「悪魔を憐れむ歌」の感想・レビュー(ネタばれ有り)

悪魔を憐れむ

English🇬🇧

悪魔を憐れむ歌悪魔を憐れむ歌
★★☆彡☆☆
監督 グレゴリー・ホブリット
脚本 ニコラス・カザン
配給 ワーナー・ブラザース
DVD ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
上映時間 123分

こんにちは、しんじです

今回は昔WOWOWで録画したビデオから「悪魔を憐れむ歌」のレビューを書きます。

音楽好きな人は「悪魔を憐れむ歌」と聞いてピンと来る方もいるのではないでしょうか?

はい、The Rolling Stonesですね。

かつて「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」でもGuns N’ Rosesがカヴァーしていましたね。
悪魔を憐れむ歌

ナイス トゥ ミーチュー♪ってところが印象的な曲です。
その曲を題名に冠した映画ですので映画の中でもストーンズの曲が使われています。

「Time is on my side」という曲です。
タ~アム イズオンマイサ~イ イエスイティズ♪てな感じでいたるところで歌われます。

主演はデンゼル・ワシントンで彼が一番いいころの映画です。PukuPukuMarine

あらすじ 感想

🎤ストーリー

フィラデルフィアのホブス刑事は汚職・賄賂が嫌いな正義感あふれる刑事。

悪魔を憐れむ歌

でも人に押し付けることもなく仲間が賄賂をもらっても別にそれはそれでいいと思ってる。

刑事の仕事は賄賂をもらっても余りあるくらい忙しい。

だから仲間からの信頼も厚い。

リースはホブスが捕まえた殺人犯。

彼は自分が処刑される間際にホブス刑事に面会する。

悪魔を憐れむ歌

そしてホブス刑事に握手した後、謎の言葉とを残し、ストーンズの「Time is on my side」を歌いながら薬物処刑される。

悪魔を憐れむ歌

それから間もなく殺人事件が発生する。

悪魔を憐れむ歌

ホブスは相棒のジョーンズと現場に行くと手口がリースの手口と同じだった。

そしてリースがホブスに残した言葉と同じ言葉が残されていた。

悪魔を憐れむ歌

リースの言葉を捜査すると昔に山小屋で自殺をしたミラノ刑事が浮上してきた。

そして自殺したミラノ刑事の山小屋で「アザゼル」という言葉と宗教めいた書物を見つける。

悪魔を憐れむ歌

やがて次の殺人事件が起きる。

やはり同じ手口で殺されている。

だが被害者は先の殺人事件の犯人ということがわかった。

ホブスと相棒のジョーンズもこの事件に不気味なものを感じていた。

ある日、ホブスの署内で同僚の刑事が「time is on my side」を口ずさむ、ホブスが詰め寄ると同僚の横を通り過ぎた警官が今度は歌い始めた。

悪魔を憐れむ歌

警官に「なぜ歌を歌ったのだ?」と聞くと「歌っていない。」というだけだった。

だが、今、署内から出ようとする老人がただならぬ眼差しをホブスに向ける。

悪魔を憐れむ歌

老人を追いかけ「アザゼル」の言葉をホブスが言うと、老人に「踏み込んではいけない領域に踏み込んだ」ことを告げられる。

悪魔を憐れむ歌

なぜホブスは狙われるのか?

悪魔は善人を苦しめる。

そしてリースがホブスに握手をしたとき乗り移ることができなかった。

悪魔を憐れむ歌

それが理由。

やがてホブスは多発する殺人の容疑者とされる。

容疑をかけられたホブスは嵌められたと主張するが上司のスタントン警部補は聞く耳を持たない。

悪魔を憐れむ歌

ホブスは逃走し、ミラノの山小屋に隠れる。

と、同時に悪魔を退治する唯一の罠を仕掛けるのだ。

悪魔を憐れむ歌

悪魔「アザゼル」は誰に乗り移ってやってくるのか?

