「ジョン・ウィック」の感想・レビュー(ネタバレ有り)

ジョン・ウィックジョン・ウィック
★★★★
監督 チャド・スタエルスキ
脚本 デレク・コルスタット
配給 ポニーキャニオン
上映時間 101分

おはようございます、しんじです。
早いものでもう三箇日が終わろうとしていますね。
僕は伊達巻いっぱい食べて正月気分は味わいました。

さて、今回、書いた感想は、マトリックス以降のキアヌの当たり役「ジョン・ウィック」です。
しばらくシリーズを追っていこうと思います。
まずは2014年公開の第1作目からはじめます。
どうぞお付き合いくださいね。
PukuPukuMarine

あらすじ 感想

〇あらすじ
愛するひとを見つけた。
固く握りしめたはずだった。
だけれどその愛はまるで砂のように手からこぼれ落ちてしまう。
なぜだ。
数日後、最愛の妻から贈り物が届いた。

ジョン、きっと今のあなたに必要なものを贈るわ。

ジョン・ウィック

それは1匹の子犬だった。
妻からの最後のプレゼント。

それは愛を失ってほしくない願いの証だったのだろう。

子犬との生活が始まろうとするその夜、強盗に侵入されてしまう。

が鈍ったのか。
数人に一気に殴られ気を失いかける目には、子犬を蹴り殺す影、耳には子犬の悲鳴。
そして覆面をとるニヤけた男の顔を脳裏に刻んだ。

ジョン・ウィック

子犬の死がジョン・ウィックへ戻してしまった。
子犬の命は天秤に乗せられぬほど重い。
それを思い知れ。

ジョン・ウィック

復讐が始まった。

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ジョン・ウィック(字幕版)

新品価格
(2022/1/3 10:47時点)

あらすじ 感想

〇感想
復讐の動機がかっこいいですよね。

子犬一匹の命で逆鱗に触れてしまったのだから、お気の毒様だよ。
盗むのは車だけにしておけば良かったのに。

ペイ・バック」でもそうでしたが、たったそれだけのためにマフィアを追い詰めるという。
これ何て表現するのだろう。
大胆さ?
豪胆さ?
爽快さ?
違いますね。
とにかく、その理由でマフィアを追い詰めることに身震いするほどカタルシスを感じてしまうんですよね。

ここがこの映画の最大に良いところですよね。

そしてたったひとりのハードボイルドは凄くカッコいいんだけど、そこにちょいアシストする相棒的な者がいるとシビレるんですよね。

そう次元大介みたいな寡黙でいつもどうしようもない時に助けてくれるような男。

その役をウィレム・デフォーがやるんですよ。
もう参りました。
この役者さんは僕のお気に入りなんですよ。(Likeな俳優さんたちランキング参照)
渋いですよ~かっこいいですよ~。
よだれが出そうだ。

ジョン・ウィック

このスナイパーであるマーカス(ウィレム・デフォー)の銃弾が鋭く頭打ち抜く。
で、いつもワンアシストくらいなのがかっこいいです。

それと殺し屋ご用達のホテルっていうの設定がアニメ的でおもしろい。
そこの会員はそのホテルでは仕事をしてはならないという鉄の掟があるんです。
その鉄の掟を破ったら・・・
これがまた超かっこいい

このホテルの受付をランス・レディックがやっているんです。
ジョン・ウィック

ただの受付で事務的に仕事をこなすだけの役どころなんです。
嘘だろ!絶対にこのひとも凄腕だろ!
この顔でただの受付は無いわ(笑)

