「15時17分、パリ行き」の感想・レビュー(ネタばれ有り)

15時17分、パリ行き
15時17分、パリ行き
★★★☆☆
監督 クリントイーストウッド
脚本 ドロシー・プライスカル
配給 ワーナー・ブラザース
上映時間 94分

原作  ジェフリー・E・スターン、スペンサー・ストーン、アンソニー・サドラー、アレク・スカラトス
『The 15:17 to Paris: The True Story of a Terrorist, a Train, and Three American Soldiers』

―はじめに―
私としては、この映画は伝記映画だと言うことを踏まえたうえで、情報なしで観ることをお勧めします。 観る気がある人は、このブログを観終わった後に読んでください。

****

こんにちは、しんじです。
今回は名俳優で名監督でもあるクリント・イーストウッドが2018年に制作したアメリカの伝記映画です。
私はこの映画の前情報は一切知りませんでした。
ただアマプラにあったのでクリックしてみるとイーストウッド監督ということで、鑑賞することにしました。
この映画は少し特殊ですので、今回は感想だけを述べたいと思います。

PukuPukuMarine〇感想
先にも述べたように私はこの映画の前情報を一切持たず、イーストウッド監督という確固たる信用の下に映画を観始めるわけです。

そうそう、伝記映画だということも知りませんでした。

冒頭に列車内におけるテロ事件の場面から始まり、そこに関わるスペンサー、アンソニー、アレクの3人組が登場。
そしてその中のひとり黒人のアンソニーの語りで彼らの小学生時代が描かれていきます。

それぞれ問題を抱える3人が青年になりそれぞれの道を歩む。
大人になっても友人である3人はヨーロッパ旅行に行く。

そんな少年記旅行記が映画の8割描かれていきます。

そして運命の15時17分発のパリ行きに乗るわけです。

アメリカに生まれ、友との出会い、多くの選択肢の中でこの人生を歩み、最後に友とパリに行くかどうかを話し合い、パリに行くことを決める。

彼らはテロリストの犯行を未然に防ぎ、フランスから勲章をもらい、アメリカ発の英雄となった!

驚くことなかれ! この映画、実は今の一文だけの映画なのです。

しかし映画全編で描かれるのは、『この列車に乗り合わせることなど天文学的な確率の上で成り立つものだ』ということ。
アメリカに生まれ、友と過ごし、それぞれの道を歩み、ヨーロッパに旅行に行く、現地では計画の練り直しもしながら、パリ行きを決定する。

これは彼らの『運命』だったという人もいるだろう。

これは長い上映時間をかけてそういう事を描いている映画です。
この映画、はっきり言って、鑑賞者がどのよう状況で観ているかで評価が変わります。
私は暇を持て余しているときに何と無しに観ていたので、3人の旅行記を観ている気分で「ああ、これはそんな映画なのだな」と割り切って観ました。
しかし、映画館で料金払ってみた人は、料金分の価値があったかというと微妙です。
それとサスペンスを期待した人はその肩透かしに呆然とするでしょう。
これはそんな映画です。
正直、クリント・イーストウッド監督という保証がなければ、日本で上映されていたかも疑問です。

しかし、それでも評価すべきところは、この映画が退屈しなかったところです。

私だっていくら暇でも面白くない映画なら違う映画に切り替えます。
この映画の評価すべきところは、その何気ない3人の少年記から旅行記までをテンポよく面白く描いているところです。
それはたまたまなのか、イーストウッド監督のなせる業なのかはわからないけど、私は最後に「これだけを描きたかったのか!」とびっくりしたのと同時に感心させられました。
あまりストーリーがないような映画ですが、ストーリーがあってもクソつまらない映画って星の数ほどありますよね。
そうならないのが凄いです。

そしてもっと驚いてしまったのが、この主人公のスペンサー、アンソニー、アレクが実はこの実話の本人だったってこと。

15時17分、パリ行き

しっかり演技指導していたのでしょうね。
スペンサーにおいては一番露出が多かったためか、少々あか抜けない部分はあったけど、アンソニーやアレクは味のある顔をしているし、3人は俳優さんかと思っていました。
これが一番の驚きだったかもしれません。

しかし、この映画を作った意図を私は知りませんが、これは完全に個人的な考えですが、クリント・イーストウッドは『アメリカはこうでありたい』という確固たるものが心にあるような気がする。

それは『アメリカは世界の英雄でありたい』という思い。

イーストウッドはそういう思考にありながらも「グラン・トリノ」で描かれているようにそうでは無くなった悲哀やそれでも時代を受け入れていかなければならないという現実を見つめる事の大切さも描きますよね。

