ブルース・ウィリス主演「ホステージ」の感想・レビュー(ネタばれ有り)

ホステージ
ホステージ
☆☆☆☆
原作 ロバート・クレイス
監督 フローラン・シリ
脚本 ダグ・リチャードソン
配給 松竹
上映時間 113分

こんにちは、しんじです。
今回は2005年ブルースウィルス主演のサスペンスアクション映画「ホステージ」の感想を書きます。
2000年の「アンブレイカブル」以降のブルース・ウィリスはヒット作に恵まれず、少しずつ彼の人気も陰りを見せ始めていました。
コンスタンスに作品にはでるもののパッとしない。
この「ホステージ」もそんな頃に作られた映画です。
PukuPukuMarine

あらすじ 感想

〇あらすじ
タリ―(ブルース・ウィリス)はロス市警の交渉人だった。
彼の交渉が失敗し、一家の全員が死んでしまった。

彼は傷心の末、田舎町の署長となる。

ある日、会計士を営む大富豪の家に3人の強盗が押し入る。
見回りにきた警官を射殺し、豪邸に立て籠もる強盗
主のウォルター・スミスは銃で殴られ意識不明に陥る。

タリ―は郡警察に指揮を預け現場を離れた。

だが、突然覆面の男達に拉致されてしまう。
男たちはタリ―の妻と娘を人質にし、タリ―に命ずる。

ウォルター・スミスの書斎にあるDVDを回収しろ!

回収しなければ妻と娘は殺されてしまう。

ホステージ

敏腕交渉人だったタリ―は言葉巧みに強盗犯に交渉する。

だが、強盗犯の中にひとりだけ異質な男がいた。
その男は交渉など関係ないサイコパスだった。

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ホステージ (字幕版)

新品価格
(2021/10/19 23:08時点)

あらすじ 感想

〇感想
つまらない!
イラつく!
スッキリしない!

の3拍子が揃う酷い映画だった。

いやいや、そもそもこの映画をつまらなくさせているのは、田舎者の強盗犯なのだ。

もう本当にイライラする。

なかでもサイコパスのマースは本当にいらつく

ホステージ

なんか哀れんでくれ!ってな顔していろいろ意味深な場面をつくるんだけど、その場面必要ですか?

ただただむかつくだけなんだけど。

わけわからない描写ばかりしてこの監督って本当に無能だと思う。

それに付け加えて見るからに田舎の青臭い兄弟。
とくに兄は「俺がリーダーだ!」って癇癪ばかり起こす。

ホステージ

本当に即射殺してくれよ!

だいたいさ、覆面の男たちが途中からFBIになりすまして現場に登場するんだけど、そんなことできるなら自分たちで突入し強盗犯を射殺しちまえばいいじゃんか。
どうせガバガバな現場なんだからさ。

それに、主人公のタリ―の行動。
こんな怪しい行動ばかりしていれば拘束されちまうぜ。

ひとつひとつの描き方が雑過ぎるんです。
監督・脚本は本当に最低な仕事していると思う。
原作者は怒ったんじゃないの?
作りようによっちゃ面白い映画にもなった可能性だってあったのだから。

これがヒット作になるはずもなく、ブルース・ウィリスの低迷は続くのだった。

正直、あまりにもイラつくような場面が多いので、途中から早回しを使ってしまいました。

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

ホステージ(Blu-ray Disc)

新品価格
¥1,416から
(2021/10/19 23:05時点)

「ザ・フォーリナー/復讐者」の感想・レビュー(ネタバレ有り)

ザ・フォーリナー/復讐者ザ・フォーリナー/復讐者
☆☆☆☆
原作「チャイナマン」
監督 マーティン・キャンベル
脚本デヴィッド・マルコーニ
製作 ジャッキー・チェン 他
配給 ツイン
上映時間 114分

こんにちは、しんじです。
いったいコロナ自粛生活はいつまでつづくのでしょう(=。=*
今回はジャッキー・チェン主演の復讐劇「ザ・フォーリナー/復讐者」の感想を書きます。
前々から言っておりますが、私、リベンジものが大好きです。
今回、コミカル抜きでジャッキー・チェンが演じてくれるということで楽しみに映画を鑑賞しました。
監督は「バーティカル・リミット」のマーティン・キャベル!
ザ・フォーリナー/復讐者

これは期待できそう!