また裏稼業ご用達の自動車工場のオーナーにジョン・レグイザモが登場します。
どうか敵にならないでほしい・・・
ジョン・ウィック

ジョン・レグイザモにはちょい悪だけど良い奴が似合っている。

このように魅力的な俳優がこの映画にはたくさん登場して、この先のシリーズでもどんな魅力的な裏の男や女が登場するのか楽しみな作品ですよね。

キャスト、ストーリーも凄く良かったのですが、ただひとつだけ魅力不足だった。
これは勝手な個人的なものです。

キアヌ・リーブスから危険な香りがしないこと。

たしかにキアヌ・リーブスはかっこいいし、キャストとしてほぼ不満は無いんですが、容赦なく非情に頭を打ち抜いても、なぜか香りがしないんですよ。

いや、たぶん「そんなことねーよ」っていうひとが大半だと思うんですけど。

ジェイソン・ステイサムのようなコテコテを求めているわけじゃない。
う~ん・・・言って見ればもっと背中に冷たいものが走る感じが欲しかった。

それと息子を殺して目的を達成した後に、もうひとバトルは欲張りすぎでしたよね。
あれはこの映画の蛇足だったと思う。

ヨセフを殺し、コンチネンタルの制裁の場面で終わりの方が映画が締まったと思う。

このジョン・ウィック最新作がまちどおしいですが、全米公開が2022年の5月になったらしいですね(2012/12の情報)
日本は夏くらいになるのかな?
ドニー・イェンが出演するってことはかなり肉弾戦が多くなりそうですね。
それとビル・スカルスガルドがどんな役で登場するのかも楽しみです。

さて、続いて「ジョン・ウィック:チャプター2」も観ていこうと思います。
ではね。

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

ジョン・ウィック 期間限定価格版 [Blu-ray]

新品価格
¥2,118から
(2022/1/3 11:00時点)

HZLYCH ジョンウィックポスター-50X70Cmフレームなし

新品価格
¥2,959から
(2022/1/3 10:58時点)

ニット帽 ジョン ウィック ニットキャップ シンプル フリーサイズ 多色展開

新品価格
¥2,399から
(2022/1/3 10:55時点)

「ブラックブック」の感想・レビュー(ネタバレ少な目)

ブラックブックブラックブック
★★★★☆彡
監督・脚本 ポール・バーホーベン
製作国 オランダ
配給 ハピネット
上映時間 144分

こんにちは、しんじです。
今日は大みそかです。
今はちょうど18:00。
たぶんこの記事をUPするころには新年になっているかもしれませんね。

さて、今回、感想を書く映画は「ブラックブック」です。
監督は「トータル・リコール」「ロボコップ(1987)」「スターシップトゥルーパーズ」でメガホンをとったポール・バーホーベン監督です。
しかし、映画製作国はアメリカではなくオランダ映画なんです。
たぶん監督の思い入れのある映画なのだと思います。
監督がオランダ人なので。
今回は初見でAmazonプライムビデオでの鑑賞となります。
PukuPukuMarine

あらすじ 感想

〇あらすじ
スエズ動乱直前のイスラエルにて教師をしているラヘル。
観光客の女性に声を掛けられる。

ブラックブック

その女性は第二次世界大戦終戦直前のオランダにて知り合った女性だ。
その日、彼女は川辺に佇みながら当時の事を思い出していた。

ドイツの占領下のオランダにてユダヤ人のラヘルはナチスから身を隠しながら暮らしていた。
ある日、安全な地域に逃げるためにレジスタンスの男の手引きで家族と共に船に乗る。
だが、それはナチスの罠だった。

ブラックブック

家族もろとも船に乗ったユダヤ人は皆殺しにされ金銀・金目のものをはぎ取られる
何とか難を逃れたラヘルは助けてくれたレジスタンスの仲間になり、スパイ活動を始める。
ラヘルは名前をエリスに変え金髪の女性となりドイツ軍諜報部のムンツェ大尉の愛人になる。

ブラックブック

しかしエリスの心は次第にムンツェ大尉に惹かれ始める・・・
レジスタンスとムンツェ大尉への愛のはざまで裏切りが裏切りを呼ぶ事態へとなっていく。

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ブラックブック(字幕版)

新品価格
(2021/12/31 20:07時点)

あらすじ 感想

〇感想
いやいや二転三転するこの映画は大好物な映画でした。
まだ観ていない人のために、なるべくネタバレ少な目で感想を書きたいと思います。

ナチスから逃れ逃れた女性の物語で思いだすのが、タランティーノ監督の「イングロリアスバスターズ」ですが、この映画はあそこまで大げさなカタルシスを表現する映画ではないです。