私としては、この映画は伝記映画だと言うことを踏まえたうえで、情報なしで観ることをお勧めします。

いつもありがとう(*´▽`*) 他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

15時17分、パリ行き(吹替版)

新品価格
¥400から
(2022/11/20 10:49時点)

15時17分、パリ行き [Blu-ray]

新品価格
¥973から
(2022/11/20 10:50時点)

【映画パンフレット】 15時17分、パリ行き

中古価格
¥188から
(2022/11/20 10:50時点)

「エール!」の感想・レビュー(ネタバレ有り)

エール!エール!
★★★☆彡
監督 エリック・ラルティゴー
脚本 ヴィクトリア・ベドス
制作国 フランス
上映時間 105分

こんにちは、しんじです。
先週は『CODA あいのうた』で心が洗われたわけですが、この映画はアメリカリメイク版でした。
ならば原作の『エール!』を見る必要がある!
というわけで、今回は『エール!』の感想を書いていきたいと思います。
なお、あらすじはほぼ同じなので、『Coda』と『エール!』の違いを交えながら書いていきたいと思います。
PukuPukuMarine〇感想

良くも悪くもフランス映画の色が出ている映画だと思いました。
僕はそんなに多くのフランス映画を観ているわけではありませんが、どことなく『最強のふたり』と似たような空気感があります。

題材が聴覚障害の人を取り扱っているけれども映画自体は明るく少し楽観的な感じがする作風なのは、おそらくフランスのお国柄が影響しているのではないかと推測します。

Coda』では家族の仕事漁師で、それは濁った海の上で船という囲まれた空間、そして家族を取り巻く環境は若干の差別があり、家族はあまり社交的ではない。

エール!

それに対し『エール!』牧草地という広い空間での酪農で作ったチーズや野菜を市場で売るのが仕事で、取り巻く環境は障害者への理解ある人々を多く登場させ、お父さんは今の現状を変えるため選挙に立候補するという前向きな家族となっている。

エール!

当然、そんな家族だから映画自体は明るく進んでいく。
だが、このベクトルが変るのが娘のポーラがパリへ歌の夢を持ち始めてからだ。

突如として家族は悲観的になっていく。
特に母親の取り乱しようは『Coda』以上かもしれない。

エール!

自分たちだけが田舎町に取り残され、自分たちにはできない歌を歌うという娘に若干嫉妬をするというね。

この陽と陰の対比により家族の心情を描いていくのが『エール!』の特徴だろう。

娘ポーラの心情も家族がうまくいっている時はさほど腹に抱える鬱憤などは表現されていない。これが顕著に表れるのは、やはり歌というものに夢や希望を持ち始めてからだ。

Coda』と比べると『エール!』の方が現実的に思える世界だと思った。

しかし、やはり映画に期待するのはもっとエモーショナルなもの。
そこを上手く表現したのは『Coda』だと思う。

あと『エール!』には家族の中にポーラを味方をするの存在がないのは寂しいところだ。
家族がある程度うまくいっている為に存在させる意味もなかったのだろう。

この『エール!』の中で唯一その存在感で優っていたのは音楽の先生だ。

エール!

プライドと優しさとちょっぴりの厳しさを持つ先生は『Coda』のようにわざとらしい存在ではなかったのがよかった。
Coda』の先生は、はっきりいって先生ぽくなかったですからね。

コーラス部の発表会の演出などは『エール!』で用いた者なんですね。

『エール!』という優れた素材をさらに上手に仕上げたのが『Coda』という感じがしました。

でもきっとフランス映画が好きな人は『エール!』の方が好きだと思います

僕はエモーショナルな映画が好きなので『Coda』の方が好きでした。

Coda』を観て感動した人は是非、その原作の良さも知ってほしいという思いです。
お勧めですよ

いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ

「Mr.ノーバディ」の感想・レビュー(ネタバレ有り)

Mr.ノーバディMr.ノーバディ
★★★☆彡
監督 イリヤ・ナイシュラー
脚本 デレク・コルスタッド
配給 東宝東和
上映時間 91分

こんにちは、しんじです。
こんなに映画感想に日を開けたことなかったですね。
半年ぶりくらいでしょうか?
実はその間、小説を書いたりして過ごしていました。
その小説がひと段落したので、新作を書くまでに映画のレビューをしてみようと思います。

