「ゲット・アウト」の感想・レビュー(ネタばれ有り)

ゲット・アウト

〇English🇬🇧

ゲットアウトゲット・アウト
★★☆彡☆☆
監督 ジョーダン・ピール
脚本 ジェイソン・ブラム
配給 東宝東和
上映時間 103分

こんにちは、しんじです😯

今回はホラー映画の「ゲット・アウト」です。
この作品はホラー映画でありながら日本ではコメディ映画祭にて初上映されたらしいです。
たぶん主人公の友達ロッドの会話にコメディ要素があるからかな?🤔
僕にはまったくのホラー映画でしたけど・・

世間の評価は高いので期待して観ました。

PukuPukuMarine

あらすじ 感想

😈ストーリー

クリスは黒人男性、ローズは白人女性のカップル。
付き合って4カ月。

ローズはクリスの実家に誘う。

クリス、一抹の不安。

うちは差別主義者じゃないよ。そうなら実家に招いたりしない。

クリスはこのことを運輸保安庁に努めるロッドに相談すると・・・
ゲット・アウト

「ろくな目に合わないから、やめておけ」と忠告を受ける。

ゲット・アウト

ローズの実家につくと両親は快く迎えてくれた。

だが、家の下仕事をしているのが黒人であることに違和感を覚える。

翌日、ローズ家の昔からのパーティが開かれる。

クリスは落ち着かない思いで夜を過ごす。

夜中に外にタバコを吸いに行こうと部屋をでるとローズの母「ミッシー」に催眠術を掛けられてしまう。

ゲット・アウト

パーティーが開催、参加者たちはある程度の成功を収めた白人。

その白人の中に混じる一人の黒人男性ローガンにクリスが話しかけると、どこかで見た時ある顔だった。

ゲット・アウト

その男の写真をロッドのスマホに送信すると、昔ちょっとした知り合いだったアンドレ・ヘイワーズというミュージシャンだった。

まるで昔とは違うアンドレが名前を変えて年増の白人女の亭主であることに訝しいいぶかしい思いに駆られるクリス。

クリスがパーティーを後にすると、突如とクリスに対するオークションが行われた。

ゲット・アウト

全てのことが腑に落ちないクリスは一度家に帰ろうと荷造りをすると、偶然ローズの過去の写真を見つけてしまう。

そこには庭で働く下働きのウォルターとのツーショット写真。

ゲット・アウト

さらに多数の黒人男性とのツーショット写真があった。

自分は罠にはめられたと理解したクリス。

クリスが家を出ていこうとすると本性を現したアーミテージ家。

ミッシーの合図によりクリスの身体は硬直。

再び催眠術にかかり地下に閉じ込められてしまう。

ゲット・アウト

椅子に拘束されるクリス。

アーミテージ家の目的とは。

ただの人身売買なのか?

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ゲット・アウト(字幕版)

新品価格
(2021/2/12 05:46時点)

あらすじ 感想

😈感想

う~ん。

ちょっと世間評価高すぎないですかね??

たぶんこの映画はブラックとホワイトの間の差別問題に関係しているからアメリカでは注目されたのかもしれませんね。

でも僕は日本人なので純粋にひとつの映画としてみることができました。

そんなに素晴らしいアイデアがある映画とは思えませんでした。

ストーリーもありきたりのホラーです。

恋人を装って狩りをする。
これに似たアイデアは、ニコラス・ケイジの「ウィッカーマン」で既に見ています。

ゲット・アウト

それにこの映画で絶対に欠かせない2つの要素。

催眠術&高度脳外科手術

催眠術は眉唾物だし、田舎町の脳外科医が脳移植するなどという高度外科手術ができますかね?

しかもたいして最新設備などない自宅で・・・
ゲット・アウト

こんな信憑性がない要素が土台となっている映画で観終わった後に恐怖など残りません。

下手すりゃ「何なの?この映画?」

ニコラス・ケイジの「ウィッカーマン」では男が儀式のための生贄に捧げられる設定でしたが、まだこっちのほうが千歩ゆずって説得力はあるかもね。

まぁ、「ウィッカーマン」は僕の中で不動の「なんだこりゃ映画」ですがね。

それなりにハラハラする場面もあったり、友達のロッドが笑わせてくれたので、★2.5ですね。

ゲット・アウト

この評価は世間の評判でハードルが上がった分の厳しい評価です。

あなたが世間の評判とは裏腹な評価な映画ありますか?

コメントお待ちしています。

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

ゲット・アウト [Blu-ray]

新品価格
¥980から
(2021/2/12 05:47時点)

【映画パンフレット】 ゲット・アウト 監督 ジョーダン・ピール 

中古価格
¥1,449から
(2021/2/12 05:48時点)

ゲット・アウト映画キャラクターカバー絵画キャンバス壁アートポスター50x70cmフレームなし

新品価格
¥2,574から
(2021/2/12 05:49時点)

Review of movie

Hello.
This is shinji😯
This time I wrote a review of “Get Out”.

📝Outline of this article


Good point
🔶Daniel Kaluuya
🔶Chris’ friend ‘Rod’ is pleasant
ゲット・アウト

🔶Creepy atmosphere


Bad point
🔷idea
🔷The story has no persuasive power
🔷Story development is bad
🔷I got sleepy on the way.😪


 

投稿者: emo-shinji

東京中野区でPukuPukuMarinというDiving serviceをしています。 PADIのMasterScubaDiverTrainerというインストラクターです。 EFRの救急救命のインストラクターでもあります。 ずーっと伊豆を中心に潜っています。初島と西伊豆の黄金崎を得意としています。ダイビングと映画で満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。