そしてホブスの前に現れたのはスタントン警部補と相棒のジョーンズ刑事だった。

悪魔を憐れむ歌

「残念だがお前を連行しなければならない。」

そう告げるスタントン警部補。

それを悲し気にみつめるジョーンズ。

ホブスの罠は一度だけだ。

「アザゼル」はどっちだ。

悪魔を憐れむ歌 (字幕版)

新品価格
¥299から
(2021/2/21 20:35時点)

あらすじ 感想

🎤感想

なんか「SE7EN」に似てますね。

悪魔を憐れむ歌

映像の雰囲気や事件現場にメッセージが隠されているなどね。

似ているから面白くないわけではなかったです。

冒頭に誰かがストーリーテラーとして「俺が死にかけた話をしよう~」って始まり、最後にその誰かが判明するところなんか面白かったです。

デンゼル・ワシントンも一番良いころで、なんとなくまだ演技が鼻につくところが無いです(僕はあまりデンゼル・ワシントンが好きではないのです・・・すいません)

それとジョン・グッドマンが憎めない相棒をしているのが良かったです。

悪魔を憐れむ歌

あと忘れちゃならないのがドナルド・サザーランドの存在ですね。

悪魔を憐れむ歌

彼が出てくると『悪者?』『いや、意外に力を貸す存在になるのかも??』と展開が読めなくなってきますね。

ドナルド・サザーランドのあの怪しい雰囲気は好きです^^

残念なのはこの映画、ちょっぴり低予算っぽいところ。

カメラワークが悪いのかなぁ?

冒頭でのデンゼル・ワシントンがもがいてる場面とか、なんか安っぽいカメラワークなんですよね。

他の場面でもなんか安っぽい。

1980年代のTVドラマシリーズっぽいチープ感。

こういうところは監督の感性が良くないのかな?

あと個人的にはあまり暗い映像の映画って好きじゃないんです。

映画の色をだすために仕方がないんですが、その分話が面白くないと睡魔😪が襲ってきてしまう。

今回は2回に分けて見た感じです。

前にも言ったように『邦題』なんとかならないのかな?

原題「Fallen」です。

しかし、映画のエンドロールで「悪魔を憐れむ歌」の曲を使ってるからって、それをそのまんま邦題にしちゃうなんて、あまりにも安易でしょ。

いい加減にしなさいよ!💢

もっと原題を大切にしてほしいですね。

じゃなかったらもっと気の効いた邦題をつけてほしいですな☹

本当に怖いのは悪魔じゃなくて人間なのに悪魔のようなことをする人ですよね。

そういう部分では「SE7EN」には遠く及ばないかな・・・

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)悪魔を憐れむ歌 (字幕版)

新品価格
¥299から
(2021/2/21 20:35時点)

悪魔を憐れむ歌 [Blu-ray]

新品価格
¥963から
(2021/2/21 20:35時点)

ハンギングペインティング – 悪魔を憐れむ歌(1998) のポスター サイズ:33x24cm(額縁を送る)

新品価格
¥1,797から
(2021/2/21 20:36時点)

映画パンフレット 悪魔を憐れむ歌 デンゼル・ワシントン ドナルド・サザーランド

中古価格
¥500から
(2021/2/21 20:37時点)

Review of movies

Hello.
This is shinji.🤗
This time I wrote a review of “Fallen”.
This movie is a movie produced in 1998.
The starring is Denzel Washington.

🖊Outline of this article


Good point
The true identity of the storyteller
Development of the story
Acting of John Goodman
悪魔を憐れむ歌

Donald Sutherland’s dubious atmosphere
悪魔を憐れむ歌


Bad point
Camera work cheap
The movie is cheap.
Screen is dark


It is a movie very similar to “SE7EN”, but I enjoyed it.
But, the person who does things like demons is the most scary.
In that respect “SEVEN” is more scary.
悪魔を憐れむ歌

投稿者: emo-shinji

東京中野区でPukuPukuMarinというDiving serviceをしています。 PADIのMasterScubaDiverTrainerというインストラクターです。 EFRの救急救命のインストラクターでもあります。 ずーっと伊豆を中心に潜っています。初島と西伊豆の黄金崎を得意としています。ダイビングと映画で満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。