「アイランド」の感想・レビュー(ネタばれあり)

アイランド

English🇬🇧

アイランド

アイランド
★★★★☆彡
監督 マイケル・ベイ
脚本 カスピアン・トレッドウェル=オーウェン
配給 ワーナー・ブラザース
DVD ワーナー・ホームビデオ
上映時間 136分

こんにちは、しんじです

今回はマイケル・ベイ監督、ユアン・マクレガー主演「アイランド」の感想を書きます。

この映画は2005年公開作品です。

今から15年も前になるのですね。

結構、好きな映画で手放してしまいましたが、DVDも持っていましたよ。PukuPukuMarine

あらすじ 感想

🗾あらすじ

「リンカーン」(ユアン・マクレガー)は、いつ頃からか、この漫然とした毎日に疑問をいだいていた。

決められた白い服・白い靴、食事や仕事も与えられたものを食べ行う毎日。

アイランド

そこに意義というものが感じられず、わずかに憤りさえ感じていた。

リンカーンの息抜きと言えば、規則をやぶり立ち入り禁止区域の臨時職員「マック」(スティーブ・ブシェミ)と話すこと、格闘ゲームでストレスを発散することだ。

手ごわい相手は今日も「ジョーダン」(スカーレット・ヨハンソン)だ。

アイランド

リンカーンは問う。

「汚染のない場所アイランドに行くという目的以外、ここの生活の意義ってなんなのか?」

地球は汚染され、一部の人類以外は絶滅、だが唯一汚染されていない「アイランド」が存在する。

この居住地では、定期的に当選されたものだけがアイランド行の切符を手にすることができる。

リンカーンはいつものように立ち入り禁止区域に足を踏み入れると、1匹の蛾をみつける。

アイランド

地球上の生物は絶滅しているはずなのに・・・

疑問が疑問を呼び、答えを求めて彼は他の立ち入り禁止区域へ入り込む。

そこで見たものは、職員に薬殺される住人、臓器を抜き取られそうになり暴れまわる住人だった。

アイランド

それは当選してアイランドへ行った人たちだった・・・

アイランド行きの切符は死への切符だ。

アイランド行きに当選したジョーダンを連れ、リンカーンは施設からの脱出を試みる。

その途中、「人間が大量生産される工程」を見てしまった2人。

アイランド

職員の銃撃をかいくぐり命からがら脱出をした2人が見たものは、生物が生き、バイクが走る世界だった。

アイランド

全てが嘘だった・・・

2人は施設で唯一信用できる職員マックのもとを訪ねる。

アイランド

そして、施設の本当の目的を聞かされる。

施設の運営者バーナード博士(ショーン・ビーン)は傭兵部隊を雇い、2人の拘束、もしくは殺害を命令する。

アイランド

あらすじ 感想

🌏感想

やっぱり面白い映画ですね

この映画の題材自体は、今や、使い古されているのですが、15年前はクローン技術による家畜の生産など、倫理的問題が取りざたされていた時代です🐑(ま、今もそうですが・・・)

そういう意味でも時代背景を映し出す興味深い映画です。

物語は凄くシンプルで2人の逃走劇です。

しかい、監督はマイケル・ベイ

そりゃ~派手な逃走劇になりますよ。

道路では何台もの車が派手に大破、高層ビルからでっかい看板ごと落下するなど、すごい状態です

アイランド

実際、生きちゃいられねーだろ状態☠のアクション連続。

だけど、マイケル・ベイなので許そう👌

この監督の映画は「トランスフォーマー」しかり、とにかく派手派手なので監督の好き嫌いで評価も変わっちゃいますね
アイランド


余談
最近のマイケル・ベイの映画はちょっと音が嫌いです。
新しいものを取り入れ、派手にするのはいいのですが、あの「トランスフォーマー」でも多用され、後に他のSF映画でも多用されるようになった低重音の「ブゥォォオオン」って音が私は嫌いです。


この映画で、僕が好きな場面が2つありました。

リンカーンとジョーダンが施設を脱出

この場面で、2人が知らない世界が広がっている様子を、この目が回りそうなシーンで描いています

アイランド

凄く印象的な場面だと思いました。

外の世界へ

ラストの方で施設の空調のための巨大なファンがド派手に壊れて、施設の壁をぶっ壊すシーンもお気に入りです

アイランド

今までの閉鎖された世界の壁をぶち破ったことを文字通りド派手に描いています。

この映画で唯一「なんでなの?」って思われる要素は、傭兵部隊リーダーの心変わりかもしれませんね。

アイランド

戦争っていうのはビジネスだ。」

あのセリフをわざわざ言った意味は「れを差し置いても許しがたいことがある。」という裏返しだったのでしょう。

人間以下の烙印。

アイランド

それだけが理由なのでしょうね。

主役のユアン・マクレガーの笑顔ってすごくいいですね

この映画でも何度か笑顔を披露してます。

ユアン・マクレガー

すごく明るい笑顔ですね😁

彼のハリウッドでの活躍はもっとみたいのですが、ちょっと想像以下です。

残念

最近では「トレインスポッティング2」くらいですもんね。

アイランド

それとは逆にスカーレット・ヨハンソンバリバリに活躍してますね。

この映画に出ていた時はほとんど無名でした。

アイランド

でも15年前と今もあまり変わらないですよね。

美貌をこのまま維持してほしいです

僕の好きな俳優ショーン・ビーン。

今回は博士です。

このまま大人しい役柄なのかと思ったら、やはり戦闘に参加します。

アイランド

やはり博士というより戦士・・・

シンプルなストーリー、派手なアクション、ハラハラドキドキ、このバランスが凄く丁度いい映画になっています👌

136分あっという間に過ぎるくらい面白い映画です。

お勧めですよ

あらすじ 感想

いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ

関連商品

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)アイランド (字幕版)

新品価格
(2021/2/14 11:13時点)

アイランド (The Island) [Blu-ray]

新品価格
¥973から
(2021/2/14 11:14時点)

映画パンフレット「THE ISLAND アイランド」平成17年発行 [パンフレット]

中古価格
¥1から
(2021/2/14 11:14時点)

映画B2ポスター アイランド ユアンマクレガー

Review of movies

Hello.

This is Shinji.

This time, I wrote a review of The Island, starring Michael Bay and starring Ewan McGregor.

This movie was released in 2005.

It is a movie featuring “Ethical Issues of Clones”.

This movie has become a very fancy action movie.

It is characteristic of Michael Bay.

Summary of this article.


Good point
Fancy action
Simple story
thrill
The balance of this element is very good.
Ewan McGregor’s smile
アイランド

Sean Bean’s presence.
アイランド

This movie is a running time of 137 minutes, but I had so much fun I forgot about the time.


Bad point
None


It is a movie 15 years ago.

アイランド

Scarlett Johansson is still beautiful.

great.

投稿者: emo-shinji

東京中野区でPukuPukuMarinというDiving serviceをしています。 PADIのMasterScubaDiverTrainerというインストラクターです。 EFRの救急救命のインストラクターでもあります。 ずーっと伊豆を中心に潜っています。初島と西伊豆の黄金崎を得意としています。ダイビングと映画で満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。