「カットバンク」の感想・レビュー(ネタばれあり)

カットバンク

English🇬🇧

カットバンクカットバンク
★★☆☆☆
監督 マット・シャックマン
脚本 ロベルト・パティーノ
配給 日本劇場未公開
DVD TCエンタテインメント
上映時間 93分

こんにちは、しんじです。

今日は2014年に公開された「カットバンク」の感想を書きますね。

この映画は日本未公開作品のアメリカ映画です。

監督のマット・シャックマンは主に海外ドラマの監督をやっているようですね。

この映画公開の2014年にはTVドラマ版「ファーゴ」の監督をしていました。

僕はTSUTAYAでこのパッケージに書かれている「予測不能」の文字が気になって、いつか観るリストの中に入れていました。PukuPukuMarine

あらすじ 感想

あらすじ

アメリカでもっとも寒い町「カットバンク」

町は昔からのなじみの人々で、高齢化が進む町には目新しく刺激的なものなど何もない。

誰かが何かをしていればそれは自然と噂になるような田舎町だ。

ドウェイン・マクラレン(リアム・ヘムズワース)は恋人のカサンドラ(テリーサ・パーマー)と一緒にこの田舎町「カットバンク」を出ることを夢見る。

カットバンク

だが、ドウェインの現実は介護が必要な父の世話をしなければならない、まとまったお金はない、表現しがたい町の何かに縛られている

ある日、一面に花が咲きほこる麦畑をバックにカサンドラをビデオ撮影していると、その背後で起こった射殺事件をビデオに収めてしまった。

カットバンク

殺されたのは町の郵便配達員ジョージー・ウィッツらしい。

この映像は射殺事件の証拠となる。

警察に提供すれば多額の報奨金がもらえるのだ。

その額 10万ドル。

カットバンク

ドウェインはこの金をつかみ、カサンドラを連れて都会に移り住むことを思案する。

だが、この郵便配達員の射殺事件により、その日、街に届くはずの郵便物が町には届かなかった。

どうしてもその配達物が必要だったのだ!

このダービー・ミルトン(マイケル・スタールバーグ)には。

カットバンク

街の変人ダービー・ミルトンは配達物のありかを求め事件に関わる人物に忍び寄る。

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)カットバンク(字幕版)

新品価格
(2021/2/14 02:59時点)

あらすじ 感想

感想

モンタナ州にある田舎町カットバンクは高齢化が進み、何かがあれば噂になる。

そんな田舎町を離れたい鬱蒼とする若者の気持ちを強調するかのように、映画は終始、どこか暗い雰囲気を醸し出すように描かれています。

僕にはそれが凄く合わなかった

ただでさえ暗い主人公なのに周りの人々や背景も暗いのは勘弁。

ドウェインがくそったれのように思う町で開催される「ミス・カットイン」
優勝を目指して頑張るカサンドラもどこか凄くこっけいに映る。

なんか表現方法間違えているように思うんだけどね。

カットバンク

ダービー・ミルトンは見るからに暗い変人。

カットバンク

このダービー・ミルトンが意外性もなく事件を巻き起こしていく。

あれ?

パッケージの「予測不能!」は?

カットバンク

パッケージ文句とは裏腹に、映画は予測通り事件が順次起こっていきます。

う~ん・・・まったく楽しめなかった・・・

主人公が暗く考えるなら、それとは対照的に田舎町に住む人々を逆にもっと明るく魅力的にするとか、嫌われ者のダービー・ミルトンが事件を解明するとかにしたほうが、よっぽど面白かったと思うよ。

ラストだって保安官が裏工作するのなら、ダービーが裏工作して、最終的にドウェインとダービーに奇妙な友情を持たせるとか、そういうストーリーにしたほうが面白いと思うよ。

ちょうど町を嫌う者と町に嫌われる者の友情なんて興味深いしさ。

意外性ってそういうのじゃないかな?

まぁまぁ、ただ単にパッケージに騙されただけなんですけどね

それぞれの登場人物のバックストーリーも取ってつけたようで魅力ないし、スリラーとしてのハラハラドキドキもない。

ずーっと暗いテンションだし・・・

この映画、劇場未公開は正解です。

面白くないサスペンス・スリラー映画でした。

残念

そうそう、ダービー・ミルトン役のマイケル・スタールバーグはホアキン・フェニックスに似ていますよね。

カットバンク

フェニックスファミリーのひとりなのかと思っちゃいました。

あらすじ 感想
僕の映画感想、他のタイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

カットバンク [DVD]

新品価格
¥3,314から
(2021/2/14 02:57時点)

N/C ジグソーパズル1000ピース大人の子供のジグソーパズルジグソーパズルフラットヘッド国有林ジグソーパズルモンタナ州の湖の上

新品価格
¥3,727から
(2021/2/14 02:58時点)

Review of Movie

Hello.

This is Shinji.

This time I wrote a review of the unreleased movie “Cut Bank” at Nippon Theater.

I didn’t know that “Cut Bank” was the name of the town.

This movie was released in 2014.

Director Matt Shakman also directs the TV drama “Fargo”.

Summary of this article


Good point
I think the scene of the wheat field that triggered the incident is good.カットバンク


Bad point

I didn’t suspense.

The atmosphere of the movie is dark from beginning to end.

There is no surprise in the story development.

The characters are unattractive.


I wasn’t at all interesting as a suspense thriller movie.

投稿者: emo-shinji

東京中野区でPukuPukuMarinというDiving serviceをしています。 PADIのMasterScubaDiverTrainerというインストラクターです。 EFRの救急救命のインストラクターでもあります。 ずーっと伊豆を中心に潜っています。初島と西伊豆の黄金崎を得意としています。ダイビングと映画で満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です