「ゾディアック」の感想・レビュー(ネタばれ有り)

ゾディアック

English🇬🇧
ゾディアック

ゾディアック
★★★☆彡
監督 デヴィッド・フィンチャー
脚本 ジェームズ・ヴァンダービルト
配給 ワーナー・ブラザース
DVD ワーナー・ホーム・ビデオ
上映時間 157分

こんにちは、しんじです。

今回はアメリカで最も知られている連続殺人事件「ZODIAC事件」を題材にした映画「ゾディック」のレビューを書きます。

僕はゾディアック事件を題材にした映画を何本か観ましたが、この映画が一番怖かったです。

この映画はゾディアック事件そのものよりも、後に事件についての見解を本にした「ロバート・グレイスミス」に焦点を置いた作品となっています。

つまり彼と事件の関わり、事件を中心に職場、同僚、家族などが描かれています。

警察の見解、同僚記者の見解、自分の見解、犯人の罠(意図しない)などが随所に散りばめられていて見ごたえのある作品となっています。PukuPukuMarine

あらすじ 感想

🔪ストーリー

1968年
ゾディアック

ロバート・グレイ・スミス(ジェイク・ギレンホール)」はサンフランシスコ・クロニクル紙の風刺漫画化だ。
ゾディアック

彼が締め切り間際の漫画について編集者と打ち合わせしていると、殺人犯から手紙が届いた。手紙は暗号文を新聞紙面に載せること次の殺人を示唆する内容だ。

ロバートは記者では無いが、その暗号文に興味を抱き、事件への関心が深まっていく。
ゾディアック

そして事件担当記者である「ポール・エイブリー(ロバート・ダウニーjr)」に近づき、事件の進展を見守るとともに独自に暗号文を解読、そして事件関係者に接触を試みる。

警察も初動捜査のミス捜査の連携が取れないなど、事件解決の兆しが見えない。
ゾディアック

刑事「デイビッド・トースキー(マーク・ラファロ)」も次々と起こる殺人事件、犯人からの手紙、マスメディアや市民からのバッシングに心身ともに疲弊していた。
その上クロニクル紙のエイブリーが独自の見解事件の真相のように掻き立てる為、捜査が混乱していく。
ゾディアック

何よりも捜査を混乱させたのはゾディアックの犯行と思われる殺人事件は本当にゾディアックの仕業なのかというものであった。

ゾディアックの殺人で確証が取れているものは4件程

その後にゾディアックが手紙に記した殺人告白は、既に発表された新聞の記事内容と酷似しているのだ。

アメリカには毎日膨大な事件が起きる。

未解決事件も多い。

その未解決事件をゾディアックは自分の犯行と告白している疑いがあるのだ。

そのため、市民が寄せる目撃談や情報が全てバラバラであり、挙句の果てには「私がゾディアックだ。」と出頭する者まで現れる始末。
ゾディアック

事件から数年がたち記者エイブリーはクロニクル紙を去り落ちぶれ、警察も未解決事件で捜査は続いているとはいえ実質的な捜査はなくなっていく。

だが、ロバート・グレイ・スミスは違っていた。
ゾディアック

彼の情熱だけは冷めることはなかった。

ゾディアック事件の真相を知りたい!

それは正義のためなどでは無かった。

彼は「ただ知りたいだけ」なのだ。

彼は独自に事件の取材を続けていた。

そして、ついにある容疑者を犯人と断定するだけの事実を掴む。

ロバートは担当刑事デイビッド・トースキーその事実を話す。

最初は懐疑的だったトースキー刑事は、ロバートが掴んだ事実を聞くと無念の情とともに一言。

証拠がない。

そして「本を書きあげろ。」と告げる。
ゾディアック

ロバートは容疑者リーの店に行く。

そしてリーの顔を見ると無言のまま去っていった。
ゾディアック

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ゾディアック(字幕版)

新品価格
(2021/2/11 17:44時点)