PukuPukuMarine

あらすじ 感想

〇あらすじ
イギリスに小さな食堂を開くクワン(ジャッキー・チェン)は今日も大切な娘を迎えに行く。
帰り道、たまたま寄り道した店で爆破テロに巻き込まれてしまう。

唯一の家族、大切な娘は死んでしまった。

ザ・フォーリナー/復讐者

TVの報道を見ると事件の背後にアイルランドの過激派組織が絡んでいる事を知る。
クワンは自らの手で制裁を加えるべくアイルランド副首相のリアム・ヘネシー(ピアース・ブロスナン)に接触を試みる。

ザ・フォーリナー/復讐者

犯人の名前を教えてほしい。

リアム・ヘネシーはアイルランドとイギリスの政治問題も絡むこの事件の情報を話すわけがない。
クワンはリアム・ヘネシーを執拗に追い込み、内部情報を聞き出そうとする。

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ザ・フォーリナー/復讐者(字幕版)

新品価格
(2021/8/7 10:50時点)

あらすじ 感想

〇感想
まったくスカッとしない糞映画でした。
こんなにつまらない映画の感想を書くものどうかと思ったのですが、ジャッキー・チェンが主演しているということであえて書かせてもらいます。
僕は世代的にもジャッキー・チェンの大ファンです。
「木人拳」「精拳」「龍拳」「酔拳」「蛇拳」「ヤングマスター」のDVDも持っています。
このカンフーアクション時代のジャッキー・チェンが大好きで、中学生の時はファンレターなども出して部屋中、映画のポスター貼っていたくらいです。

最近はやはり年取ったジャッキー・チェンが悲しくて彼の映画は観ていなかった。
でも大好きな復讐劇だし、それなりに期待して観たんだけど・・・

はっきり言って観なくてもよかったレベルです。

だってさ、ジャッキー・チェン演じるクワンってマジで邪魔な存在なんだもん。

アイルランドのヘネシー副首相はもと過激派だったけど、現在は穏健派でイギリス政府に無理言われながらも、過激派を抑えこみ政治をしていたわけです。

ザ・フォーリナー/復讐者

当然、この過激派の暴走見逃さずイギリスに政治利用される前に処理しようとしていたわけです。

イギリスはイギリスで多くの犠牲者がでている爆破テロを許すわけもなく警察も政府もヘネシー副首相にゆさぶりをかけながら着実に捜索していたのです。

そこに割って入ってきた自分勝手野郎がクワンなのです。

ヘネシー副首相など情報を教えないからって官邸を爆破!

挙句の果てに、浮気までリークされてしまう。

ザ・フォーリナー/復讐者

ここまじでキモい!
ストーカーだよ!!

ヘネシー副首相が警戒して家族と田舎に避難すれば、執拗に追いかけてくるクワン。

爆弾を仕掛けてはヘネシーの部下にケガ人続出!!

ザ・フォーリナー/復讐者

な・ま・え・を・お・し・え・ろ・!

まったく迷惑極まりない!
もう頭おかしいレベルです。

そんで警察やヘネシー副首相の捜査のおかげで犯人がわかり、アジトを特殊部隊が取り囲んでいる中、またまた勝手に割って入ったのがクワン

ザ・フォーリナー/復讐者

ガス点検にきましたー!

アジトに上がり込み勝手に銃乱射して復讐完了するんだよね。

なんだよ!この自分勝手な主人公はよ(# ゚Д゚)

はっきりいって主人公がいないほうが平和に事件解決していたわ!

ヨレヨレのジャッキー・チェンを見せられるわ、主人公が迷惑野郎だわ・・・
キレキレなアクションがあるわけでもない・・・
観る価値なしの映画でした。
なんでこんな映画つくったのかな?

