「ウインド・リバー」のレビュー・感想(極力ネタばれ無し)

ウインド・リバー

English🇬🇧

ウインド・リバーウィンド・リバー
★★★★★
監督・脚本 テイラー・シェリダン
配給 KADOKAWA
DVD Happinet
上映時間 107分

こんにちは、しんじです

今回はジェレミー・レナー、エリザベス・オルセン主演「ウインド・リバー」の感想を書きます。

この映画はAmazon Primeで観たのですが、まぁ、あらすじがざっくりで全てがめいたままで観始めました。

事件とともにウインド・リバーの地に生まれた人々の哀愁がこもる作品です。

PukuPukuMarine

あらすじ 感想

🤠あらすじ

ネイティブアメリカンの居住区「ウインド・リバー

静寂深まるの夜、裸足の少女が息絶えた。

少女はコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)に発見された。

ウインド・リバー

事件は居住地の警察署長ベン(グラハム・グリーン)は、FBIを要請し、ジェーン・バナー捜査官(エリザベス・オルセン)が派遣される。

ウインド・リバー

検視官のもと検視が始まる。

彼女の膣内にはいくつかの裂傷がある。

しかし彼女の死因は極寒の中、深い呼吸を繰り返したことによる肺胞損壊と出血。

それゆえの窒息死。

「それでは事件にならない。これは明らかに事件なのに。」

「そうだ。これは事件だ。しかし検視結果は窒息死なんだ。検視結果を書き替えろと?」

コリー・ランバートは知っていた。

裸足の少女は極寒の雪の上を裸足で10kmも走ってきたのだ。

彼女は強い意志を持って生きようとしていた戦士なのだ。

その強い意志を、思いをコリーは知っていたのだ。

なぜなら彼は獣を狩るハンターだからだ。

ジェーン捜査官はコリーに捜査の協力を願い出る。

コリーは協力し、そして少女の父に誓いを立てる。

ウインド・リバー

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ウインド・リバー(字幕版)

新品価格
(2021/2/20 12:39時点)

あらすじ 感想

🤠感想

凄く悲しい

「ここの土地に住むものは雪と静寂以外を奪われた。」

この言葉が胸に刺さる

そして若者が自分の知らない過去に縫い付けられた宿命にあがこうとする

少女がこの土地以外の地に憧れを持つ想い

ウインド・リバー

冒頭の彼女が雪の上を走る場面が、映画を観終わった後、凄く胸に突き刺さるんです。

こういう映画の構成がもう素晴らしいですよね。

ウインド・リバー

自分の娘を同じような無念の死に導いてしまった悔恨の想いに打ちひしがれるコリーが事件の幕を閉じるのが凄く切ない。

ジェーン捜査官があと一歩で殺されるところだった。

「ここの土地に運はない。君は生きた。それは君が生きようとした意志があったからだ。君は強い戦士だ。

コリーのこの言葉を聞いてジェーンはわかるのですよ。

凄まじい寒さの中雪の上を10kmも走って生きようとした裸足の少女の意思

ウインド・リバー

もう最高の脚本ですよ。

そして裸足の少女の父の横に座り伴に死んだ娘を想いながら終わるラストは心にしみます。

音楽も本当に素晴らしいです。

ウインド・リバー

単純な復讐劇の話ではなく、ネイティブアメリカンの悲しみは新しい世代にも続いてしまっている悲しみが伝わってくる。

もちろん現実は全てがそういうわけではないのでしょうが、しかし少なからずそういう一面はあるのでしょうね。

本当にこの映画いいですよ

ジェレミー・レナーはそんなに好きな俳優ではありませんが、この映画では素晴らしい演技を見せてくれました。

とくに山頂で自白を聞いた後の一瞬の悲しい顔はもう最高でしたよ。

ウインド・リバー

途中で松本人志に見えてしまった時もありましたが、だとすれば、演技次第では松本人志もこういうかっこいい役ができるんでしょうね。

松本人志はジェレミー・レナーを目指せばいい!

この映画にちょっと懐かしい人がでていましたよ。

タントゥー・カーディナル

ウインド・リバー

この女優さん覚えてますか?

ダンス・ウィズ・ウルブズ」で「蹴る鳥(グラハム・グリーン)」の奥さん「黒いショール」役で出ていた方です。

この映画にもグラハム・グリーンがでていたので夫婦そろって出演していたことになりますね

ウインド・リバー

外出自粛の夜、休みにじっくりと見るのにお勧めの1本ですよ!

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ウインド・リバー(字幕版)

新品価格
(2021/2/20 12:39時点)

ウインド・リバー スペシャル・プライス [Blu-ray]

新品価格
¥1,529から
(2021/2/20 12:40時点)

ウインドリバー(2017)映画スチールポスターウォールアートポスター絵画印刷-40x60cmフレームなし

新品価格
¥3,667から
(2021/2/20 12:41時点)

ウインドリバー(2017)映画HDポスターキャンバスプリントウォールアートキャンバス50x70cmフレームなし

新品価格
¥2,852から
(2021/2/20 12:42時点)

壁アート画像の装飾 壁掛けアート アート ウインドリバー(3) 映画ポスタ–黒の木製フレーム(額縁を送る)40x30cm

新品価格
¥2,200から
(2021/2/20 12:44時点)

Review of movies

Hello.

This is Shinji.

I wrote a review of the thriller movie “Wind River”.

A body found in the Native American settlement “Wind River”.

“Barefoot girl”

“The truth of the case” and “the girl’s will to live”

The sadness of the young people living in the settlement was transmitted to me.

The script of the movie is a great movie.

Overview of this article


Good point
The script of the movie is wonderful.
Story composition.
Jeremy Renner’s acting is amazing.
soundtrack


Bad point
None


It is “ 5″ without complaint.

Movies that will stay in your mind.

The soundtrack is also great.

投稿者: emo-shinji

東京中野区でPukuPukuMarinというDiving serviceをしています。 PADIのMasterScubaDiverTrainerというインストラクターです。 EFRの救急救命のインストラクターでもあります。 ずーっと伊豆を中心に潜っています。初島と西伊豆の黄金崎を得意としています。ダイビングと映画で満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。