「ポゼッション」の感想・レビュー(ネタばれ有り)

ポゼッション

English🇬🇧

ポゼッションポゼッション
★★★☆彡
監督 オーレ・ポールネダル
脚本 ジュリエット・スノードン
製作 サム・ライミ
配給 ブロードメディア・スタジオ
DVD Happinet
上映時間 92分

こんにちは、しんじです😱

今日の映画は「ポゼッション」です。

これから夏に向けていくつかホラー・オカルト映画の感想を多めに書こうと思っています👻

このジャンルでいえば、先に書いた「残穢―住んではいけない部屋―」に続いての第2弾ですね。

数あるホラー・オカルト映画は残念な作品が多数ありますよね。

これから書いていくホラー・オカルト映画は僕がお勧めできる映画にしようと思っています。PukuPukuMarine

あらすじ 感想

😈ストーリー

バスケのコーチを仕事とする「クライド」は、妻と離婚調停の真っ只中だ。ポゼッション

今日は離婚調停中のなか2人のかわいい娘と会える日。

娘2人と車で移動中、偶然見かけたフリマに立ち寄る。

ポゼッション

次女の「エミリー」が誘われるようにいく先にはひとつの古い木の箱。

ひとめで気に入りご購入。

しかし日増しにエミリーの箱への執着がエスカレートしていく。

ポゼッション

ある日、朝食のマナーが悪いため注意すると、フォークで手を刺してきた。

ポゼッション

また、学校の担任の先生が不慮の事故で亡くなっても全然気にせず「私の箱を取ってきて」と父親にいう始末。

さらに娘の様子はおかしくなり、母の恋人や母親へ攻撃が始まる。

母親は娘を大学病院へ連れていき精密検査をする。

ポゼッション

そしてCTスキャンをすると、そこに映っていたものはなんと!!

父親はユダヤ教の「ザディック」に相談し、ついに悪魔祓いが始まる。

ポゼッション

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ポゼッション(字幕版)

あらすじ 感想

👿感想

この映画、なかなかの出来ですよ🚩

ポゼッション

まず、初めて見る人はこのやさしい父親の顔をみてハっ とする人が多いかもしれません。

そう、このひとウォーキングデッドの宿敵「ニーガン」である!

ポゼッション

あの残忍なニーガンが、この映画ではとてもやさしい眼差しの父親になっているのです

そして、変貌していく娘を見て物悲し気な表情を見事に演じてます

ポゼッション

いい顔してますよね🧡

この映画で一番ショッキングな場面はやっぱりここ!

「ゲホゲホ」と咳き込んで喉の様子を見ようとライトで喉を照らす(そう、あなたもやったことあるはず!)

ポゼッション

すると喉の奥から指2本!!ガクブル((((;゚Д゚))))だよ。

ポゼッション

TSUTAYA用のDVDのパッケージになってるブランコに乗る少女の顔つき。

いいですねぇ。

この後母親の恋人がひどい目に会うんですよね。

ポゼッション

歯が抜ける🗣

でもこの人この程度でよかったよね。

ポゼッション

終わりの方になると悪魔により少女の目がぐるりんぱします。

これなかなか好きです👍

悪魔祓いの場面で、父親が「俺に憑依してみろ。」って言うけど、これって映画「エクソシスト」を監督がリスペクトしているように感じます。

ポゼッション

映画「エクソシスト」では悪魔に乗り移られたリーガンの首をしめながらカラス神父が自分の体に悪魔を乗り移らさせますよね。

そしてそのまま窓から飛び降りて死の階段落ちをしました。

その時の場面がちらつきます。

ポゼッション
魔封波
のように箱に再び悪魔を閉じ込めたザディックが帰り道あんなことになるのはオカルト・ホラー好きなあなたなら、もう想像できたでしょう👁

ポゼッション

この映画、「いきなり音がバーンとかなって驚かせるよ系」のB級映画と違って、しっかりとじわりじわりと迫りくる恐怖を表現できているところが素晴らしいと思います

そして父親役の「ジェフリー・ディーン・モーガン」の娘を見る優しい眼差しがとても魅力的な映画です。

ポゼッション

そういうところにしっかりヒューマンドラマの要素も兼ね備えているのが好感を持てるし、だからこそ悪魔の卑劣さなどが際立ちますよね。

なかなか良い映画でしたよ。

おススメです。

ジェフリー・ディーン・モーガン主演の「キリング・フィールド」の記事も書いているので読んでくださいね。

ポゼッション

あなたがお勧めのオカルト・ホラー系映画を教えてください。

コメントお待ちしてます。

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ポゼッション(字幕版)

ポゼッション [Blu-ray]

中古価格
¥2,694から
(2021/2/23 02:17時点)

Review of movie
Hello.
This is shinji😱
This time I wrote an article about horror movie “The possession”.

Outline of this article


Good point
Movie script
Acting Jeffrey Dean Morgan
ポゼッション

Emily’s face was distorted The production was good


Bad point
None


🤔B class movies will immediately surprise you with sound
It was good that this movie did not do that kind of stuff👏😀

投稿者: emo-shinji

東京中野区でPukuPukuMarinというDiving serviceをしています。 PADIのMasterScubaDiverTrainerというインストラクターです。 EFRの救急救命のインストラクターでもあります。 ずーっと伊豆を中心に潜っています。初島と西伊豆の黄金崎を得意としています。ダイビングと映画で満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です