今回レビューする映画は「Mr.ノーバディ」です。
実はずいぶん前に鑑賞した映画で、感想を書こうと思いながらもなかなかてをつけることが出来ず、やっと今回UPできます。
2021年のアクション映画、PVを観てダメ親父がどのような形で事件に巻き込まれていくのかが興味深くてAmazonビデオで観ました。
主演はボブ・オデンカークという俳優さんで、たぶん日本で知っている人は少ないのではないでしょうか?(私も知りませんでした。)
長年、コメディーに関わってきた人で放送作家など制作側でも活躍した人らしいです。
でも、その無名っぷりが逆に今回の映画にインパクト付ける効果となっています。

PukuPukuMarine

あらすじ 感想

〇あらすじ
工場勤務の中流の下というくらいの家庭。
親父は冴えず、息子からは軽視される存在。
夫婦間のラブロマンスなどあるわけもない。
そんな家に強盗が侵入。

Mr.ノーバディ

だが父親のハッチは息子の前で、すごすごと尻尾を巻いて強盗を見逃してしまう。
そんな父親に落胆する息子

翌朝、息子は情けない父親を軽蔑していた。

Mr.ノーバディ

だが娘が自分の大切なブレスレットがないと悲しむ。

強盗が盗んだのだ。

ダメ親父のハッチは意を決して強盗の居場所を突き止めて取り返そうとするが・・・

Mr.ノーバディ

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)Mr.ノーバディ (字幕版)

新品価格
¥399から
(2022/7/3 11:57時点)

あらすじ 感想

〇感想
先にも言った通り、主人公の俳優を全く知らない事がこの映画を余計に面白くさせている。
ダメダメ親父がせめて娘のブレスレットを取り戻そうと奮起して行動を起こす。

が、なんかFBIの身分証やら拳銃をクローゼットから取り出したあたりから一気にダメ親父ハッチの正体が怪しくなってくる。

Mr.ノーバディ

このあとロシアンマフィアと関わってしまいトラブルへと発展していくのだが、きっかけが実に面白い。

『正義』?いや、そんな大層な大義じゃない。

きっかけは、単にハッチのストレス発散なんだ。

ロシアンマフィアのチンピラなんてわざわざ相手にすることもなかったのに、強盗からブレスレットを取り戻せなかった腹いせにロシアンマフィアを徹底的にぶちのめし全員重体にしてしまう。
その戦いっぷりが、ステイサムやセガールのようにスマートじゃないところがよかった。
単に軍人上がりの強い兵士が自分もズタボロになりながらも徹底的に相手をやっつけるところがリアル面白い

Mr.ノーバディ

その後はお約束どおりロシアンマフィアの報復に家族を巻き込んでいってしまう。
そうなると、もう殺るか殺られるかの闘いになっていく。

しかし、ハッチの動きが戦闘を重ねるごとに良くなっていく。

そしてハッチの本当の正体が判明するわけだけど、ここで気に入った場面がある。

それはハッチがその裏家業を抜けた理由だ。

それはイタリアの軍基地から300万ドルを盗み出した男を始末する仕事だった。
だけど、ちょっとした気の迷いにその男に温情をかけて逃がした。
1年後、逃がした男はどうせまた同じようにクソ野郎に成り下がっているだろうと思って見に行くと、きっぱりと足を洗い、温かな家庭の中、幸せそうな顔をして暮らしている。

Mr.ノーバディ

その光景にハッチが嫉妬するところが主人公の歪みっぷりを表現していて実に面白かった。

『それなら自分も』ということで引退して家族を作ってみたものの、日々、体の中にストレスが溜まっていく。

そのはけ口がロシアンマフィアとの抗争になっている。

結局、ハッチ、ハッチの実父、ハッチの異母兄弟3人でロシアンマフィアをつぶすのだが、結局3人のストレス発散なのだ。

一番の被害者はロシアンマフィアのボスなのだ。

Mr.ノーバディ

そんな歪んだストーリーがこの映画の面白みになっていると思う。

だけど、これは賛否別れると思うが、僕はやっぱり最初のバスの中の戦闘レベルが一番良かった。
あれくらいが一番生々しくて実は恐ろしいと思う。
実際の強い男のリアルな強さなのではないだろうか?

徐々に昔の水に慣れていくハッチも面白いのだが、最終バトルではどこにでもあるアクション映画になってしまった感が僕の中にあった。

そのレベルになるとステイサムやセガールの世界になってしまう。

そういう意味で3.5と厳しめの評価をつけさせてもらいました。

でも、主人公の『歪んだ感』がとっても面白いアクション映画です。
おススメの映画です!

