「ザ・ダイバー」の感想・レビュー(ネタばれ有り)

ザ・ダイバー

English🇬🇧ザ・ダイバーザ・ダイバー(MEN OF HONOR)
★★★★★プラス★☆彡
監督 ジョージ・ティルマン・ジュニア
脚本 スコット・マーシャル・スミス
配給 20世紀フォックス
DVD 20世紀フォックスホームエンターテイメント
上映時間 129分

こんにちは、しんじです

今回はキューバ・グッディング・jrロバート・デニーロが主演の「ザ・ダイバー」の感想を書きます。

このサイトのいたるところに書いてある通り、僕はPADIのマスター・スキューバ・ダイバー・トレーナー(MSDT)というダイビングインストラクターです。

そういうこともあり「ダイバー」とか「ダイビング」と「海」とかいう単語を映画に発見すると異常なほど反応します(笑)

この映画も例外なく反応し、僕のDVDコレクションのひとつになっています。

僕がインストラクターをしているダイビングはレクリエーションダイビングで、このレクリエーションダイビングはアメリカ海軍(USネイビー)のダイビング理論を基に減圧室に入らなくても大丈夫な限界内でダイビングを楽しもうってものなんです。

この映画に登場するダイバーはヘルメットのような器材を着込んで地上から空気を送り込むダイビングします。

そんなUSネイビーのダイバーの歴史で初の黒人マスターダイバーになった「カール・ブラシア」の実話に基づく物語です。PukuPukuMarine

あらすじ 感想

🐬ストーリー

ザ・ダイバー

アフリカ系黒人の「カール」は小さい頃から水泳や潜ることが得意な少年で、ダイバーになることにあこがれている少年だった。

そんな彼が青年になるころの時代は黒人の事を「ニガー」と呼ぶように社会全体が差別主義的でした。

カールの父親は農夫。

白人の土地を耕す雇われ農夫だ。

ザ・ダイバー

父親は海軍へ入隊するカールを「もうここへは帰ってくるな。そして古いしきたりを打ち破れ。何があっても負けるな。」と送り出す。

未来を夢見るカールに現実は艦艇のコックという職業を与えた。

そう、当時の海軍で黒人は世話係かコックの2択しかない時代だった。

その艦艇でヘリコプター事故が起きた。

ザ・ダイバー

救助に潜水士「ビリー・サンデー」が向かった。

彼の勇敢な行動に目を輝かせるカール。

しかしビリーはその救助中のアクシデントの為、肺を損傷し2度と潜水できない体になってしまった。

ザ・ダイバー

その2年後、カールは何とか潜水士訓練所へ入所をすることができた。

そこでカールの訓練をする教官は、なんとあのビリーであった。

だが、当時は差別的な社会、訓練生からの差別、さらにあのビリーも個人的な理由もあり黒人を敵視していたのだ。

ザ・ダイバー

カールに与えられる訓練はほかの訓練生と平等なものではなかった。

言葉でのいじめ、夜中に起こされて痛めつけられることもあった。

だが、カールは父親との約束と自分の信念を信じ不屈の精神で困難に立ち向かう。

彼は全てのカリキュラムが終わるころにはトップの成績を残していた。

ザ・ダイバー

だが、訓練所の所長(通称Mr.パピー)は、これをよしとしなかった。

卒業試験にてカールの試験の妨害を命ぜられたビリー。

配管組み立て試験」でカールの道具や部品だけ海の中にばらまいてしまう。

ザ・ダイバー

海中のカールは唖然としながらもその部品や工具を一つ一つ見つけ、組み立てていく。

所長は「カールの命が尽きても構わない、奴を海からエキジットさせるな」とビリーに命じる。

だが、カールは不屈の精神で全て組み上げてしまった

組み立て時間は約9時間

凍えるような水温の中。

ザ・ダイバー

彼のその不屈の精神は他の訓練生の心をもうった。

そしてビリーに「合格」の言葉を言わしめた。

ザ・ダイバー

その後、ビリーは左遷され階級も特務曹長から二等兵曹にまで降格

酒に溺れ生活は荒れ果てていた。

カールは潜水士としての仕事を順調に続けていた。

だがある日、積み荷のアクシデントが起き、ロープの留め金が猛スピードでカールの左足を直撃。

ザ・ダイバー

足は脛から90度に折れてしまった。

カールはダメな足なら切り捨て義足をつけてでも現役を続けたい志願する。

だが、それを叶えるためには、職務を全うできることを証明しなければならない。

ザ・ダイバー

片足で歩行すらままならない彼の前に現れたのは、あのビリー・サンデーだった。

俺が力になってやる。

カールの第二の厳しい訓練が始まる。

ザ・ダイバー

あらすじ 感想

🐋感想

感動ものです。

いや、もう最高に泣けるぜ😭

胸が熱くなる♨

ビリー・サンデーは凄いダイバーなのだが、本当にダメなやつなんですよ。

差別はするは暴力は振るうわ。

そんな中、カールの心の強さは異常です。

彼の持ち合わせた不屈の精神がなければ成しえなかったでしょう。

ビリーの野郎はカールの父親から譲り受けた大切なラジオ(ASNFの文字付)まで投げ壊すし!!

でもね、カールの不屈の精神に感服したビリーが、後で直したんでしょうね。

ザ・ダイバー

そして(A SON NEVER FORGETS)と書き加えられているというね・・・

そのビリーがカールの前にもう一度現れるなんて感激です。

そして海軍人事局で超重い最新式の潜水服(100kgくらい)を着て歩くとき、「ああ、もうダメかも・・・」って時にビリーったらあんな台詞いうなんて・・・
ザ・ダイバー

かつて彼が訓練所でカールら新米訓練生達に飛ばした檄(台詞)をカールに言い放つんですよ。

もう胸が熱くなるわ目がしら熱くなるわで大変でした😭

デニーロってすごい映画にも出るけど、なんでこんな映画にも出るのってこともあります。

この映画のデニーロは素晴らしかったです。

いつもの苦い顔やら憎ったらしい顔やら情けない顔やら。

やっぱりデニーロっていいですよね。

ザ・ダイバー
そう実際のカール・ブラシアはこの試練のあと現役復帰して、その2年後に「マスターダイバー」という最高峰にまで上り詰め、その後9年間現役活動しいていたらしいですよ。

すごいですね。

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

ザ・ダイバー [Blu-ray]

中古価格
¥4,150から
(2021/2/11 15:18時点)

ザ・ダイバー〈特別編〉 [DVD]

新品価格
¥5,000から
(2021/2/11 15:19時点)

映画パンフレット 「ザ・ダイバー」 出演ロバート・デ・ニーロ、キューバ・グッティングJr.

中古価格
¥1から
(2021/2/11 15:20時点)

Review of movies
Hello.

This is shinji

This time I wrote a review of the movie “Men of Honor” depicting half-life of the actual US navy’s first black master diver “Carl Brashea”.

It is a very wonderful movie.👏

Outline of this article


Good point
story
Acting of Robert De Niro
This movie honors the real “Carl Braşa” feat.
ザ・ダイバー

The scene where “Billy Sunday” carries out hard training again to Karl is very beautiful.
ザ・ダイバー


Bad point
None


👍I was moved by tears in this movie.😭👏👏👏
✨It is a wonderful movie.✨✨✨

投稿者: emo-shinji

東京中野区でPukuPukuMarinというDiving serviceをしています。 PADIのMasterScubaDiverTrainerというインストラクターです。 EFRの救急救命のインストラクターでもあります。 ずーっと伊豆を中心に潜っています。初島と西伊豆の黄金崎を得意としています。ダイビングと映画で満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。