題名の「ザ・フォーリナー」
まさしく「部外者」って感じでした。
内容と題名が合致している点だけ100点あげますよ。

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

ポスター/スチール写真 アクリフォトスタンド入 A4 パターン3 ザ・フォーリナー 復讐者 光沢プリント

新品価格
¥3,220から
(2021/8/7 10:53時点)

ポスター/スチール写真 アクリフォトスタンド入 A4 パターン8 ザ・フォーリナー 復讐者 光沢プリント

新品価格
¥3,220から
(2021/8/7 10:55時点)

ザ・フォーリナー/復讐者 スペシャルエディション(初回限定生産) [Blu-ray]

新品価格
¥3,755から
(2021/8/7 15:34時点)

 

「ミッション:インポッシブル2」の感想・レビュー(ネタばれあり)

ミッション:インポッシブル2ミッション:インポッシブル2
☆☆☆☆
監督 ジョン・ウー
脚本 ロバート・タウン
配給 UIP
上映時間 123分

こんにちは、しんじです。
今回は「ミッション:インポッシブル2」の感想を書きます。
実は通称「M:I-2」といわれるこの映画の感想は書くのを迷いました。
なぜなら、このブログのどこかで書いていると思うのですが、僕はジョン・ウーの映画が大嫌いで、さらにこのM:I-2の出来具合も酷いと書いているからです。
でも、シリーズの感想をコンプリートさせるだけのために書きました。
本文を書く前からほぼジョン・ウーの悪口に近い辛口レビューになるのは予想できます。
ですので、今回はちょっと短めにしておこうと思います。

PukuPukuMarine

あらすじ 感想

〇あらすじ
休暇を満喫するイーサン・ハント(トム・クルーズ)にIMFから指令が入る。
ミッション・インポッシブル2

腕利きの泥棒ナイアを仲間に引き入れショーン・アンブローズから「キメラ」と呼ばれるウィルスを奪還しろ!》

イーサンは仕事中(泥棒中)のナイアに接触する。
イーサンとナイアは惹かれあうものを感じ、ベッドをともにするのに時間は要らなかった。

ミッション:インポッシブル2

だがIMFがナイアを仲間に引き入れた本当の理由は、ナイアがアンブローズの元恋人だったからだ。
彼女をアンブローズに近づけて情報を得るのが目的だった。
すでにナイアを愛し始めていたイーサンの心は複雑だった。

ナイアの得た情報からアンブローズはウィルスを開発したバイオサイト製薬と3700万ポンドで取引をすることがわかった。

バイオサイト製薬はウィルスとワクチンをセットで開発していたのだ。
ウィルスをばらまきワクチンで儲けるという寸法だ。
どちらかが欠けてもバイオサイトはワクチンで金儲けをすることができないのだ。

ミッション:インポッシブル2

だが、実はアンブローズが強奪したのはウィルスではなくワクチンだったのだ。

キメラウィルスはバイオサイト製薬会社にある。

イーサンはアンブローズの計画を潰すためバイオサイト製薬会社に潜入してキメラウィルスの殲滅を試みる。

そんなイーサンの計画はアンブローズに見透かされていた
先回りをされイーサンの殲滅作戦は失敗してしまう。

さらにナイアを人質に不利な状況に追い込まれるイーサン。
そんな状況にナイアは自分の身体に残されたキメラウィルスを注射する。

ミッション:インポッシブル2

アンブローズはウィルスを保有するナイアを殺せなくなった。
つまり人質としての価値がなくなったのだ。

イーサンはナイアを必ず助けると誓い脱出する。
タイムリミットは19時間58分だ。

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ミッション:インポッシブル 2 (字幕版)

新品価格
(2021/4/30 22:32時点)

あらすじ 感想

〇感想
これは本当に「ミッション・インポッシブル」と呼んでいいのだろうか😰
これから僕が気に入らない部分を羅列していきます。

スケールが小さい。
こんな殺人ウィルスをばらまかれたら確かに世界規模のパンデミックを引き起こしてしまう。
まさに世界の危機的状況だ!
しかしアンブローズの目的はただの金儲けなのだ。
悪党のランク的には小悪党って感じだ。
そのため、世界の危機的状況がさっぱり伝わらない。

イーサンがプロっぽくない。
この頃のトム・クルーズは凄く若くてイケメンって感じ。

ミッション・インポッシブル2

それを活かして(?)イーサンを軽薄な男に仕立て上げました(よくもやってくれたな💢)
「ナイアを仲間にしろ」って事だけど、このイーサンすぐに恋してしまう
映画開始20分くらいでもうナイアを愛しているって感じだ。
スパイとしてダメじゃない??