もっとそっと大人の色っぽさがにじみ出ている印象を受ける映画でした。
エリスのもとに2人の男性が現れます。
レジスタンスの医者でありリーダー的存在のハンス・アッカーマン

ブラックブック

そしてもうひとりがドイツ軍諜報部ムンツェ大尉

ブラックブック

この2人の男性のもとで揺れ動くエリスの人生
当然、憎きナチス将校などに心を許すはずもないはずなのだが、そこにレジスタンスである前にひとりの女性として揺れる心を描いているのが他の映画と違うところでした。

そしてそこになぜか大人の色気を感じてしまいました。

ドイツ基地には家族の仇であるフランケン中尉がいて、その高ぶった感情を抑える場がムンツェ大尉の胸の中だったのかもしれないですね。

レジスタンスの作戦の失敗、ドイツ軍将校の対立、いろいろな要素でエリスの立場が二転三転していく。

この映画では終戦を迎え、オランダ国内に残されたドイツ軍に協力していた市民がどのような扱いをされていたかを少し描いていました。

ブラックブック

その中にエリスは放り込まれて、彼女も酷い虐待を受ける。
その様子はまるでナチス親衛隊がユダヤ市民に対して行う虐待と大差がなかった

戦争はどちらに転んでもやはり人間の残虐さを浮き彫りにするものだなと感じました。

この映画、エリスがしっかりと自分を陥れた人物に片を付けるのですが、その時のエリスの表情が凄くいいんですよ。

ブラックブック

実際、様々な酷い目に合ってきた人はこんな表情でネジをしめそうです。
思いがひしひし伝わってきます。

苦しみに終わりはないの?

最愛の人物の死を知ったエリスが叫びます。
この映画のラストシーン、まるでこの言葉を皮肉っているようでした。

ブラックブック

最後の爆撃の音は次の戦争の狼煙の音だそうです。
その戦争は第二次中東戦争=スエズ動乱というそうですよ。

愛と裏切りが入り混じった第二次世界大戦下のスパイ映画。
凄く面白い映画でした。
144分という長編ですが中身が濃い時間をすごすことができます。
年末年始にひとりで映画を観る人には超おススメですよ。

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

ブラックブック [DVD]

新品価格
¥3,500から
(2021/12/31 20:08時点)

 

サスペンスホラー「キューブ」の感想・レビュー

キューブ
キューブ
★★★★
監督・脚本 ヴィンチェンゾ・ナタリ
配給 ポニーキャニオン/クロックワークス
上映時間 90分

こんにちは、しんじです。
今回は1997年のサスペンスホラー「キューブ」の感想を書きます。
この映画はカナダ映画で個人的に思うには「ソウ」などの理不尽系ホラー映画の元祖となった作品だと思います。
舞台はキューブと言われる立方体の中で描かれるためかなりの低予算映画だと思います。
このキューブ、2021年に日本でリメイクされましたよね。
「キューブ一度入ったら、最後」公式

PukuPukuMarine

あらすじ 感想

〇あらすじ
目を覚ますと無機質な部屋だった。

部屋の前後左右上下の壁にはそれぞれ扉があり、それぞれが隣の部屋に続いている。
大丈夫な部屋もあるが、そうじゃない部屋もある。

そうじゃない部屋には殺人トラップが施されている。

誰が作ったのか?
何のためにあるのか?
脱出はできるのか?

理不尽にも放り込まれた男女6人、この尋常ではないこの施設からの脱出を試みる。

キューブ

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)キューブ (Cube)

あらすじ 感想

〇感想
ストーリーはいたってシンプル
トラップを回避しながら脱出を試みる!
ただそれだけ。

だが、描きたいのはそこだけではない。
確かにスプラッター的な映画だけど、それは極限状態の中、人間の本性をさらけだすための要素なのだと思います。

最初は倫理観や正義感で行動する人間が、だんだんと自分の欲望と生きようとする本能に支配されていきます。

キューブ

人間の欲望、業の怖さ。

そして一寸先の殺人トラップの恐ろしさ。
この殺人トラップの恐ろしさ、スリルが鑑賞者の心を鋭敏にしていきます。

2つの合わせ技でグリグリと鑑賞者の心をえぐっていきます。

今では、同じような作品がたくさんありますが、この映画は革新的でした。
作品自体がとても高水準なのは言うまでもないのですが、やはり新しいジャンルをつくりだした功績は称賛に値します。

