「スポットライト 世紀のスクープ」の感想・レビュー(ネタばれあり)

スポットライト 世紀のスクープ

スポットライト 世紀のスクープスポットライト 世紀のスクープ
★★☆彡☆☆
監督 トム・マッカーシー
脚本 ジョシュ・シンガー 他
配給 ロングライド
DVD VAP
上映時間 129分

こんにちは。
しんじです。

今回はアメリカのカトリック教会の小児性愛、性的虐待の真相を大スクープしたグローブ社のスポットライトチームのストーリーです。

もちろんBased on True Storyですよ。

この映画は第88回アカデミー賞で作品賞、脚本賞を受賞している映画です。PukuPukuMarine

あらすじ 感想

🤵感想

この映画、今回感想を書く為Amazonプライムビデオにて鑑賞したのですが、実はこれで3度目の鑑賞です。

1度目は閉じてくる瞼を無理やりこじ開けて鑑賞。

2度目は内容がよくわかっていなかったと思い鑑賞。

そして今回は感想を書く為に鑑賞です。

Amazonプライムの評価は凄く高評価です。

でも率直に言うと「そんなに高評価するほどおもしろかったかな・・・」です。

この映画欧米人が評価する理由はわかります。

アカデミー賞も取っていますし。

ただ、日本人でありクリスチャンでもない僕には、内容がどこか他人事なんですよね。

この映画の印象は「記者たち 衝撃と畏怖の真実」と近く少々再現ドキュメンタリーみたいに感じました。

スポットライト 世紀のスクープ

記者たち 衝撃と畏怖の真実

「Based on True Story」を忠実に守っているような映画だからです。

内容が内容なので創作もあまり入っていないのでしょうね。

そのためドラマとしての盛り上がりが今ひとつなのです。

そして先にも書いたように内容自体がカトリック教会神父の性的虐待です。

「他人事」とはけしからん!とお叱り受けそうなのですが、性的虐待は深刻な問題なのは重々わかっています。

私が他人事に思えてしまうのはそれがカトリック教会にまつわる話だからです。

欧米人、とくにカトリック信者なら日曜礼拝にいき、映画でも語られるように貧困層の子供たちと教会の関りは大きいでしょう。

それは日常的なものだと思います。

それだけに僕には遠い国の出来事のように感じてしまいます。

たとえ映画の内容で驚きの小児性愛の性癖をもつ神父が多かろうが、僕自身にはピンとくるものがないのです。

そのため、どこか自分には関係ない事件をおう記者の映画を観ているようで・・・

Amazonプライムの高評価には「マジか?」と思ってしまいました。

あと、この映画はやたらと人物名が多く出てくるために、なかなか内容を把握することができません。

仕事疲れの夜に鑑賞することはご法度です!

僕みたいに、この映画が遠い国のお話に思えてしまった人は、学校の先生に置き換えるといいでしょうね。

実際、日本でも小児性愛の性癖をもった教師が事件を起こしています。

そして、いつの間にか地方の学校で教職を続けているって話も聞いたことあるような、ないような・・・

今回、この記事を書いたのは、Amazonプライムの評価に「ん?」と思った事が一番の理由。

それと内容がわからなかった人に下記「あらすじ」で補完してもらおうと思ったのです。

出来る限りわかりやすく書いていますので、補完に役立ててくださいね。

※ここから下はネタバレしてますのでご注意ください。

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)スポットライト 世紀のスクープ (字幕版)

新品価格
(2021/2/14 17:19時点)

あらすじ 感想

⛪あらすじ
前提として・・・
想像の範疇ですが、僕が思うところ、アメリカの新聞記事は裏付け取材や証拠をできる限りとるようにしていると思います。
たぶん、それは日本よりも訴訟問題に発展することが多いからだと思います。
そして今回の内容はカトリック教会を相手にしているために、グローブ社は裏付け証拠を固めることを重要としています。