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ

「ジョン・ウィック:パラベラム」の感想・レビュー(ネタバレ有り)

ジョン・ウィック3ジョン・ウィック:パラベラム
★★★☆彡
監督 チャド・スタエルスキ
脚本 デレク・コルスタット他
配給 ポニーキャニオン
上映時間 131分

こんにちは、こんぎつねです。
今回はジョン・ウィックシリーズのチャプター3「ジョン・ウィック:パラベラム」の感想を書きます。
チャプター2では主席連合幹部サンティーノの策略にはまり世界中の殺し屋に命を狙われる内容でしたよね。
激しい闘いだけど退屈、内容が逃げの一手だからつまらない。」と感想を上げました。
そして、この先の展開に「殺しの動機」がどういうものかで面白さが変わると期待を込めたコメントを書きました。
さて、そこのところに注目です。
PukuPukuMarine

あらすじ 感想

〇あらすじ

コンチネンタルのルールを破りコンチネンタルからも除名処分=殺害処分されることとなったジョン・ウィック。
ニューヨークコンチネンタル支配人ウインストンはジョン・ウィックに少なからずの友情に1時間の猶予逃げる時間を与えた。

だが、このウインストンの行為にコンチネンタルの上層組織である主席連合は異を唱えた。
ウインストンのもとに主席連合の裁定人が派遣され「ウインストンの退任」を要求する。

ジョン・ウィック3

さらにはジョン・ウィックに手を貸した者への制裁が行われた。
もちろんキング(ローレンス・フィッシュバーン)も7発の銃弾を与えたことにちなみ日本刀により7回切られてしまう。

ジョン・ウィック3

一方ジョンは自分と「誓印の契約」を結ばせたコンチネンタルモロッコ支配人であるソフィア(ハル・ベリー)に会いに行く。

ジョン・ウィック3

それは主席連合の首領に会うためのジョンの賭けだった。

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ジョン・ウィック:パラベラム(吹替版)

新品価格
(2022/1/18 20:31時点)

あらすじ 感想

〇感想
開始直後から逃げ惑うジョン・ウィック。

時間軸はチャプター2から数分後からストーリーが始まる。

その時点で「なんだ・・・また逃げながら殺していくだけの映画かな。」と期待が一気に下がりました。

しかしジョンが首領と出会った後の展開にかなりワクワクしました。

なんといってもニューヨーク支配人ウインストンが主席連合とやり合う気マンマンなんですもん。

ジョンは「おれはジョン・ウィックだ!バカヤロー」とコンスタンティンばりにウインストンと手を組み主席連合を殺りはじめた

さらに受付シャロン(ランス・レディック)まで銃を持つ熱い展開だ。

ジョン・ウィック3

この辺は気持ち的に凄く高揚した。

ただこの監督はやっぱり戦いを長引かせて退屈にしてしまう傾向があるようだ。
まだキアヌ・リーブスの動きがジェイソン・ステイサムのようにキレキレならいいのだが、モッサーとしているのですよ、動きが。

サッと立ち上がれ!」「蹴りが低い!」などと何度思ったことか。

ジョン・ウィック3

途中でキアヌ・リーブスが裸になる場面があってお腹のところだけ映さないようにカメラアングルを工夫していたけど、たぶんぽっちゃりしているでしょ、アレは。

もうちょっとエクササイズしてから映画に出てほしいなぁ。

で、映画のラスト、ここでやっとジョン・ウィックが本気に殺りにいく理由ができる。
それは自分をとことんハメた者たちへのとてつもない怒り!
これだよね。
「愛の証」だのなによりも最終的には「怒り」・「復讐
これですわ。

次回の映画キレキレのキアヌ君に期待してアマプラ配信を待つことにします。

個人的にはチャプター2よりは面白かったです。

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

映画 ジョン・ウィック:パラベラム ポスター アートパネル キャンバス 【30x40cm枠付き】

新品価格
¥2,099から
(2022/1/18 20:38時点)

ジョンウィックチャプター3パラベラムクラシック映画ポスター 12x18inch(30x45cm)

新品価格
¥2,200から
(2022/1/18 20:39時点)

【映画パンフレット】ジョン ウィック パラベラム

新品価格
¥1,690から
(2022/1/18 20:41時点)

ジョン・ウィック : パラベラム トリロジー・エディション (特典なし) [Blu-ray]

新品価格
¥11,700から
(2022/1/18 20:43時点)

 

「ジョン・ウィック:チャプター2」の感想・レビュー(ネタバレ有り)

ジョン・ウィック2ジョン・ウィック:チャプター2
★★★☆☆
監督 チャド・スタエルスキ
脚本 デレク・コルスタッド
配給 ポニーキャニオン
上映時間 122分

こんばんは、しんじです。
今回は前作に引き続き「ジョン・ウィック:チャプター2」の感想を書きます。
監督は前作同様チャド・スタエルスキです。
時間軸としては前回の報復から5日後のエピソードらしいです。
確か映画予告では「ジョン・ウィックVS世界中の殺し屋」みたいな謳い文句だったような気がします。
PukuPukuMarine