これに比べるミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル以降のイーサンがどれだけ格好いいかがわかってしまう。
愛するがゆえに会わない。
そんな愛する人が生きる世界を救う男なんですよ。
もちろん多くの人を救うがひとりの人も救いたい。
そんな男がイーサン・ハントなのだ。

ミッションはおまけ
この映画って結局ナイアを巡る恋争いになってしまっているんですよね。
だから先に書いた「世界の危機」なんかどうでもよい扱いに見えるのです。
まったくくだらない映画になってしまっている。
IMFのメンバーの活躍だって本当に目立たないものだよ。
ルーサー、全然活躍できなかったし・・・

ミッション・インポッシブル2

結局ジョン・ウーが格好いい映像を撮りたいだけのオナ〇ー映画。
あのね、この映画って結局ジョン・ウーのおもちゃなんです。
絵コンテを書いて格好良さそうなショットを撮るためだけの映画。
無駄にスローモーションを長々と使うし、ドラマチックにしようと仰々しい音楽を使うわ。
本当にわざとらしい。
すべりまくりだ。
ミッション・インポッシブル2

絵コンテで考えたもの作るものだから現実的にはあり得ない場面の連続
全然格好良くない!
陳腐そのものだよ。

肉弾戦も回し蹴りなどのトリッキーな蹴りばかり。
レベル的には昔の仮面ライダーと同レベルです。
ライダーキック!で怪人がド派手に飛ばされるでしょ。
やっていること一緒。

ミッション・インポッシブル2

それにジョン・ウーが自分の存在を無理やりねじり込むのが最悪!
ハトってなんだよ。

ミッション・インポッシブル2

鬱陶しいわ。
ホテル・ハトヤのプロデュースでもやったら?

ミッション・インポッシブル2

2丁拳銃?
あんなのミッション・インポッシブルでやらせるなよ。
香港映画の「男たちの挽歌シリーズ」だけで勘弁してくれよ。

とにかくジョン・ウーという存在が最初から最後まで出しゃばっていて映画に集中できない。
超最悪だと思う。

本当にJ・J・エイブラムスがミッション・インポッシブルに参入してくれてよかったよ。
エイブラムスありがとう!

ミッション・インポッシブルはこの「2」を無いものと考えたほうがいい。
ミッション・インポッシブルの汚点的な映画です。

僕の言いたいことの1/3ほど書きました。
ちょっと短かったですかね。

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

ミッション:インポッシブル 2 (吹替版)

新品価格
¥299から
(2021/4/30 22:34時点)

M:I─2 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

新品価格
¥2,280から
(2021/4/30 22:34時点)

映画ポスター ミッションインポッシブル 2 27×40inc (68.9×101.6cm) US版 両面印刷 ds1 [並行輸入品]

新品価格
¥2,395から
(2021/4/30 22:35時点)

 

伝記映画「ハリエット」の感想・レビュー(ネタばれあり)

English🇬🇧

ハリエット

ハリエット
★☆彡☆☆☆
監督・脚本 ケイシー・レモンズ
配給 パルコ/ユニバーサル映画
上映時間 125分

こんにちは、しんじです😁
今、世間では差別とかジェンダーとか、とりわけ人種や男女の平等が叫ばれています。
ネットニュースを見ても注目記事に乗らないことのほうが珍しいくらい過熱しております。
まぁ、中には記事を読むと本末転倒な事柄がないではないですが・・・🙃

