ショッキングホラー「ミラーズ」の感想・レビュー(ネタばれ有り)

ミラーズ

English🇬🇧

ミラーズミラーズ
★★★☆彡
監督・脚本 アレクサンドル・アジャ 
配給 20世紀フォックス
DVD 20世紀フォックス ホームエンターテイメント
上映時間 110分

こんにちは、しんじです

今回はジャック・バウアーの、いや、キーファー・サザーランド主演ミラーズ」の感想を書きます。

この映画は2008年のアメリカ映画です。

2008年と言えば、「24」もまだまだ人気が高く、キーファー・サザーランドも乗りに乗っていた頃です。

アクション映画で大きな新境地をつくったキーファー・サザーランドがホラー映画に主演するのは意外でしたPukuPukuMarine

あらすじ 感想

🛁あらすじ

ベン・カーソン(キーファー・サザーランド)は停職中の刑事だ。

彼は銃の誤射にて人を死なせてしまった。

その罪の意思に心を悩ませ酒に溺れ自分を見失い、彼のもとから家族も去って行ってしまった。

だが、彼は刑事への復帰を願い、今は警備の仕事をすることなった。

彼が警備するのは、かつては華やかで煌びやかだったデパートの残骸。

ミラーズ

大きな火災で多くの従業員や客が死に、その裁判の証拠として長年取り壊されずに保管扱いされている物件だ。

配属されたその日からベンはデパートの鏡の異常に気付く。

手の跡があるのだ。

ミラーズ

それは鏡の中からの手跡だ。

その鏡の減少は日増しに異常さを増す。

ベンは勤務外で街にいるときにも鏡から見られている気配を感じる。

そして狂気を感じさせるその視線は、ついにベンのたったひとりの妹を標的にする。

ミラーズ

あまりにも残酷な遺体と対面したベンは、怒りの赴くままデパートの鏡をぶち壊そうとする。

だが、鏡は自己修復する。

そして鏡に「エシカー」という文字が刻まれる。

ミラーズ

「エシカー」を見つけなければ、次に殺されるのは、妻と子供だ。

ベンは署にいる同僚の協力を得てエシカーの捜査を始める。

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)Mirrors (字幕版)

あらすじ 感想

🪑感想

この映画はかなりトラウマ級です

とにかく痛々しく殺されるその場面は目を覆いたくなります🙈

ベンの大切なが残忍に殺される場面はかなりショッキングですので観る人は注意が必要です。

ミラーズ

ああ、やっぱりR15の規制がはいってましたね(当然!

今回の視聴でも僕は目を覆いながら隙間から覗く感じで観ましたよ。

何度見ても痛々しい

ストーリー展開としては、この妹の死からベンの捜査が本格的になります。

ミラーズ

それまでも普通ならすぐに一目散で逃げていくくらいの怪奇現象の数々堪えているベン。

誤射事件で疲弊しているはずだが、そのメンタル、十分タフだぜ

意外だったのは、警察がベンを殺人容疑者としなかったこと。

逆に署にいる同僚がベンの捜査に目一杯協力してくれているのだ。

ミラーズ

でもそのおかげで変なイライラしなくてよかった

鏡が刻んだ「エシカー」探しをするわけです。

この辺からだんだんと「24」臭が増してきます。

24

海外ドラマ「24」

情報が欲しい時は署に電話して情報をもらう。

クロエ、情報をくれ。」という声が聞こえてきそうだ。

そして「エシカー」を見つける。

修道院の尼さんだ。

彼女を鏡の前に連れていけば、家族を守ることができる。

拒否をするエシカー

ここで当然、ジャック・バウアーしかり、拳銃片手に否応なく、家族を守るためならエシカーの意思など関係ない!

ミラーズ

強引にエシカーを連れていくのだ。

この一言でいつも済ませる神の言葉

「すまない。と思っている。」

って声が聞こえたような・・・

そしてエシカーを鏡に連れて行ってからは、実体化した悪霊と闘うわけだが、この戦闘からは完全に「24」です。

映像の感じが「24」っぽいのだ。

ミラーズ

ここまで「24」化すると、逆に潔さまで感じてしまう。
かなり楽しめます

この映画、僕が好きな謎解き要素もあるし僕はかなり気に入りました

ただ、これはホラー映画の「あるある」なのだけど、鏡にいる悪霊はかなり無敵だった。

だって鏡に映る姿に危害を加えれば、それが現実の世界でも起こるのだからね。

どこへでも移動はできるし、鏡の中だから全然攻撃のダメージはない。

最強です。

ところが、なぜか実体化するんですよね。

その途端に物理的攻撃が有効になってしまうというね。

ミラーズ

炎にも巻かれて苦しむ始末。

おいおい、レベルダウンだよ。ミラーズ

なんで最強の悪霊は実体化したがるのでしょうね。。。わからん。

ミラーズ

あんなに狂気じみた悪霊なんだから鏡の中でやりたい放題なはずなんだけどな。

そして問題のラスト

ここは絶望感を与える場面・・・のはずなんだけどなぁ

僕はこう思いました。

あれ?普通に暮らせんじゃね?

あそこは悪霊がいた場所なんでしょ?

ちょっと設定まちがえてないですかね?

地獄の1丁目くらいの荒廃とした風景じゃないとダメじゃないのかな

エシカーを秘密の部屋まで連れていくまでは良かったけど、そのあとの詰めが少し甘くなってしまった印象が否めない。

ちょっぴり惜しかった

結構トラウマ級なショッキング映像なので観る人を選ぶかもしれませんが、僕はなかなか楽しめるホラー映画で、これで3回目の観賞となります

たしか「ミラーズ2」も作られたはず。

今度それを観て感想書きますね。

ミラーズ2

東京はそろそろお盆の季節になります。

ということでホラー映画を楽しみたい方には満足いく映画だと思いますので、お勧めですよ

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ミラーズ (字幕版)

新品価格
(2021/2/18 16:28時点)

ミラーズ <完全版> [Blu-ray]

新品価格
¥9,200から
(2021/2/18 16:28時点)

映画パンフレット★『ミラーズ』/キーファー・サザーランド、ポーラ・パットン、エイミー・スマート

中古価格
¥1から
(2021/2/18 16:42時点)

Review of Movies

Hello.

This is shinji.

This time I wrote a review of “Mirrors” starring Kiefer Sutherland.

At that time, Kiefer Sutherland starred in “24.”

ミラーズ

I was surprised that he would star in a horror movie.

This movie shows a pretty shocking scene.

Be careful not to become a trauma.

Summary of this article.


Good point
You can watch quite shocking images.
The search for “Esseker” made the movie interesting.
It is interesting that only evil spirits are locked in the mirror.
The image looks like “24”.


Bad point
When an evil spirit materializes, it becomes weak.
The last scene was not a shock.
 I thought, “I can live normally.”


 

投稿者: emo-shinji

東京中野区でPukuPukuMarinというDiving serviceをしています。 PADIのMasterScubaDiverTrainerというインストラクターです。 EFRの救急救命のインストラクターでもあります。 ずーっと伊豆を中心に潜っています。初島と西伊豆の黄金崎を得意としています。ダイビングと映画で満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です