あらすじ 感想

〇あらすじ
子犬を殺した報復でタラソフファミリーを潰したジョン・ウィック。
彼は一時とはいえ裏の家業に舞い戻った
それは約束の復活をも意味することになった。
その約束とはイタリア系カモッラファミリーの幹部サンティーノとの「誓印」の上に結ばれた約束だ。
ジョン・ウィック2

ジョン・ウィックが裏稼業から足を洗う時に世話をしたのがサンティーノ
その代償としてジョンが裏稼業に戻った時にはサンティーノからの依頼を受けなければならない

サンティーノからの依頼は「現ファミリーのボス実姉ジアナの殺害
ジョンは依頼を断った。

だがコンチネンタルのウィンストンに相談すると「それは殺し屋のルールだ。ルールは守るべきだ」と警告されてしまう。
ジョン・ウィック2

ジョンはローマへ行きジアナを殺害する。

だが、サンティーノは依頼の隠滅のため用済みのジョン・ウィックの暗殺報酬として700万ドルを掛けて世界中の殺し屋に狙わせた。

次々と殺し屋に狙われることとなったジョンは地下犯罪組織のボス:バワリー・キング(ローレンス・フィッシュバーン)に助けを求めるが・・・
ジョン・ウィック2

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ジョン・ウィック:チャプター2(吹替版)

新品価格
¥407から
(2022/1/3 19:05時点)

あらすじ 感想

〇感想
ちょっと退屈な感じだった。
バトルシーンは前作を上回るくらい激しく、いろいろなタイプの殺し屋がでてきて面白いはずなんだろうけど退屈だった。

というかストーリー自体が退屈でした。

ジョン・ウィック」の感想で述べましたが、あの映画の最大の面白いところは、子犬の命でファミリーにケンカを売るところなんですよね。

ところが、今回は殺し合いに巻き込まれていくジョン・ウィックの姿を描いているだけなんです。

自分から「殺ってやる」じゃなくて、狙われるから殺るみたいなね。

これが観ている側からするととても退屈に感じてしまうんですよね。

そのような退屈感ある戦いを122分もの間つきあわされた感じです。

なんか出演する俳優も今ひとつでカシアン役のコモンアレス役のルビー・ローズゾクゾクとするような存在感がありませんでした。

ジョン・ウィック2

ただコンチネンタルという組織の存在自体はかっこいいですよね。
ウィンストンが1時間だけ暗殺命令の猶予を与えたのもジョン・ウィックへの友情があふれていてよかったです。
ジョン・ウィック2

でも次作もこんな感じで襲われるから殺す展開だったら期待できないですね。

それならば自分の起こした騒動のせいでウィンストンが殺されて復讐するとかのほうが幾分かいいと思う。

というか今回もそういう展開の方がよかったんじゃないかな。

映画の中で主席連合コンチネンタルの関係を説明していなかったので自分なりに整理しました。

たぶん世界各国のマフィアからなる連合が主席連合なのでしょう。
そして殺し屋の最大組織がコンチネンタル

コンチネンタルの主な客はやはりこの主席連合であり、それぞれの幹部にはコンチネンタルの特権が与えられている。
そのひとつが「誓印という制度なのだと思う。

ジョン・ウィック2

だから主席連合がジョンを暗殺しようとしても、コンチネンタル自体は別に関係なかった。
むしろコンチネンタルのホテルはジョン・ウィックにとっては安全地帯だった。

しかし今回ジョンがコンチネンタルのルールを破り除籍となったことで主席連合とコンチネンタルの両方から狙われることになるのでしょうね。

3作目となる「ジョン・ウィック:パラベラム」の内容は知りませんが、面白いか面白くないかはジョン・ウィックの戦う動機自体にかかっていると思います。

この映画をひところであらわすと残念ながら「前作からの蛇足感」ですね。

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

ジョン・ウィック:チャプター2 スペシャル・プライス版[Blu-ray]

新品価格
¥2,249から
(2022/1/3 19:07時点)

映画ポスター john wick chapter two ジョンウィックチャプター2 ポスター キャンバス(40x50cm)

新品価格
¥1,897から
(2022/1/3 19:07時点)

ジョンウィックチャプター2映画ポスター キャンバス 12x18inch(30x45cm)

新品価格
¥3,850から
(2022/1/3 19:08時点)

ジョン・ウィック2 Blood Oathマーカーand Coinプロップレプリカセット

新品価格
¥39,342から
(2022/1/3 19:10時点)