さて、今回の映画はアメリカの奴隷制度からの解放を生涯通じて叫び行動してきた強き心を持った女性ハリエット・タブマンについて描かれた映画です。
ハリエット

このお話は「Base on a True Story」です。

人間の人権や平等の本質を見直すにはとても良い映画だと信じて鑑賞しました。
PukuPukuMarine

あらすじ 感想

〇あらすじ
1949年 メリーランド州 バックタウン エドワーズ・ブローダス家
ミンティと家族はこの家の所有物・・・奴隷だった。
エドワーズの曽祖父の手紙にはミンティの奴隷からの解放が約束されていた。

だがエドワーズ・ブローダスは一笑に付し破り捨ててしまう。
ハリエット

お前たちは自由だ。だが生涯俺のものだ。お前の子供、その子供もだ!

それから数日が経ったある日、ミンティは自分がこの家から売られてしまう嫌な予感を感じた。

ミンティは脱走を決意した。
グリーン牧師から教えてもらったウィルミントンのトマス・ギャレットという人物を頼りに道のない道を逃げていく。
だが逃走経路の大橋にたどり着くと追手に囲まれてしまう。

今戻れば、お咎めはない。もちろんお前を売ったりもしない。

自由か死よ。

ハリエット

ミンティは橋の下の急流に消えていった。

運よく生き延びたミンティはトマス・ギャレットを見つけ出した。

彼の馬車に揺られひたすら北上すると奴隷制度のないペンシルベニア州への境界まで連れて行ってもらう。

そして地をかみしめながら未来へと足を進める。
ハリエット

街にたどり着くとトマス・ギャレットに紹介されたペンシルベニア反奴隷制協会のウィリアム・スティルを訪ねる。

ウィリアム・スティルはミンティを快く受け入れた。

そして彼女はこの時からハリエット・タブマンと名乗ることになった。

ハリエットはウィリアムや宿屋のマリーから奴隷の女ではなく自由を歩む人間の立ち居振る舞いを学んだ。
ハリエット

そして彼女はウィリアムでも無理だと思えるような数の奴隷たちを次々と南部から逃走させることに成功させる。

いつしか彼女は反奴隷制協会の主力メンバーとなり、巷では旧約聖書にちなんだ「モーセ」と噂される。

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ハリエット (字幕版)

新品価格
(2021/4/3 09:45時点)

あらすじ 感想

○感想
僕が小さいころに見た海外ドラマはとても衝撃的だった。
ルーツ」だ。
ハリエット

それまで人間が人間を狩るなど考えもしなかったし、アフリカ人が鉄の鎖で繋がれる姿がトラウマ級のショックだった。
鞭で打たれ、つま先を斧で落とされ、それでも生きていく奴隷とされた人々。
ショックであったが、心にクサビを打たれたかのように、奴隷制度というものと平等と人権について心に根付いたと思う。

きっと今の時代はPTSDの考慮からこのような表現は控えるのだろう。

それではこの映画「ハリエット」はどうであろうか。
鞭で打たれた跡は当然のごとく背中に刻まれている

だが、一度として鞭打ちをされる場面はない。

失明されるくらいの暴力にあった事実はあってもされる描写はない。
ハリエット

ミンティが脱走しフィラデルフィアまで160kmもの距離を逃げてきた。
そこに危機的状況を描いた場面はどれくらいあっただろう。

それは冒頭に追われて川に飛び込むまでだ。
その追手からの逃走でさえ実に淡泊なのだ。

危機的状況になるとミンティの脳裏に神的な予知映像が浮かぶ。
そしてミンティはその危機を脱する。

ハリエット・タブレットとして多くの黒人を連れて逃走するときでさえ待ち構える白人の罠を神のお告げで切り抜けてしまうのだ。

ハリエット・タブレットはアフリカ系アメリカ人には伝説級の人物なのだろう。

だが監督ケイシー・レモンズはあまりにも神格化しすぎているのだ。
だからこの映画で描かれるハリエット・タブレットという人物に現実味を感じないのだ。
極端に言えば異世界アニメのチート能力をもつ主人公のようなものだ。

