「Loop 時に囚われた男」の感想・レビュー(ネタばれあり)

Loop 時に囚われた男

English🇬🇧
Loop 時に囚われた男

Loop 時に囚われた男
★★★★
監督 イシュティ・マダラーズ
配給 日本未公開
制作国 ベルギー
上映時間 95分

こんにちは、しんじです

今回は「Loop 時に囚われた男」の感想を書きます。

この映画は日本未公開なために詳しい情報がないのですが、俳優さんを検索すると、名前からベルギー人なのだとわかりました。

たぶん、ベルギーの映画なのでしょう。

前回の「僕だけがいない街」がタイムリープ映画だったので、ちょっと同じ路線の映画を観てみました。

タイムリープの映画は他にも多く存在していますが、ちょっと趣向を変えてあえて、この映画を選んでみました。

あらすじ 感想

⏲あらすじ

違法ドラッグ密輸の運び屋adamとそのアンナ。

Loop 時に囚われた男

足を洗いたいアンナに対し、adamはこの仕事を最後にして逃げようと考える。

どうしても、今回の仕事してほしくないアンナは部屋を出るときに航空チケットを持ち去ってしまう。

後にadamはチケットがないことに気が付き、アンナを追いかける。

追いかけて、追いかけて、曲がり角でアンナとぶつかり口論する。

Loop 時に囚われた男

口論の末、adamが去ろうとしたとき、アンナが組織の男・デジューに殺されてしまう。

Loop 時に囚われた男

その場から逃げ去るadam。

部屋へ戻ると、デジューが死んだはずアンナを人質に乗り込んでくる。

Loop 時に囚われた男

そしてadamは裏切り者として撃ち殺される☠

人質のアンナは、隙を見て、その場から逃げた

逃げて、逃げて、曲がり角でADAMとぶつかる。

Loop 時に囚われた男

「生きていたのねADAM。」

そしてADAMとアンナは口論になる。

そんなとき、ADAMがふと思う。

(前にも同じようなことが・・・)

Loop 時に囚われた男

そして再びアンナはデジューに殺される。

Loop 時に囚われた男

この繰り返されるループの中で、唯一、異質なことが起きた

それはADAMの記憶の中に疑問がわいたのだ。

そして、このADAMがループの中からはじき飛ばされた存在となった。

Loop 時に囚われた男

ADAM以外のadamとアンナ、デジューの間で繰り返される悲劇。

この繰り返すループを打ち破るためにADAMは、ある決断をする。

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)LOOP/ループ─時に囚われた男─(字幕版)

新品価格
(2021/2/20 16:27時点)

あらすじ 感想

⏲感想

印象は地味な映画っぽいです。

しかし、なかなか興味深い映画ですよ。

とにかく発想が斬新でした。

よくタイムリープものは、その繰り返される中の自分が、失敗すると、またその前の地点からのやり直し、学び、そして成功へつなげていきます。

その典型が「オール・ユー・ニード・イズ・キル」ですよね。

Loop 時に囚われた男

だがこの映画は違いました。

なんと主人公が疑問を抱いたために、そのループからはじ飛ばされ個の存在ADAMになるのです。

>これってありそうでなかったですよね。

その個となった主人公がループの中に介入していくんですよ。

実に興味深いですよ。

そして最も面白いのが、実は最初からその痕跡があるのです。

注意深く見ていくと、敵の顔にあるアザであったり、廊下で響く物音、突如閉められたドアなどが実は個の存在ADAMが、どうにかループを断ち切ろうとして起こした痕跡だったというね。

あとあと、「そうだったのか!」と思ったり、ついつい、前の場面を確認したりして、ちょっと異例な楽しみができる映画ですよ。

これって映画館よりDVDや動画配信のほうが楽しめる映画ですね。

そういうところも興味深い映画ですよ。

>なかなかの発掘映画ですよ

さらに、ラスト、主人公の決断もびっくりの決断ですよ。

そんな決断とるなんて意外でした

やりますね、イシュティ・マダラーズ監督!

侮るなかれ、ベルギー映画!

やっぱり才能っていろいろな国にあるものですね。

そして面白い映画もまだまだ埋もれていそうですね。

伏線・回収とかが好きな人には、かなりお勧めの映画ですよ。

タイムリープ映画には必ず始まり、終わりに矛盾点がありますが、それは宿命として考えないようにしましょうね。

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)LOOP/ループ─時に囚われた男─(字幕版)

新品価格
(2021/2/20 16:27時点)

Review of movies

Hello.

This is Shinji.

This time, I write a review of Belgian SF / Suspense movie “HUROK”.

The story of this movie is a story where the protagonist, Adam, escapes from “the loop of time”.

There are many such movies.

But the film is full of novel ideas.

Adam awakens as an “individual being” from the recurring time.

And Adam influences this loop.

Finally, Adam’s decision is very interesting.

It is a very enjoyable movie.

It is a tightly plotted story with many episodes foreshadowing the events to come.

投稿者: emo-shinji

東京中野区でPukuPukuMarinというDiving serviceをしています。 PADIのMasterScubaDiverTrainerというインストラクターです。 EFRの救急救命のインストラクターでもあります。 ずーっと伊豆を中心に潜っています。初島と西伊豆の黄金崎を得意としています。ダイビングと映画で満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。