この映画、舞台がシンプルな立方体の部屋で、そして人間の業がテーマとなっているため、おそらくは多くの舞台劇としても作られているのではないでしょうか?
舞台劇で観ても面白そうなストーリーだと思いますもん。

冒頭にも述べたように日本でもリメイク「キューブ一度入ったら、最後が公開されています。

キューブ

大がかりなVFXを使用する必要もないこの映画は制作費が苦しい今の日本映画にはうってつけの映画です。
しかし、スプラッターと人間模様は車の両輪
役者の力量が試される映画ともいえるでしょう。

もしも日本のリメイクを観る方は、併せてオリジナルを観るのも面白いと思いますよ。
スリルたっぷり、ハラハラドキドキを楽しめます。
すごくお勧めの映画です。

いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

CUBEキューブ Blu-ray

新品価格
¥2,219から
(2021/10/27 15:28時点)

映画パンフレット CUBE キューブ 監督 ヴィンチェンゾ・ナタリ パンフレット パンフ プログラム

中古価格
¥1から
(2021/10/27 15:31時点)

 

「エンド・オブ・ホワイトハウス」の感想・レビュー(ネタバレ有り)

エンド・オブ・ホワイトハウスエンド・オブ・ホワイトハウス
★★★★☆彡
監督 アントワーン・フークア
脚本 クレイトン・ローテンベルガー
配給 アスミック・エース
上映時間 120分

こんにちは、しんじです。
今回はジェラルド・バトラー主演「エンド・オブ・ホワイトハウス」の感想を書きます。
この映画は2013年に上映された映画です。
この頃はジェラルド・バトラーの知名度はそんなに高くなく、私も地味な俳優さんを使ったなって思っていました。
この映画、同時期に「ホワイトハウス・ダウン」というまったく同じ題材の映画が作られるという興味深いことが起きました。
ホワイトハウス・ダウン

まるで「アルマゲドン」と「ディープ・インパクト」の再来のようでした。
PukuPukuMarine

あらすじ 感想

〇あらすじ
交通事故で大統領夫人を救えなかったマイク・バニング(ジェラルド・バトラー)シークレットサービスから財務省へ転任していた。
いつものように財務省内で書類を片付けていると、ホワイトハウスが襲撃される事件が起きる。

エンド・オブ・ホワイトハウス

朝鮮人によるテロだ。

テロリストの用意周到な計画にわずか13分でホワイトハウスは陥落する。

エンド・オブ・ホワイトハウス

マイクはホワイトハウス内に入り込むと着実にテロリストを片付けていく。

だがテロリストたちはアッシャー大統領(アーロン・エッカート)、国防長官、統合参謀本部議長を人質に、ホワイトハウス地下にあるシャルターに立てこもる。

テロリストの首謀者カンは要求する。

エンド・オブ・ホワイトハウス

日本海に配備している第七艦隊および韓国、北朝鮮の非武装地帯にいる米兵を撤退させろ。

さらにカンは核攻撃排除システム「ケルベロス」のコードを大統領、国防長官統合参謀本部議長から聞き出そうとしていた。

一方、マイクの最初の任務はホワイトハウス内にいる大統領の息子コナーを見つけ、ホワイトハウス内から脱出させることだった。

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)エンド・オブ・ホワイトハウス(吹替版)

あらすじ 感想

〇感想
凄い迫力の120分でした。
ホワイトハウスが陥落などアメリカの汚点になる内容でよく映画を作ったと思います。

そしてストーリーは最もわかりやすく、もはやテンプレのような内容です。
もと特殊部隊の凄腕の職員が孤立した状況下で、テロリストをやっつけるというものです。

ダイ・ハード」のようなものですね。

しかしこういうわかりやすい内容でも面白い映画、つまらない映画は監督の腕にかかってくるのでしょう。
ラーメン屋さんのチャーハンが「おいしいか、まずいか」みたいなもんですね。

