「15ミニッツ・ウォー」の感想・レビュー(ネタバレあり)

15ミニッツ・ウォー

15ミニッツ・ウォー15ミニッツ・ウォー
★★★★
監督・脚本 フレッド・グリヴォワ
配給 クロックワークス
上映時間 98分

こんにちは、しんじです。
今回は戦争アクション映画「15ミニッツ・ウォー」の感想を書きます。
この映画はフランス・ベルギー合作映画で、1976年フランス植民地ジブチで発生したバスジャック事件をもとに作られたストーリーとなっています。
ここには政治的背景もあるのですが、今回も政治的背景は置いておき、なるべく映画としての評価として感想を書こうと思います。
PukuPukuMarine

あらすじ 感想

〇あらすじ
1976年、フランス植民地ジブチ
いつものようにスクールバスはジブチに住むフランス人の子供たちを迎えに来た。
だがあるバス停でそれは起こった。
反フランス・国家独立を掲げる武装したジブチ人によるバスジャックだ。

15ミニッツ・ウォー

男たちは運転手を脅しソマリエ国境を目指してバスを走らせる。
だがバスはジブチとソマリエの国境を挟むわずかな非武装地帯で立往生してしまう。

15ミニッツ・ウォー

フランス上層部はこのトラブル鎮圧するため独立した特殊チームを編成し現地に送り込む。

15ミニッツ・ウォー

チームリーダー・ジェルヴァル大尉はスナイパーによる一斉射撃により射殺する作戦を立てる。
だがここにきてフランス政府は隣国ソマリエとの外交問題を懸念し作戦実行の許可をださない。

第一線で灼熱の太陽にさらされながら銃を構え待機するチーム。
誰も殺させない!
ジェルヴァル大尉率いるチームの熱い思い。

だが、食料物資を運んできたフランスの憲兵に子供がすがり付くとバス内の空気が張り詰める。
テロリストの銃は憲兵と子供に向けられていた。

15ミニッツ・ウォー

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)15ミニッツ・ウォー(字幕版)

新品価格
(2021/7/17 20:51時点)

あらすじ 感想

〇感想
なかなか緊迫感のある面白い映画でした。

砂漠のど真ん中の非武装地帯。
身を隠す場所は瓦礫一山のみ。
子供たちの身の安全。
隣国ソマリエの怪しい動き。
弱腰なフランス政府。

そんな中で失敗の許されない特殊チーム。

容赦ない日差しとプレッシャーがチームの集中力を削っていく。

この辺の膠着状態が退屈することがなく観ることができるのは特殊チームのキャラがしっかり立っているからでしょう。

特にクールな凄腕スナイパーのララン人情的でおしゃべりなロルカのやり取りはとても興味ぶかかったです。

ロルカの言葉に無口のラランの表情がわずかに動く瞬間がとてもかっこいいのです。
15ミニッツ・ウォー

そしてこの膠着状態にさらにスパイスが加わります。

赤いベレー帽をかぶる色白の大男が登場。

15ミニッツ・ウォー

そうです。
ソ連のKGBが後ろで糸を引いているのだ。

これがさらにチームに緊張をもたらすのが良い効果になっています。

特殊チームにもCIAフィリップ・シェファーが同行している意味がここにありましたね。
この時代の国家的な大事件には大抵、裏で鷲と熊が関わっていましたから・・・

そして作戦を強行実行!
ここから特殊チームの凄腕感が半端ないです。

チームの放つ銃撃は一撃必殺です。

15ミニッツ・ウォー

すべて頭を打ち抜くすさまじい腕前。

その中でも、やはりラランが凄い。
照準を合わせて打ち抜く速さが半端なく早い。

15ミニッツ・ウォー

石渡治先生の漫画「B・B」に出てくるスリーピングシープのバイブルを思いしてしまいました。

15ミニッツ・ウォー

映画の結末が作戦は成功と言えたのか?
とても苦い感触で終わったのは映画としては良かったと思う。

それと個人的に良いと思った場面はテロリストのリーダーが憲兵を射殺した後に、それに怯えた子供を見て罪悪感にさいなまれる場面です。

このわずかな一瞬が凄く良いです。

15ミニッツ・ウォー

やはりこの男がテロリストの中で一番情の深い男だったのがわかる。
かつて教師をしていたのも本当の話だったのだろう。

多少、CGによる演出効果がゲームっぽく見えてしまう場面もあったけど、それを補うほどに作中の緊張感銃撃戦はカッコ良くて素晴らしかったです。

やっぱりラランが一番良かったですね。
お気に入りです。

政治的なものを語ると植民地においての事実に基づくストーリーなので手放しに面白いというのは不謹慎かもしれない。
だけど、1本のアクション映画として観るのならとてもお勧めの1本です

そうそう、僕は途中まで字幕版で観ていたのですがちょっとフランス語に慣れていないせいか集中して観ることができなかった。
そんな時、やっぱり吹替え版はいいですね。
凄く楽しめて観ることができました。

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

15ミニッツ・ウォー[Blu-ray](特典なし)

新品価格
¥4,362から
(2021/7/17 20:52時点)

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)15ミニッツ・ウォー(吹替版)

新品価格
(2021/7/17 20:52時点)

 

投稿者: emo-shinji

東京中野区でPukuPukuMarinというDiving serviceをしています。 PADIのMasterScubaDiverTrainerというインストラクターです。 EFRの救急救命のインストラクターでもあります。 ずーっと伊豆を中心に潜っています。初島と西伊豆の黄金崎を得意としています。ダイビングと映画で満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。