さらに法律的に・・・(注:僕の解釈です)
過去の裁判に使われた証拠文書は封印される。
これは個人情報なども含まれているため、過去に判決済みの証拠文書は封印されるのでしょう。
そして現在、訴訟中の裁判に関しては判決の公平性を保つために一般に開示される。

そういう認識で映画を観ると、「なぜグローブ社が開示申請をしなければならないのか?」「なぜガラベディアン弁護士の訴訟をとおして過去の性的虐待事件の証拠をマイクが観ることが出来たのか」がわかります。

スポットライトチーム
スポットライト 世紀のスクープ

ロビー編集長(マイケル・キートン)

スポットライト 世紀のスクープ

マイク(マーク・ラファロ)

スポットライト 世紀のスクープ

サーシャ(レイチェル・マクアダム)

スポットライト 世紀のスクープ

マット(ブライアン・ダーシー・ジェームズ)

グローブ社

スポットライト 世紀のスクープ

バロン編集局長(リーヴ・シュレイバー)

スポットライト 世紀のスクープ

ブラッドリー部長(ジョン・スラッテリー) ロビーの直属上司

アイリーン・マクナラマ・・・ゲーガン神父事件のコラムを書いた

ボストン教会区

スポットライト 世紀のスクープ

バーナード・ロウ枢機卿・・・多くの事件をもみ消す

弁護士

スポットライト 世紀のスクープ

教会側の弁護士 ジム・サリヴァン  ロビーの友人でもある

スポットライト 世紀のスクープ

被害者側の弁護士 ミッチェル・ガラベディアン マークが担当

スポットライト 世紀のスクープ

被害者側の弁護士 エリック・マクリーシュ   ロビーとサーシャが担当

被害者の会 スナップ

スポットライト 世紀のスクープ

フィル・・・グローブ社へ来社

スポットライト 世紀のスクープ

リチャード・サイプ・・・ボルティモア・シートン精神医学研究所で研究・元神父

その他

スポットライト 世紀のスクープ

ピート・コンリー・・・ボストンの街の有力者・慈善活動家

スウィーニー判事・・・グローブ社が封印証拠の開示を申請する。

バロン局長就任

グローブ社の新聞の躍進させようと重大記事への取り組みをする。

以前の中途半端に取り上げた「ゲーガン神父事件」の続報を深く取り上げる。

(「ゲーガン神父事件」についてはアイリーン・マクナラマがコラムを書いたのみだった。)

スポットライトチームが任命される。

同時にグローブ社は過去の性的虐待事件の裁判に提出された証拠文書の開示請求スウィーニー判事に出す。

スポットライトチームの取材

マイク担当

ガラベディアン弁護士への取材

今もなお続く神父の性的虐待で教会側を訴えている。

スポットライト 世紀のスクープ

ロビーとサーシャ担当

マクリーシュ弁護士への取材

「ポーター神父事件」の被害者側弁護士

被害者と教会側の示談にて解決している。

スポットライト 世紀のスクープ

・マット担当

グローブ社内にある神父の性的虐待事件の資料を集める

スポットライト 世紀のスクープ

バロン局長、2つの面談

グローブ社取締役・・・神父性的虐待事件を追うことを上層部へ話を通しておく。

スポットライト 世紀のスクープ

カトリック教会

バーナード・ロウ枢機卿・・・新任の局長は会うことが慣例となっている。

スポットライト 世紀のスクープ

スポットライト 世紀のスクープ

お互い手を取り合っていきましょう。

スポットライト 世紀のスクープ

独立していた方が良いこともあります。

教会側の弁護士 ジム・サリガン

バレット神父事件の教会側弁護士、そしてロビーの友人

ロビーが教会の性的虐待事件を取材することに難色をしめす。

スポットライト 世紀のスクープ

被害者の会スナップへの取材

スナップのフィルがグローブ社へ来社

スポットライト 世紀のスクープ

神父に性的虐待を受けた子供は信仰がなくなり、大人になって酒・薬・自殺する深刻な問題になる。

これはボストンだけの話ではない全世界で起きている。

バチカンが隠している。

性的虐待をする神父がボストンだけでも13人いる

これまでわかっている事件

・ゲーガン神父事件 1960年~1970年代
・ポーター神父事件 10数人の被害者 示談 マクリーシュ弁護士(被害者側)
・バレット神父事件 協会が揉み消し ジム・サリガン弁護士(教会側)
・シャーリー神父事件 マクリーシュ弁護士(被害者側)

