卿・・・多くの事件をもみ消す

弁護士

スポットライト 世紀のスクープ

教会側の弁護士 ジム・サリヴァン  ロビーの友人でもある

スポットライト 世紀のスクープ

被害者側の弁護士 ミッチェル・ガラベディアン マークが担当

スポットライト 世紀のスクープ

被害者側の弁護士 エリック・マクリーシュ   ロビーとサーシャが担当

被害者の会 スナップ

スポットライト 世紀のスクープ

フィル・・・グローブ社へ来社

スポットライト 世紀のスクープ

リチャード・サイプ・・・ボルティモア・シートン精神医学研究所で研究・元神父

その他

スポットライト 世紀のスクープ

ピート・コンリー・・・ボストンの街の有力者・慈善活動家

スウィーニー判事・・・グローブ社が封印証拠の開示を申請する。

バロン局長就任

グローブ社の新聞の躍進させようと重大記事への取り組みをする。

以前の中途半端に取り上げた「ゲーガン神父事件」の続報を深く取り上げる。

(「ゲーガン神父事件」についてはアイリーン・マクナラマがコラムを書いたのみだった。)

スポットライトチームが任命される。

同時にグローブ社は過去の性的虐待事件の裁判に提出された証拠文書の開示請求スウィーニー判事に出す。

スポットライトチームの取材

マイク担当

ガラベディアン弁護士への取材

今もなお続く神父の性的虐待で教会側を訴えている。

スポットライト 世紀のスクープ

ロビーとサーシャ担当

マクリーシュ弁護士への取材

「ポーター神父事件」の被害者側弁護士

被害者と教会側の示談にて解決している。

スポットライト 世紀のスクープ

・マット担当

グローブ社内にある神父の性的虐待事件の資料を集める

スポットライト 世紀のスクープ

バロン局長、2つの面談

グローブ社取締役・・・神父性的虐待事件を追うことを上層部へ話を通しておく。

スポットライト 世紀のスクープ

カトリック教会

バーナード・ロウ枢機卿・・・新任の局長は会うことが慣例となっている。

スポットライト 世紀のスクープ

スポットライト 世紀のスクープ

お互い手を取り合っていきましょう。

スポットライト 世紀のスクープ

独立していた方が良いこともあります。

教会側の弁護士 ジム・サリガン

バレット神父事件の教会側弁護士、そしてロビーの友人

ロビーが教会の性的虐待事件を取材することに難色をしめす。

スポットライト 世紀のスクープ

被害者の会スナップへの取材

スナップのフィルがグローブ社へ来社

スポットライト 世紀のスクープ

神父に性的虐待を受けた子供は信仰がなくなり、大人になって酒・薬・自殺する深刻な問題になる。

これはボストンだけの話ではない全世界で起きている。

バチカンが隠している。

性的虐待をする神父がボストンだけでも13人いる

これまでわかっている事件

・ゲーガン神父事件 1960年~1970年代
・ポーター神父事件 10数人の被害者 示談 マクリーシュ弁護士(被害者側)
・バレット神父事件 協会が揉み消し ジム・サリガン弁護士(教会側)
・シャーリー神父事件 マクリーシュ弁護士(被害者側)

多くの事件にマクリーシュ弁護士ジム・サリガン弁護士が関わっていることが判明する。

つまり弁護士同士が結託し示談という解決方法で事件をもみ消している。

さらに示談という形になるため裁判所に記録として残らない。

スナップのメンバー:リチャード・サイプへの取材

サイプは元神父で現在はボルティモア・シートン精神医学研究所で研究をしている。

サイプは全世界の神父の6%が小児性愛者だという。

ボストンの神父1500人×6%=90人

統計的に90人の神父が小児性愛者だという。

小児性愛者の神父は2~3年で移動を繰り返す。

スポットライト 世紀のスクープ

スポットライトは教会の年鑑から不明瞭な理由で移動をする神父を割り出す。

その数 87名

サイプの研究結果とほぼ同数の人数だった。

バロン局長からスポットライトへ指令

標的を神父個人から隠ぺいをする教会組織へ

スポットライト 世紀のスクープ

思いがけない証拠文書の開示

スポットライト 世紀のスクープ

ガラベディアン弁護士の現在の扱っている訴訟は・・・

「ゲーガン神父事件」に関わった神父の新証言が地方新聞記事に載る。

ガラベディアン弁護士は教会に供述を取るため訴訟を起こす。

教会側のロジャー弁護士が「不当な訴訟」としてガラベディアン弁護士を逆に訴える。

ガラベディアン弁護士は「教会に供述をとる必要性」を示すために裁判所へ資料を提出する。

その資料は裁判所が封印している、過去14件の虐待事件の証拠文書

この訴訟は現在進行形であるため、提出された「過去14件の虐待事件の証拠文書」も一般開示されている。

マイクは開示された過去14件の証拠文書をコピーする。

スポットライト 世紀のスクープ

ロビーの返事

過去事件14件分の証拠文書を手に入れたマイクは裏付け十分として記事にすべきと主張する。

これでバーナード・ロウ枢機卿を追いつめることが出来る!

スポットライト 世紀のスクープ

だがロビーは「まだだ!」と記事にすることを許可しない。

ロビーはこれだけの証拠ではロウ枢機卿だけが罪を被って終わってしまう。

再発を防ぐには教会組織を追いつめるだけの証拠が必要と判断する。

証拠文書の開示許可と記事掲載

それから2週間後

グローブ社が求めていた過去事件についての証拠文書開示の許可が下りる。

6週間後、70人の神父に性的虐待を受けた被害者全員の取材記事とともに教会が隠ぺいした証拠となる文書がグローブ社の新聞に掲載される。

スポットライト 世紀のスクープ

あらすじ 感想
僕の映画感想、他のタイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

スポットライト 世紀のスクープ[Blu-ray]

新品価格
¥4,309から
(2021/2/14 17:21時点)

【映画パンフレット】スポットライト 世紀のスクープ 監督:トム・マッカシー

中古価格
¥1から
(2021/2/14 17:22時点)

映画ポスター スポットライト 世紀のスクープ (マイケル・キートン グッズ) /両面 【数量限定・初版】

中古価格
¥19,000から
(2021/2/14 17:23時点)