「デイブレーカー」の感想・レビュー(ネタばれ有り)

デイブレーカー

English🇬🇧

デイブレーカーデイブレーカー
★★★☆彡
監督・脚本 マイケル・スピエリッグ&マイケル・スプリエッグ
配給 ブロードメディア・スタジオ
DVD ポニーキャニオン
上映時間 98分

こんにちは、しんじです。

今回は人間社会ならぬヴァンパイア社会を描いた切り口変わったホラー映画「デイブレーカー」の感想を書きます。

この映画は2008年に公開された映画でイーサン・ホーク、ウィレム・デフォー、サム・ニールが出演しています。

今回は2度目の観賞です。PukuPukuMarine

あらすじ 感想

🦇あらすじ

2008年、1匹のコウモリから始まった人間のヴァンパイア化

人間は弱い、とこしえの命を受け入れ、今は人間ではなくヴァンパイアとなった人間が社会を築いていた。

人間は計画的にプランターにて血液採取されていたが、年々、人間の数は少なくなっていた。

デイブレーカー

もはや、血液不足が起き始め低所得者から血液を飲むことができなくなっていった。

血液を飲めなくなったヴァンパイアは知能、容姿がコウモリに近くなるサブサイダーとなってしまう。

デイブレーカー

エドワード(イーサン・ホーク)はブロムリー=マークス製薬会社の血液科学者だ。

デイブレーカー

代替血液の研究をしている。

だが、エドワード生きているとは言えない自分と人間を犠牲とするヴァンパイアの浅ましさに憂いを覚えていた。

そんなエドワードに社長のチャールズ(サム・ニール)は強引に研究の成果を急がせる。

デイブレーカー

ある晩、エドワードに人間が接触してきた。

正午にここへ来い」というメモを渡される。

デイブレーカー

エドワードがその場所に行くと、待っていたのはライオネル・コ―マック(ウィレム・デフォー)という人間だ。

太陽に日を浴びながら彼は言った。

俺は元ヴァンパイアだ。必要なのは代替血液ではない。治療法だ。

デイブレーカー

あらすじ 感想

🦇感想

今までのヴァンパイアは人間社会の地下に棺桶を置いて、絶対的な力を持ちながらも実は日陰者として生きているのがセオリーでした。

この映画は人間のヴァンパイア化が進んだその先の社会を描いているのが面白い。

ヴァンパイアと人間の比率が9:1となり、人間が日陰者となっているのだ。

とこしえの命に喜びを覚える者と、とこしえの命に「生」感じえない者が対比として描かれています。

ウィレム・デフォーが演じるライオネル(頭は良さそうではない)が、生きていることを実感する男として描かれているのがいいですね。

このライオネルがでるまでは、ひたすらネガティブ色な映画にが付きました。

そしてイーサン・ホークが演じるエドワードも人間になってから、危機的状況であるはずなのに、なぜか生き生きとして描かれています。

デイブレーカー

エドワードの弟はちょっとかわいそうでした。

自分がおこなった残酷な所為を責め立てられる。

デイブレーカー

エドワードとのを取り戻させてあげたかった。

ストーリーのラストは治療法がはっきりわかったものの、明るい未来になるのか不安の残していますね。

もしかしたら負の連鎖を始めてしまっただけなのかも?

デイブレーカー

映像は結構グロい場面もあります。

サム・ニールもグロ場面の餌食になりました。

デイブレーカー

死んでいるような永遠の命より限りある生命を求める者。
人の尊厳を守ろうと怪物となってしまう悲しきもの。

デイブレーカー

登場人物の様々な心が良い配分で描かれていて、とても面白いホラー映画でした。

98分という長さも丁度いいし、この連休にお勧めの映画ですよ

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)デイブレイカー (字幕版)

デイブレイカー [Blu-ray]

中古価格
¥2,058から
(2021/2/16 19:32時点)

Review of movies

Hello.

This is shinji.

This time I wrote a review of “Daybreaker” starring Ethan Hawke.

A movie depicting a vampireized human society.

It’s an interesting movie with a slightly different perspective.

Can we say that eternal life is alive?

Isn’t it “living” because it has a limited life?

Those who desire eternal life

Those who are gloomy about eternal life

Those who feel life

Those who are sad because they cannot finish their lives as human beings.

The emotions of the characters are drawn in a good distribution in the movie.

There are many negative elements in the story, but a man named Lionel played by Willem Dafoe put the “color of life” on the film.

デイブレーカー

The screening time of 98 minutes is just right and it is a very good horror movie.

This is my recommended movie.

投稿者: emo-shinji

東京中野区でPukuPukuMarinというDiving serviceをしています。 PADIのMasterScubaDiverTrainerというインストラクターです。 EFRの救急救命のインストラクターでもあります。 ずーっと伊豆を中心に潜っています。初島と西伊豆の黄金崎を得意としています。ダイビングと映画で満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。