「ミスト」の感想・レビュー(超ネタばれあり)

ミスト

English🇬🇧

ミストミスト
★★★★★
監督・脚本 フランク・ダラポン
原作 スティーヴン・キング 「霧」
配給 ブロードメディア・スタジオ
DVD ポニーキャニオン
上映時間 125分

こんにちは、しんじです

今回はスティーブン・キング「霧」を原作とした映画「ミスト」の感想を書きますね。

この映画はあまりにも衝撃的で救いのないラストに、観た人々に物議を醸しだした傑作です。

監督はフランク・ダラポンで、あの名作「ショーシャンクの空に」もこの監督さんです。

そして「ウォーキング・デッド(シーズン1)」の監督もしております。

そういえばこの映画「ミスト」と「ウォーキング・デッド」は世界観が似ていますね。

ミスト ミスト

両方とも絶望的な世界の中、何とか生き残るために何かにすがり、何かを犠牲にしようとする。

正義を貫こうとするものが苦悩にさいなまれる物語

この映画の出演者にも「ウォーキング・デッド」で観た俳優さんがチラホラいますので、そういうのも楽しめますよ。PukuPukuMarine

あらすじ 感想

あらすじ

激しい嵐が街を襲う。

デヴィッド・ドレイトンは家の修復をするため、息子ビリーとホームセンターへ行く。

ホームセンターでいつものように買い物をしていると、ひとりの男性が血だらけになり飛び込んでくる。

ミスト

早くドアをしめるんだ!何かが襲ってくる!

すると、街を揺るがす大きな振動が地面を揺らすと同時に瞬く間に白い霧に覆いつくされた。

ミスト

普通ではないことは誰の目にも明らかだった。

得体のしれない恐怖に店にとどまる人々。

だが、その正体の一片はすぐに姿を現した。

発電機の排煙ダクトの様子を見るためバックヤードのシャッターを開いたときだった。

ミスト

そのおぞましい触手が店員の足、体に巻き付き連れ去ってしまう。

得体のしれない気配に気づいたデヴィッドが反対していたのに・・・

デヴィッドとそれを目撃していた数名は、事態を店内の人々に伝える。

すると、そこに居合わせた街の変わり者カーモディが「神の御業」とつぶやき始める。

ミスト

「そんな馬鹿な。俺たちはこんなところ出ていくぞ。」

と数名が店を出ていく。

ミスト

その結果・・・

ミスト

店内は恐怖で埋め尽くされた。

子供もいる。恐怖をまき散らさないでくれ。

そんな言葉も聞かずにカーモディは終末論を声高らかに唱える。

恐怖の中、神にすがりたい人々がひとり、またひとりとカーモディの取り巻きとなっていく。

夜、窓に大きな音と共に巨大な虫が張り付いた。

おぞましい巨大な虫には大きな毒針がついている。

虫は光に集まるもの。

ミスト

そう、店内の光に反応して窓に張り付いてきたのだ。

何十匹という数が窓ガラスに張り付くと、さらにその虫を餌とする大きな鳥のような生物が窓ガラスに追突する。

ついにガラスが割れてしまい、数匹の虫と怪鳥が侵入してしまう。

ミスト

店内では若き女性が虫の毒に刺され、ひとりが炎に包まれ大やけどを負う。

ミスト

「カーモディの言葉の通りになった。彼女は神の声が聞こえるのだ。」

ミスト

そう思わせるには十分な出来事だった。

デヴィッドは息子ビリーを連れて店から脱出する覚悟を決めていた。

なぜなら狂信者が次に起こす行動は「生贄」と相場は決まっているからだ。

この霧と得体のしれない生物が、軍の研究の失敗によるものだと知ると、カーモディと取り巻きは軍関係者の命を贖罪のひとつとしようとしていた。

ミスト

デヴィッドの言った通りのことが起きてしまった。

明日の朝、賛同者と脱出を試みる。

その夜、息子ビリーがデヴィッドに約束を求めた。

ミスト

僕を怪物に殺させないで。

早朝、計画を見破ったカーモディは取り巻きと共にデヴィッド達の出発の邪魔をするばかりか、生贄としようとする暴挙にでようとしていた。

ミスト

ミスト (字幕版)

新品価格
¥300から
(2021/2/20 15:58時点)

あらすじ 感想

感想

やっぱり救いがないよなぁ~

久々に観て思った感想です。

いわゆる「映画」ってやつですな

落ち込んでるときには観ないほうが良い映画ですね~。

しかし

この映画は傑作・名作の域に達しています、絶対に📣

この辺ではっきり賛否が分かれるのですよね。

中には「クソだろ💩」っていう人もいそうです。

でもね、監督さんは絶対に自信持っていますよ。

最初のデヴィッドの部屋にあるポスターに注目してください。

ミスト

ここに何がありますか?

そう、あの名作「The thing(遊星からの物体X)」です。

これは監督の自信のあらわれなのでは?

ミスト

物語は「異生物」と「人間」の両方の恐怖を描きながら進んでいきます。

もう異生物は文句のつけようのないおぞましさです。

ミスト

何ですか?あの触手!ガバーッて開いた部分にはのようなものとのようなものがある。

ミスト

ああ~!やめて!気持ち悪いの極み!

