「海底47m」の感想・レビュー(ネタばれ有り)

海底47m

English🇬🇧

海底47m海底47m
★★★☆☆
監督・脚本 ヨハネス・ロバーツ
配給 ギャガ・プラス
DVD ギャガ
上映時間 90分

こんにちは、しんじです

今回は海中サバイバル映画「海底47m

題名みただけでどんな映画かがわかってしまいますね。

プロダイバーの僕のフィールドの映画だけど、楽しめるかな・・・PukuPukuMarine

あらすじ 感想

🐟ストーリー

ケイトリサはメキシコに観光旅行。

旅先で知り合った男性に促されるままケージ・ダイビングをすることになる。

海底47m

ケイトとリサはケージに入り水深5mで回遊魚やサメを楽しんでいた。

海底47m

途中でリサが不安になりダイビングを終わらせようとしたところ、ケーブルのトラブルで水深47mまで急降下してしまう。

海底47m

海底47mでは通信が届かず、ケージの外にはサメがいる。

タンクの残りはすでに半分以下。

ダイビング経験のあるケイトはケージの外に出て何とか通信の届く40mまで浮上してみる。

海底47m

船からの指示は「外はサメがいて危険だ。ケージ内に戻るんだ。救助を待て。

やがてタンクの空気も底をつき始める。

この危機的状況でケイトとリサは生還できるのであろうか。

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)海底47m(字幕版)

新品価格
(2021/2/9 20:11時点)

あらすじ 感想

🐋感想

僕はプロダイバーです。

その為、一般の感想よりもっとシビアな目で観てしまいます。

まずはダイバーの知識がない感覚で書きます。

とっても怖いです😱

水深47mなんて普通の人が潜れる深さじゃないですもんね。

そんなところに沈んでいくことを想像するだけで絶望的危機です。

しかもサメもウヨウヨいるし、空気が持つかどうかもわからない。

映画ではケイトが何度か通信の届く40m付近まで浮上。

1回目の残圧が50(満タンの1/4)を指している。

上からは「危ないからゲージに戻るんだ。」の繰り返しだし。

そのうち助けに来たダイバーはサメにやられちゃうし・・・

何とか新たなワイヤーをつないでようやく20mまで引き上げたかと思ったら、ワイヤーがブチ切れるという失態!

そして真っ逆さまにカゴが落ちていく

海底47m

またかい!と失笑してしまいました。

ここにきてそんな切れるようなワイヤーなの??(呆)

しかも状況はさらに悪くなりリサの足は砂とカゴに挟まれちゃうし・・・

いよいよ空気の残りも底をつき始めそうになることを伝えると、

実は新しいタンクを下ろさなかったのには理由がある。窒素酔いになってしまうからだ。

そして新しいタンクを降ろしてくれます。

海底47m

💢💢💢💢

出来るんなら最初からしろやっ!!って思うはずです。

もうね!いい加減にしなさいよ。上の船の人たち!
💢💢💢💢

ついにケイトが重傷を負って、やぶれかぶれの浮上。

海底47m

サメに囲まれる。

2人からは出血が続く絶体絶命

水面にたどりつくと船からは

早く泳いで来い!

海底47m

なに!?泳いで来い。だって?

てめーらが船で来いよ!とイライラ💢

何度かサメに思い切り足を噛みつかれながらも船にたどり着き、それでも海に引きずり込まれては逃れ救出されました。

海底47m

これぞアドレナリンによる効果かかな!

リサが虚ろな表情で傷の手当をしてもらうと、何やら怪しい雰囲気。

海底47m

あれれ?また海底の場面に戻る。

虚ろな表情で幻覚をみています。

これが窒素酔いか??

ってことは夢落ちじゃん!😱

そこから沿岸救助隊に助けられリサだけ助かった。

海底47m

かなりスッキリしない気分で観終わった人が多いのでは?

でも、まぁハラハラもかなりあったので★★★くらいはつけれるのでしょうか?

ここからはプロダイバーの意見ですが、実際はもっと危機的状況です。

映画は結構楽観的に見えました。

まずダイバーならわかりますが水深5mくらいから水深47mに急落下したら耳が壊れます。

鼓膜が破れ内耳にも深刻なダメージを受けるでしょう。

この痛さは半端ないですよ。

そして三半規管にダメージがあるため、平衡感覚、いや上か下の感覚もなくなるかも。

エアーも映画よりももっと深刻な状況でしょう。

水深47mならすぐに無くなってしまいます。

だからどうしても上に浮上できない状況下なら、タンクをロープで降ろすことです。

窒素酔いは直接的な生死にはつながらないので、まずはエアーの確保でしょう。

それとリサがカゴからかなり離れますが、何の視標もなくコンパスも使用せず、あそこまで離れたらまず戻れないでしょう。

一応映画の中でも迷いますが、戻れることはないと思います。

海底47m

と現実を無暗にあてはめてしまうのは良くないのですが、もうちょっとダイバーが見ても納得できる映画にしてほしかった。

こういう映画をダイバーは興味津々に観ますので。
少し現実的でなかったので僕個人的な評価は★★くらいですね。
しかし窒素酔いであそこまで夢の世界に落ちるなんてあるのかしら??

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)海底47m(字幕版)

新品価格
(2021/2/9 20:13時点)

海底47m [Blu-ray]

新品価格
¥1,400から
(2021/2/9 20:12時点)

Review of movies

Hello.
This is shinji.
This time I write a review of the underwater survival movie “47 meters down”.
I am a professional diver, so I am very interested in it.

Outline of this article


Good point
The landscape with a depth of 5 m is beautiful.
scared


Bad point
Screen is dark
Screenplay for movies
Settings are bad


A movie that can be enjoyed fairly if you exclude details.👍👍

投稿者: emo-shinji

東京中野区でPukuPukuMarinというDiving serviceをしています。 PADIのMasterScubaDiverTrainerというインストラクターです。 EFRの救急救命のインストラクターでもあります。 ずーっと伊豆を中心に潜っています。初島と西伊豆の黄金崎を得意としています。ダイビングと映画で満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。