この映画ではジェラルド・バトラーという硬派な俳優がしっかりと着実に迷いなくテロリストにとどめを刺していくのでスッキリします。

イライラする場面も少なく、むしろ国防長官は勇敢な女性で、殴られ蹴られて血反吐を吐いても自らのケルベロスコードを言おうとしない。

エンド・オブ・ホワイトハウス

この国防長官が殺されそうな場面でマイク・バニングがしっかり仕事をして脱出できた時は《よしっ!でかした!》と思いました。

しかしこの映画内で韓国首相が殺される場面などあったけど、これって問題にならないのかな?とか心配になりました(韓国っていろいろうるさいでしょ?)

同時になんとなくですが、この映画って韓国に対するメッセージ的なものも含まれているような気がする。
テロリストの要求は米軍の全面的な撤退で、それにより北朝鮮が韓国を攻撃するという危機を描いているんです。

韓国さん、なっ、わかるやろ?
こんな声が聞こえてきそうです。

しかし実際にホワイトハウス近くまで未確認飛行機を見過ごすとは思えないんですよね。
たぶんアメリカ領域に入った時点であんな飛行機は追撃されると思うのですよ。
その意表を突いたのが旅客機をつかった911テロだったわけだし・・・

まぁ、細かいことはフィクションとして120分アクションを楽しむには申し分ない映画でした。
お勧めの映画です。

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

エンド・オブ・ホワイトハウス スペシャル・プライス [Blu-ray]

新品価格
¥1,386から
(2021/9/18 14:44時点)

エンド・オブ・ホワイトハウス OLYMPUS HAS FALLEN 映画パンフレット

中古価格
¥21,000から
(2021/9/18 14:45時点)

ポスタ- アクリフォトスタンド入り A4 パターンC エンド・オブ・ホワイトハウス 光沢プリント

新品価格
¥3,220から
(2021/9/18 14:46時点)

「ビッグ・アイズ」の感想・レビュー(ネタバレ有り)

ビッグアイズビッグアイズ
★★★★☆彡
監督 ティム・バートン
脚本 スコット・アレクサンダー、ラリー・カラゼウスキー
配給 ギャガ
上映時間 106分

こんにちは、しんじです。
今回は2014年の映画「ビッグ・アイズ」の感想を書きます。
この映画は1970年アメリカで実際に起きたゴーストペインター騒動をもとにストーリーが作られています。
主演はエイミー・アダムスと僕のお気に入りのクリストフ・ヴァルツです。
PukuPukuMarine

あらすじ 感想

〇あらすじ
時は1958年
当時のアメリカは男性優位の時代であり女性は社会的に弱者だった。
マーガレット(エイミー・アダムス)は横暴な亭主から娘を連れて逃げた。
移り住んだ娘と2人暮らし。
生計を立てる仕事をしつつもマーガレットは休日に自分の描いた絵を公園で展示し、同時に似顔絵を描いていた。
彼女の描く絵は大きな目をしている。

ビッグアイズ

それは彼女独自の表現方法であった。
ある日、同じように公園で自分の描いた風景画を売るウォルター・キーン(クリストフ・ヴァルツ)に出会った。

ビッグアイズ

彼はとても明るく前向きな男性だった。
マーガレットとウォルターが惹かれあうのに時間は必要としなかった。
ほんの2回のデートでマーガレットは彼と結婚をする。

ビッグアイズ

そこには娘の親権得るために打算的なところもあったが、ウォルターの魅力が大きかった。
売れない画家同士成功を夢見る日々。
ウォルターは名案を思い付く。
殺風景な飲み屋の壁をかりて自分たちの描いた絵を多くの人に見てもらおうというのだ。
その考えが功を奏し絵が大きな注目を浴びていく。