あらすじ 感想

🔪感想

1968~1991年の場面まで描かれているこの映画は事件が未解決なものと主張しています。

そう未解決事件なのです。

・映画で描かれる事件

駐車中の未成年カップルを射殺。
ゾディアック

タクシードライバー銃殺
ゾディアック

湖の畔のカップルの殺傷
ゾディアック

母子殺人未遂
ゾディアック

どれも描写が凄まじく怖いです。

何と言いますか、犯人の執拗さジワジワとにじみ出ています。

そしてラストシーンのロバートと容疑者リーとの対面。

セリフなしの数秒間。

この緊迫感はかなりインパクトありますよ。

特に容疑者リーの表情の変わりようがすごく怖いです。
ゾディアック

映画は感動場面があるわけでもないし、犯人との攻防があるわけでもない。

だが、この事件に関わる漫画家ロバート、記者エイブリ、刑事デイビットの3人が描かれています。

ロバートは事件をきっかけに女性と出会い、別れ、本を書くことで富を得る。

エイブリは敏腕記者から落ちぶれ酒浸り小さな新聞社にて生計を立てる。

トースキー刑事は「未解決事件の風化」そしてまた新たな犯罪が絶えまなく続く現実を生きていく。

ちょっと評論ぽく言うと・・・

トースキー刑事は今も多くの凶悪犯罪が起きる現実のアメリカのように思います。

だからトースキー刑事の「本を書きあげろ。」とはロバートには「真相を知らせる責任がある。」ということを描写しているのではないでしょうか?

それにしてもクリント・イーストウッドの「ダーティーハリー」がこんな意味合いがあったとは知りませんでした。
ゾディアック

ダーティーハリーが実際を事件をモチーフにしていたのは知っていました。

でも、この映画は事件関係者にはかなりエグイですよね。

トースキー刑事がロバートを「ダーティーハリー」よばわりするのは事件に対して責任を負うものじゃない者への皮肉でしょうね。

最近は身体を鍛え上げたジェイク・ギレンホールですが、この映画ではひ弱な風刺漫画化を好演しています。

やはり彼の目にはいつも釘付けになってしまいます。

目で演技する男ですね。

エイブリー役のロバート・ダウニーjrはこの映画のすぐ後に「アイアンマン」に主演しアメコミ映画のスターになりました。

そしてさらに数年後にマーク・ラファロ(ハルク)とアメコミ映画で共演するとは思わなかったでしょうね。

ゾディアック

⚠映画は派手な山場がないので寝不足の時に観ると寝てしまいます。

眠眠打破」を飲むなどして観ると映画を楽しめると思いますよ。

お勧めの映画ですよ👍

最後にゾディアック事件は未解決事件です。

ですので、みなさんも「この顔にピンときたら110番」してくださいね。

ゾディアック

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ゾディアック(字幕版)

新品価格
(2021/2/11 17:44時点)

ゾディアック ディレクターズカット [Blu-ray]

新品価格
¥973から
(2021/2/11 17:45時点)

映画パンフレット 「ZODIAC(ゾディアック)」 

中古価格
¥340から
(2021/2/11 17:45時点)

ゾディアック映画のポスター絵画キャンバス壁アートキャンバス60x80cmフレームなし

新品価格
¥3,006から
(2021/2/11 17:45時点)

ゾディアック(2007)映画HDプリントポスターキャンバス絵画に-50x70cmフレームなし

新品価格
¥2,874から
(2021/2/11 17:46時点)

Review of movies

Hello.
This is Shinji😱
This time, I wrote a review of the movie “ZODIAC” on the subject of “Serial murder case” in the United States.
This film is a film drawn around the authors “Robert Graysmith” and “people involved in the case” rather than the case itself.
It is a very scary and worthwhile movie.

🖊Overview of this article


Good point
📌The criminal’s “persistent” is drawn well.
📌David Tosky is depicted as “American reality”.
📌Jake Gyllenhaal acting
📌Mark Alan Ruffalo acting
📌The scene where Robert and the suspect meet is very scary.
ゾディアック


Bad point
None


投稿者: emo-shinji

東京中野区でPukuPukuMarinというDiving serviceをしています。 PADIのMasterScubaDiverTrainerというインストラクターです。 EFRの救急救命のインストラクターでもあります。 ずーっと伊豆を中心に潜っています。初島と西伊豆の黄金崎を得意としています。ダイビングと映画で満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です