「キラー・エリート」の感想・レビュー(ネタばれあり)

キラー・エリート

English🇬🇧キラー・エリート

キラー・エリート
★★★★
原作 ラナルフ・ファインズ
監督 ゲイリー・マッケンドリー
脚本 マット・シェリング
配給 ショウゲート
上映時間 116分

こんにちは、しんじです。
今回はジェイソン・ステイサム主演「キラー・エリート」の感想を書きます。
共演はロバート・デ・ニーロ、クライヴ・オーウェンという男くさい映画となっております。
原作はラナルフ・ファインズさんで彼は英国特殊部隊SAS隊員で、自身が暗殺されそうになった経験を執筆したそうですよ。
実話をもとにしたフィクションという感じの映画としてみればいいのかな。
PukuPukuMarine

あらすじ 感想

あらすじ
旅行代理店の裏稼業。
それは傭兵・殺し屋斡旋業だ。
ハンター(ロバート・デ・ニーロ)は600万ドルもの大きな仕事を引き受けてしまう。
それはオマーンのある族長の依頼。
「息子たちを殺したSASの隊員を暗殺してくれ。」

アメリカのネイビーシールズ以上ともいわれる英国の特殊部隊SASの隊員達を殺すのは並大抵のことではない。

ハンターはその依頼を断ると同時に人質として監禁されてしまう。

そして、「ハンターを助けたければ依頼を引き受けるのだ!
依頼はすでに脅迫に変わった。

そして、既に引退した元相棒ダニー(ジェイソン・ステイサム)のもとに通知が来たのだ。
キラー・エリート

ダニーはハンターを見捨てることはできない。
すぐにオマーンへ渡り依頼を受ける。

この大仕事には信頼できる仲間が必要だ。
デイヴィスマイアーに連絡を取り再びかつてのチームが復活する。
キラー・エリート

まずは標的のSAS隊員の情報を集めるためデイヴィスが動く。

だが、SAS隊員は退役後の身の安全を守るために強い結束があった。
怪しい動きに対処するためスパイク・ローガン(クライヴ・オーウェン)が動き出す。
ローガンは元隊員たちを指揮し、すぐにデイヴィス、マイアー、ダニーを見つけ出す。
キラー・エリート

そして暗殺計画に病院を訪れたダニーをローガンが襲う。

ダニーの予想通り元SASは手ごわかった。

格闘の末何とか逃げ出すのが精いっぱいだった。

ローガンは次々と隊員を暗殺するダニーを許すことはできない。

ローガンの戦争は未だ終わってはいないのだ。

ダニーたちの先手を打ってくるローガン率いる元SAS。
ついにチームのマイアーが殺されてしまった。

ダニーたちも失敗は許されない。
失敗すればハンターの命がない。

ダニーとローガン。
仲間の命をかけた戦いが続く

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)キラー・エリート (字幕版)

あらすじ 感想

感想
これ、事実だったらすごいですね。
こんな小説のような事があるのでしょうか。

僕はこの映画をTVドラマの必殺仕事人を見る気分で楽しみました😁

何となく彷彿させるんですよね。

旅行代理店がいわゆる元締めでダニー、ハンター、デイヴィス、マイアーが仕事人です。

デイヴィスとマイアーがいい味をだしていて、特に僕はマイアーが気に入りました。

キラー・エリート キラー・エリート
デイヴィス マイアー

デイヴィスは単純明快な性格で少し臆病なのに対してマイアーは策士で自信家なんですよね。
この2人がいることで映画がすごく面白い作品になりました。

マイアーが死んでしまったのはショックだったなぁ😫
素人を仲間に入れてしまったがためにマイアーの計画が狂ってしまったんですよね・・・

友情に熱い凄腕のダニー演じるジェイソン・ステイサムは、今回も超セクシーです。
キラー・エリート

禿げているのに何でこんなにかっこいいのだろう。

ロバート・デ・ニーロが演じたハンターは今回少しイケてない感じだった。
と思いきや、ちゃんと用意してありました。

ダニーの恋人アンを守る場面が超Cool!
キラー・エリート

後ろから襲う代理人の膝をブスッと銃で打ち抜く。
しかも、それをアンに気づかせないところがイケてまっせ。
ハンターは近距離戦闘型ではない超凄腕スナイパーなんですね。

そしてこの映画の真の主人公であるスパイク・ローガンを演じるのはクライヴ・オーウェンです。
キラー・エリート

瞳と心を傷つけた元兵士です。

彼の中で戦争は終わることがなく、元SAS隊員達は彼の家族のような存在。

キラー・エリート

英国に代わり今は元SAS有力者で結成されたフェザーメンに動かされ・・・また利用される・・・

彼の戦争は終わらないのです。

ローガンの心を解りあえるのは実は敵であるダニーやハンターだったのかもしれませんね。
立場が違うだけで結局ローガンもダニーやハンターも戦いの中に身を投じ・・・利用されて・・・まったく同じです。

ラストにローガンが「遊びに行く」ってセリフは、「殺しに行く」という意味だったのか「訪ねに行く」という意味だったのか?
ただ彼の口元には笑みがありましたよね。
キラー・エリート

心にいつまでも戦いを抱え、何かに利用されてしまう悲しき元兵士たちのアクション映画
かっこいいですよ。
お勧めです!!

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

キラー・エリート [Blu-ray]

新品価格
¥2,980から
(2021/3/6 11:57時点)

映画パンフレット★『キラー・エリート』/ジェイソン・ステイサム、クライヴ・オーウェン、ロバート・デ・ニーロ

中古価格
¥1,175から
(2021/3/6 11:58時点)

ポスタ- A4 パターンA キラー・エリート 光沢プリント

新品価格
¥945から
(2021/3/6 12:01時点)

Review of Movie

Hello.
This is Shinji.😄
This time I wrote a review of “Killer Elite” starring Jason Statham.
This movie is a story of former soldiers whose battle never ends in their hearts.
Jason Statham, Robert De Niro and Clive Owen are in a hot fight.
The film touches on Britain’s involvement in the Omani war.
But I have no idea.
It’s a fact-based story, but you can enjoy it as an action movie.
My favorite character in this movie is Hello.
This is Maiar.

キラー・エリート

Maiar was played by Aden Young.
I think the character who is a tactician and overconfident is very good.
I think it was an interesting action movie because there were better characters around me than Jason Statham.

投稿者: emo-shinji

東京中野区でPukuPukuMarinというDiving serviceをしています。 PADIのMasterScubaDiverTrainerというインストラクターです。 EFRの救急救命のインストラクターでもあります。 ずーっと伊豆を中心に潜っています。初島と西伊豆の黄金崎を得意としています。ダイビングと映画で満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です