マーガレットの描いた絵だけが。

しかしマーガレットは次々と売れていき大金を生み出す可能性を秘めていた。

ビッグアイズ

ウォルターは自分が営業、マーガレットは描く係として夫婦で成功を収めようと提案する。
自分の絵が評価され売れていくことに何の不満があろうか、マーガレットはウォルターにすべてを任せる。
ある日、バーでウォルターが絵の売買交渉をしている場で耳を疑う言葉を聞いた。

ビッグアイズ

ウォルターはこう言ったのだ。

目は心の窓だ。だから僕は目を大きく描くんだ。

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ビッグ・アイズ(字幕版)

新品価格
(2021/9/4 15:57時点)

あらすじ 感想

〇感想
余計なところを省いてすごく解りやすくマーガレットとウォルターを描いている映画です。

その時代の男性優位の社会をさりげなく伝えているのも良いです。

最近の映画ではこういう部分が凄く強調されて「社会とはこうあるべきだ」って押しつけがましいところがありますものね。
ただ、全体的な映像から1960年代らしいさがあまり伝わらないために、うっかり昔の時代の話だということを忘れてしまいます。
マーガレットにじれったさを感じてしまうのも、ついつい時代を忘れてしまうからでしょう。

先に述べたように解りやすいストーリーにしているため、ところどころ突っ込み入れたくなる部分もありました。
例えば、マーガレットがウォルターは絵を描かないという事実を気付くとかね。
芸術家同士の夫婦でそれはあり得ないと思うのは私だけでしょうか?
もし実際にマーガレットがそう証言していたとしたら、その辺は法廷を優位に進めるためのものだったかもしれませんね。

この映画の最大の魅力はやはりクリストフ・ヴァルツの演技にあると思っています。
彼はやはり話術でひとの心を動かす役が凄く上手ですね。
マーガレットと出会ったばかりのときは凄く前向きで幸せへ導いてくれる男
そしてビジネスが成功するにつれて、だんだんと金の亡者的ないやらしさがでてくる。
こういう人間の心の奥にある黒いものを表現するのがめちゃくちゃ上手な俳優さんです。
この魅力ある演技はタランティーノ監督「イングロリアス・バスターズ」でも見られます。
もし見ていない人は騙されたと思って観てみてください。

イングロリアス・バスターズ

この映画最初はウォルター役をライアン・レイノルズで予定していたらしいですが、僕はクリストフ・ヴァルツで大正解だったと思います。

それにしても法廷で絵を描く場面で「あ、腕が痛い。」は笑えましたね。

ビッグアイズ

この辺はさすがに創作ですよね??

しかし史実のウォルターの最後は無一文だったらしいですが、映画で見る限り彼にはビジネスの才能はあったのにどうしたのでしょうね。

ビッグアイズ

不動産は成功していたし、実際にマーガレットの絵画があそこまで有名になり大きな富を生み出したのは彼の才能があったからこそだと思うのです。
やっぱり嘘をついていたということで社会的信用がまるっきりなくなったのでしょうか?

一方マーガレットはその後、ウォルターへの恨みは持ってはいないということですよ。
現在もご存命です。

ビッグアイズ

映画の中でマーガレットはウォルターの嘘は自分も共犯という脅迫概念もあって真実を言えず、真実を話せば富をも手放すことへの危惧などもあったようです。
社会の背景は変われど、このような理由で今このときもゴーストとして活躍しているアーティストはいるのかもしれませんね。

106分という程よい上映時間ですし、とても面白い映画でしたよ。
とてもおすすめの映画です!

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

ビッグ・アイズ [Blu-ray]

新品価格
¥1,400から
(2021/9/4 15:58時点)

【映画パンフレット】 ビッグ・アイズ Big Eyes 

中古価格
¥170から
(2021/9/4 15:59時点)

オシャレ 3dプリント 半袖 メンズ 夏服 ティーシャツ  ビッグ・アイズ (4) カジュアルティーシャツ 半袖 トップス

新品価格
¥2,233から
(2021/9/4 16:02時点)

ビッグ・アイズ (5) おしゃれプリント キャンバスバッグ 大容量 収納バッグ ショルダーバッグ 

新品価格
¥2,055から
(2021/9/4 16:05時点)