毒針に刺された綺麗なお姉さんもこの通りに・・・

ミスト

蜘蛛だって~!ひーっ!😱

ミスト

体の中にを産み付けられて、ワサワサと子蜘蛛が出てくる。

ミスト

気を失うレベルです。

この蜘蛛の顔見て。

があるんですよ。

ミスト

気持ち悪すぎだっての

そして人間側は狂信というへと落ちていきます

カーモディです。

ミスト

もうこいつにはイライラしか感じません

でも実際こうなるのかな?

こいつ一人は非力でも取り巻きが何人もいて手を出せない。

しかしオーリーがやってくれます。

僕にはダーティー・ハリーに見えましたよ。

ミスト

かっこいい!

ついでにこいつも撃ってほしかった

ミスト

こいつだろ!

いろいろなところでやらかしてるのは!

まずはシャッターを開けたのはこいつ

ミスト

店内に煌々とライトをつけたのもこいつ

ミスト

薬局でドカン!って大きな音を立てたのもこいつ

ミスト

ああーっ!いらつく

さらにカーモディにデヴィッド脱出計画をもらしたのもこいつに違いない!

ミスト

結局、「恐怖に陥った時に怖いのは同族の争いなのだ。」ということですね。

まぁ、それはいろいろな映画で描いていますしね。

「ウォーキング・デッド」だってそういうドラマですものね。

僕のお気に入りのオーリーが言います。

ミスト

「部屋に2人以上いれば争いが起きる。そうならないために政治と宗教がある。」

でも、まぁそんな理屈はいいのですよ。

この異生物、おぞましさ、恐怖、絶望感はSFホラー映画の傑作と呼ばれる域までたどり着いていると言って良いでしょう。

そして問題のラストシーン。

四発の銃弾と5人。

ミスト

息子との約束を守る意味でも到達してしまう。

とてもシンプルな場面ゆえに心の奥に響く銃声。

ミスト

デヴィッドの悲しみの極致、絶望の極致!

それなのに・・・

ミスト

救出された人々が乗る車、戦車、戦闘機。

そして少しずつ晴れていく霧・・・

彼の心の叫びが木霊します。

ミスト

あまりにも酷いですよね。

無情です。
こんな救いがない結末をよくやったものですね。

酷いゆえにアンチもいるのかもしれませんね。

でも、僕はここまで徹底しているからこそ素晴らしいと思います。

こんなのドラマではなかなか作れないでしょう。

まぁ、「ウォーキング・デッド」は結構似たようなことやりますけどね。

さて、では「ウォーキングデッド」で観た俳優さんを紹介。

ミストメリッサ・マクブライド

「ウォーキングデッド」ではメインキャストですよね。

ミストジェフリー・デマン

「ウォーキング・デッド」のシーズン1に出演してました。

ミストローリー・ホールデン

「ウォーキング・デッド」ではトラブルメーカーのひとりでした。

まだまだどこかで観たことある俳優さんがいましたよ。

たぶんドラマや映画で見覚えがあるのだけど、どれだかがよくわからない。

あなたも俳優さん探ししてみて。

先にも書いた通りSFホラーの到達域にある映画です。

名作「遊星からの物体X」の域までたどり着いたSFホラーの傑作です。

超お勧めですよ

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ミスト (字幕版)

新品価格
(2021/2/20 15:58時点)

ミスト Blu-ray

新品価格
¥2,202から
(2021/2/20 16:00時点)

映画パンフレット ミスト(2007作品) 発行所:東宝  出演: トーマス・ジェーン

中古価格
¥495から
(2021/2/20 16:01時点)

ミスト(2007)映画HDプリントポスターキャンバス-50x70cmフレームなし

新品価格
¥2,870から
(2021/2/20 16:02時点)

Review of movies

Hello.

This is Shinji.

This time I wrote a review of a science fiction horror movie “The Mist”.

The last of this movie is too miserable.

Therefore it is pros and cons in the public.

I think it is a “masterpiece”.

The director is Frank Darabont.

He oversees The Shawshank Redemption.

ミスト

He also directed The Walking Dead (Season 1).

ミスト

“The Walking Dead” is very similar to the world view of this movie.

Overview of this article


Good point
🐙Director’s job
🐙Movie script
🐙Creature design
🐙I felt thorough despair was the best.
🐙Thoroughly miserable last scene
I think that the last scene in other films is so miserable.
But it is good.
🐙Orly shot and killed Carmody, right?
I feel much better.
I saw, Olly was “Dirty Harry”.
ミスト


Bad point
Thoroughly miserable last scene
I wrote this scene because the public is divided into pros and cons.


It seems that the director is proud of the movie as good as “The Thing”.

There is a poster of “The Thing” in the first scene.

ミスト

ミストThe thing

投稿者: emo-shinji

東京中野区でPukuPukuMarinというDiving serviceをしています。 PADIのMasterScubaDiverTrainerというインストラクターです。 EFRの救急救命のインストラクターでもあります。 ずーっと伊豆を中心に潜っています。初島と西伊豆の黄金崎を得意としています。ダイビングと映画で満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。