「ロープ 戦場の生命線」の感想・レビュー(少しネタばれあり)

ロープ

English🇬🇧
ロープロープ 戦場の生命線
☆☆☆☆
監督 フェルナンド・レオン・デ・アラノア
脚本 アーサー・ローレンツ
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
DVD オデッサ・エンタテインメント
時間 106分

こんにちは、ひさしぶりです。
しんじです。

今回は「ロープ 戦場の生命線」の感想・レビューを書きます。

この映画はスペイン版アカデミー賞である第30回ゴヤ賞にて脚色賞を受賞したそうですよ。

戦場における生命線と言える水をテーマにしたストーリーだそうです。

主演はベニチオ・デル・トロです。

これはかなり濃密な内容になりそうな予感!

期待が高まりながら観ます。PukuPukuMarine

あらすじ 感想

🥛あらすじ

場所:ユーゴスラビア紛争地のバルカン半島

村の井戸に投げ捨てられた巨漢の遺体

腐り始める1歩手前。

国際援助協力隊のマンブル(ベニチオ・デル・トロ)の隊は衛生上から遺体の引き上げを試みる。

巨漢の重さがロープを断ち切り作業は中止となる。

ロープ

紛争地、しかも田舎の村。

物資は乏しくロープなど見つかるものでもなかった。

商店にて見つけても宗教上、しかも外国人に売ろうとしない店主。

そのうえ国連からは「遺体のある井戸は管轄外であり地雷の危険性」から援助隊の活動を認めないという達しまで下りてきてしまう。

マンブルは国連本部で紛争地分析官カティヤと久々の再開。

ロープ

カティヤは援助隊に同行するが、彼女はマンブルの元恋人(元愛人)であった。

わだかまりのある2人。

さて、ロープは見つかるのだろうか。

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ロープ 戦場の生命線(字幕版)

新品価格
(2021/2/17 06:05時点)

あらすじ 感想

⛲感想

夏の疲れか、コロナの疲れか・・・いつもに増して眠い日々。

この映画106分を見終えるのに3日を要してしまった。

つまりは眠ったくなるような内容🥱だってことです。

この映画、レビューサイトでは結構な高評価なんですよね。

なんでだろう❓

まぁ、観た感想としては、「なるほど、ローカルな映画祭好みな作品だわ。」って思いました。

自分はやっぱりローカルな映画祭の受賞作品って合わないんだな。って改めて思った。

期待していたのはこんなんじゃないんですよ。

もっともっと理不尽なところをクローズアップしてほしかった📢

それなのに紛争地の少年の心情主人公と元恋人の痴話喧嘩などに時間を割く始末🕙とくに痴話喧嘩は後半の映画としてはクライマックス手前の大切な時間帯に長ったらしく時間を使ってしまう。

「あの時、あなたは嘘ついた。」だの「(恋人と別れろなど)誰が頼んだ。俺が言ったか?」など、はっきり言って『どーでもいい話!』に終始する。

本当に詰まらんわ

ようやくクライマックスに井戸から引き上げる話に戻る。

そして役立たずの国連が登場して作業の中止を要請されるのだ。

ロープ

あれだけ苦労して見つけたロープはあっさりとナイフで切られて、巨漢は再び井戸にダイブ!

これです。

このただ遺体を引き上げるだけの作業に突きつけてくる理不尽。

ここをもっとフューチャーしてほしかった。

この理不尽をめぐるストーリーにしてほしかった。

期待を裏切られた退屈なストーリーに眠らされること4回。

ということでおまけのひとつです。

ベニチオ・デル・トロはいつもとは違う感じの飄々とした男を演じていて新鮮でした。

ロープ

ティム・ロビンス良い感じの年の取り方しましたね

ひょろくさい男から頼りがいのある男になりました。

秋の夜長に観る映画にしては眠りを誘うのであまりお勧めでないです。

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ロープ 戦場の生命線(字幕版)

新品価格
(2021/2/17 06:05時点)

ロープ 戦場の生命線 [DVD]

新品価格
¥3,376から
(2021/2/17 06:06時点)

ブロマイド写真★ベニチオ・デル・トロ/白黒

新品価格
¥950から
(2021/2/17 06:07時点)

Review of movies

Hello.

This is Sinji

This time I wrote a review of “A Perfect Day” which won “Mejor guión adapt ad” at “Premios Goya”.

Starring Benicio del Toro.

It was very interesting to see what kind of man he would play.

But the story of this movie was very boring to me.

I wanted you to get a closer look at “unreasonableness on the battlefield.”

However, the movie spends time on the crappy “lover’s quarrel”.

“Unreasonable” pointed to by “UN”

ロープ

I was expecting a story centered around “unreasonableness on the battlefield.”

I didze off four times before I finished watching all the movies.

投稿者: emo-shinji

東京中野区でPukuPukuMarinというDiving serviceをしています。 PADIのMasterScubaDiverTrainerというインストラクターです。 EFRの救急救命のインストラクターでもあります。 ずーっと伊豆を中心に潜っています。初島と西伊豆の黄金崎を得意としています。ダイビングと映画で満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です