それ故、現実の奴隷制度という唾棄すべきものにある血の匂いや心の涙が伝わりづらい。

ハリエット・タブレットという人物をあまりにも綺麗に描こうとするがために、映画そのものが小奇麗になってしまっている。
冒頭の奴隷による過酷な農作業でさえ、歌を歌いながらの農作業程度にしか見えないのです。(興味深くはあるのだが)

そうじゃない。
重労働で皮が何度も剥がれ堅くなった手、本音を言うことができないからこそ歌われていた魂の歌
それを伝えてほしかった。

アフリカ系アメリカ人が酷い目にあった場面がみたいのではない。
虐げられた事実を描かなければ最低な奴隷制度が見えないのだ。

奇しくも映画の中でこんな場面があります。
自由の身として生まれたマリーにハリエットが皮肉を言うのです。
ハリエット

恐怖の臭いも逃走の臭いもしらないのでしょうね。

この言葉がそのまま映画にあてはまってしまいます。

この映画で訴えていることや描かれるハリエット・タブレットの功績は素晴らしいことだし、文句を言う人はいないでしょう。

だけどそれと切り離して映画作品としてみた場合、申し訳ないが駄作の部類にいれてしまいそうなギリギリのラインです。

映画として壮大な景色や心を表すような素晴らしい景色をところどころ入れようとしているが、他の場面が泥臭くないために効果が薄い
もっとひどい言い方をすれば、どこかで覚えたことをやってみたくらいにしか思えない。

とにかく彼女が危機的状況を判断するのにどれだけのプレッシャーを受け、多くの命を天秤に乗せながら判断したのかを監督はわかっていない。
それを・・・はっ、神のお告げで済ますのかい😞
彼女が「モーセ」と呼ばれたのは、そんな生死のギリギリの状況を強い心を持って奴隷の人々を解放にみちびいたからじゃないのか。

その大切なところを何で描かないのだろう。

僕にはちょっと理解不能です😧

この映画を見るならば、海外ドラマ「ルーツ」を見ることをお勧めします。
まったく題材がもったいないなぁ。
もしもケビン・コスナーが監督していたらもっと素晴らしい映画にしていただろうに・・・

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

Harriet [Blu-ray]

新品価格
¥1,891から
(2021/4/3 09:50時点)

Ipea ハリエット映画2クラシックファッションキャンバス絵画壁アートポスターHdプリントリビングルームの家の装飾(19.69X27.56インチ)50X70Cmフレームなし

新品価格
¥2,407から
(2021/4/3 09:51時点)

XTTYXF 大人のための1000個のパズル75X50Cmハリエット映画ポスター1000ジグソー

新品価格
¥3,800から
(2021/4/3 09:53時点)

Review of Movie
Hello.
This is Shinji.
This time I wrote a review of “Harriet”.
A biographical film by Harriet Tubman who contributed to the Abolition of slavery.

ハリエット

The director is Kasi Lemmons. My rating for this movie is 1.
It’s not a very good movie.
Harriet Tubman was named “Moses” after the Old Testament because of her work.
Therefore she is depicted as having a mysterious ability.
Predictive ability.
Harriet Tubman is not a precognitive person.
What is amazing about her is her “strong will” to release many slaves.
There must have been tremendous pressure there.
She escaped from the harsh pursuit and took many people along a long and harsh road.
She portrays it as if she had accomplished it with her mysterious abilities.
That is the worst point. I should have drawn her feelings more carefully.

「ロープ 戦場の生命線」の感想・レビュー(少しネタばれあり)

English🇬🇧
ロープロープ 戦場の生命線
☆☆☆☆
監督 フェルナンド・レオン・デ・アラノア
脚本 アーサー・ローレンツ
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
DVD オデッサ・エンタテインメント
時間 106分

こんにちは、ひさしぶりです。
しんじです。

今回は「ロープ 戦場の生命線」の感想・レビューを書きます。

この映画はスペイン版アカデミー賞である第30回ゴヤ賞にて脚色賞を受賞したそうですよ。

戦場における生命線と言える水をテーマにしたストーリーだそうです。

主演はベニチオ・デル・トロです。

これはかなり濃密な内容になりそうな予感!