多くの事件にマクリーシュ弁護士ジム・サリガン弁護士が関わっていることが判明する。

つまり弁護士同士が結託し示談という解決方法で事件をもみ消している。

さらに示談という形になるため裁判所に記録として残らない。

スナップのメンバー:リチャード・サイプへの取材

サイプは元神父で現在はボルティモア・シートン精神医学研究所で研究をしている。

サイプは全世界の神父の6%が小児性愛者だという。

ボストンの神父1500人×6%=90人

統計的に90人の神父が小児性愛者だという。

小児性愛者の神父は2~3年で移動を繰り返す。

スポットライト 世紀のスクープ

スポットライトは教会の年鑑から不明瞭な理由で移動をする神父を割り出す。

その数 87名

サイプの研究結果とほぼ同数の人数だった。

バロン局長からスポットライトへ指令

標的を神父個人から隠ぺいをする教会組織へ

スポットライト 世紀のスクープ

思いがけない証拠文書の開示

スポットライト 世紀のスクープ

ガラベディアン弁護士の現在の扱っている訴訟は・・・

「ゲーガン神父事件」に関わった神父の新証言が地方新聞記事に載る。

ガラベディアン弁護士は教会に供述を取るため訴訟を起こす。

教会側のロジャー弁護士が「不当な訴訟」としてガラベディアン弁護士を逆に訴える。

ガラベディアン弁護士は「教会に供述をとる必要性」を示すために裁判所へ資料を提出する。

その資料は裁判所が封印している、過去14件の虐待事件の証拠文書

この訴訟は現在進行形であるため、提出された「過去14件の虐待事件の証拠文書」も一般開示されている。

マイクは開示された過去14件の証拠文書をコピーする。

スポットライト 世紀のスクープ

ロビーの返事

過去事件14件分の証拠文書を手に入れたマイクは裏付け十分として記事にすべきと主張する。

これでバーナード・ロウ枢機卿を追いつめることが出来る!

スポットライト 世紀のスクープ

だがロビーは「まだだ!」と記事にすることを許可しない。

ロビーはこれだけの証拠ではロウ枢機卿だけが罪を被って終わってしまう。

再発を防ぐには教会組織を追いつめるだけの証拠が必要と判断する。

証拠文書の開示許可と記事掲載

それから2週間後

グローブ社が求めていた過去事件についての証拠文書開示の許可が下りる。

6週間後、70人の神父に性的虐待を受けた被害者全員の取材記事とともに教会が隠ぺいした証拠となる文書がグローブ社の新聞に掲載される。

スポットライト 世紀のスクープ

あらすじ 感想
僕の映画感想、他のタイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

スポットライト 世紀のスクープ[Blu-ray]

新品価格
¥4,309から
(2021/2/14 17:21時点)

【映画パンフレット】スポットライト 世紀のスクープ 監督:トム・マッカシー

中古価格
¥1から
(2021/2/14 17:22時点)

映画ポスター スポットライト 世紀のスクープ (マイケル・キートン グッズ) /両面 【数量限定・初版】

中古価格
¥19,000から
(2021/2/14 17:23時点)

 

投稿者: emo-shinji

東京中野区でPukuPukuMarinというDiving serviceをしています。 PADIのMasterScubaDiverTrainerというインストラクターです。 EFRの救急救命のインストラクターでもあります。 ずーっと伊豆を中心に潜っています。初島と西伊豆の黄金崎を得意としています。ダイビングと映画で満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。