期待が高まりながら観ます。PukuPukuMarine

あらすじ 感想

🥛あらすじ

場所:ユーゴスラビア紛争地のバルカン半島

村の井戸に投げ捨てられた巨漢の遺体

腐り始める1歩手前。

国際援助協力隊のマンブル(ベニチオ・デル・トロ)の隊は衛生上から遺体の引き上げを試みる。

巨漢の重さがロープを断ち切り作業は中止となる。

ロープ

紛争地、しかも田舎の村。

物資は乏しくロープなど見つかるものでもなかった。

商店にて見つけても宗教上、しかも外国人に売ろうとしない店主。

そのうえ国連からは「遺体のある井戸は管轄外であり地雷の危険性」から援助隊の活動を認めないという達しまで下りてきてしまう。

マンブルは国連本部で紛争地分析官カティヤと久々の再開。

ロープ

カティヤは援助隊に同行するが、彼女はマンブルの元恋人(元愛人)であった。

わだかまりのある2人。

さて、ロープは見つかるのだろうか。

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ロープ 戦場の生命線(字幕版)

新品価格
(2021/2/17 06:05時点)

あらすじ 感想

⛲感想

夏の疲れか、コロナの疲れか・・・いつもに増して眠い日々。

この映画106分を見終えるのに3日を要してしまった。

つまりは眠ったくなるような内容🥱だってことです。

この映画、レビューサイトでは結構な高評価なんですよね。

なんでだろう❓

まぁ、観た感想としては、「なるほど、ローカルな映画祭好みな作品だわ。」って思いました。

自分はやっぱりローカルな映画祭の受賞作品って合わないんだな。って改めて思った。

期待していたのはこんなんじゃないんですよ。

もっともっと理不尽なところをクローズアップしてほしかった📢

それなのに紛争地の少年の心情主人公と元恋人の痴話喧嘩などに時間を割く始末🕙とくに痴話喧嘩は後半の映画としてはクライマックス手前の大切な時間帯に長ったらしく時間を使ってしまう。

「あの時、あなたは嘘ついた。」だの「(恋人と別れろなど)誰が頼んだ。俺が言ったか?」など、はっきり言って『どーでもいい話!』に終始する。

本当に詰まらんわ

ようやくクライマックスに井戸から引き上げる話に戻る。

そして役立たずの国連が登場して作業の中止を要請されるのだ。

ロープ

あれだけ苦労して見つけたロープはあっさりとナイフで切られて、巨漢は再び井戸にダイブ!

これです。

このただ遺体を引き上げるだけの作業に突きつけてくる理不尽。

ここをもっとフューチャーしてほしかった。

この理不尽をめぐるストーリーにしてほしかった。

期待を裏切られた退屈なストーリーに眠らされること4回。

ということでおまけのひとつです。

ベニチオ・デル・トロはいつもとは違う感じの飄々とした男を演じていて新鮮でした。

ロープ

ティム・ロビンス良い感じの年の取り方しましたね

ひょろくさい男から頼りがいのある男になりました。

秋の夜長に観る映画にしては眠りを誘うのであまりお勧めでないです。

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ロープ 戦場の生命線(字幕版)

新品価格
(2021/2/17 06:05時点)

ロープ 戦場の生命線 [DVD]

新品価格
¥3,376から
(2021/2/17 06:06時点)

ブロマイド写真★ベニチオ・デル・トロ/白黒

新品価格
¥950から
(2021/2/17 06:07時点)

Review of movies

Hello.

This is Sinji

This time I wrote a review of “A Perfect Day” which won “Mejor guión adapt ad” at “Premios Goya”.

Starring Benicio del Toro.

It was very interesting to see what kind of man he would play.

But the story of this movie was very boring to me.

I wanted you to get a closer look at “unreasonableness on the battlefield.”

However, the movie spends time on the crappy “lover’s quarrel”.

“Unreasonable” pointed to by “UN”

ロープ

I was expecting a story centered around “unreasonableness on the battlefield.”

I didze off four times before I finished watching all the movies.