「マグニフィセント・セブン」の感想・レビュー(ネタばれ有り)

マグニフィセント・セブン

〇English🇬🇧

マグニフィセント・セブンマグニフィセント・セブン
★★☆☆☆
監督 アントワーン・フークア
脚本 リチャード・ウエンク
配給 ソニー・ピクチャーズ・リリーシング
上映時間 133分

こんにちは、しんじです🤠

今回は「マグニフィセント・セブン」をAmazonプライム観ました。
初見です。
この映画の前情報を一切調べずに観たのですが、映画のエンドロールで聞きなれた西部劇の音楽が流れてきて、「もしや?🤔」と思ったら「荒野の7人」のリメイクだったんですね。
マグニフィセント・セブン

僕は「荒野の7人」もその元となる黒沢明監督の「7人の侍」も観たことがありません。
ですので、まるっきり新しい映画として観ていました

あらすじ 感想

🔫あらすじ
「ローズ・クリーク」の町は「ボーグ(ピーター・サースガード)」という人物に支配されていた。
マグニフィセント・セブン

「ボーグ」は金鉱の採掘をして、40人ものならず者の用心棒を雇い、反対する者には「死」という恐怖支配をしていた。

町の人々は土地は安く買い上げられ、安い賃金で強制労働を強いられるという苦しい生活をしていた。

ある日、教会でボーグ支配の反対集会が行われていた。
そこにボーグ一味が乗り込み集会の参加者を射殺する。

賞金稼ぎのチザム(デンゼル・ワシントン)はアマドール・シティで一仕事終えたところだった、その腕を見込まれボーグ倒しを頼まれる
マグニフィセント・セブン

雇い主のエマにチザムは問いかけた。
「この依頼は町を救うためなのか復讐なのか」

マグニフィセント・セブン

「復讐のためよ!」

チザムはボーグに対抗するため6人の仲間を集めた。
マグニフィセント・セブン

敵は多勢のボーグ、チザムは町の人々を訓練する。
そしてボーグと対決する日が来た。

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)マグニフィセント・セブン (字幕版)

新品価格
(2021/2/23 18:19時点)

あらすじ 感想

🔫感想
前半は★★★★☆をつけてもいいかな。と思っていました。

黒人の賞金稼ぎの現実性は置いといて、チザム(デンゼルワシントン)のガンアクションがかっこよかったので期待がふくらみました。

そしてイカサマギャンブラーのファラデー(クリス・ブラット)の抜け目なささにも、何かやってくれる期待感もありました。
昔馴染みのロビショー(イーサン・ホーク)とビリー(イ・ビョンホン)までは、まぁ良いとしましょう

ただ、ほかの仲間に関しては、仲間になる動機がいまひとつ希薄すぎます

「正義の為」「町を救うため」それだけじゃ希薄ですぜ😔

ネイティブアメリカンのレッドなんか、チザムと見つめ合っただけで仲間になっちゃうんだもん。(見ず知らずの通りがかったインディアンですよね・・・?)
マグニフィセント・セブン

別にそれぞれの過去を掘り下げるわけでもないし、仲間同士の絆が深くなったわけでもないのです。
マグニフィセント・セブン

そのためラストのボーグとの戦いの中、秘密兵器ガトリング銃によって仲間が次々と犠牲になっても、何にも感じるものがないのですよ😑

しかも、町の人々の訓練もあまり役立ったとも思えないし間延びしすぎの演出が多い。

もっとボーグ一味をあの手この手でコテンパンにする形じゃないとスッキリしないんじゃない??

おまけに最後の最後でチザムとボーグの因縁が明らかになるのですが、唐突すぎますぜ、ダンナ!!😖
もっと伏線はってほしいなぁ。

ロビショーのいざとなると人を撃てないエピソードにいたっては、「そのエピソード必要か?」って感じでした。

一言で言うと「7人のキャラが立ってない」ということです。

というわけで、後半になればなるほど「」の数が減っていきました。

「荒野の7人」同じ内容なのかな?

このストーリーに似た西部劇映画をひとつ知っています。

僕のビデオコレクションにある「ヤングガン」です。
※詳しくはレビューを読んでくださいね
マグニフィセント・セブン

若いころのチャーリーシーン、ルー・ダイヤモンド・フィリップス、キーファー・サザーランドがでていて豪華です。

ビリーはちょっと嫌な奴でイラっとするときもあるけど、映画はかなり面白い作品ですので、ぜひ観てください。

あなたの面白いと思った西部劇とかあったら教えてください。

コメントお待ちしてます。

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

映画ポスター マグニフィセントセブン 【60×90】 hi1 [並行輸入品]

新品価格
¥2,683から
(2021/2/23 18:21時点)

映画ポスター マグニフィセントセブン 【60×90】 hi2 [並行輸入品]

新品価格
¥2,683から
(2021/2/23 18:22時点)

Review of movie

Hello.
This is Shinji.🤠
This time I wrote a review of “The Magnificent Seven”.

📝Outline of this article


Good point
I have no idea🤔


Bad point
🔷Character is unattractive
🔷’Bonds’ is weak and thin
🔷I do not feel anything even if I died because there is no charm in the character😑
🔷”Fate” in the last scene is too abrupt.
🔷There is much waste in the story.😪
🔷Scene composition of the movie is too bad😪
🔷Boring movie😴


投稿者: emo-shinji

東京中野区でPukuPukuMarinというDiving serviceをしています。 PADIのMasterScubaDiverTrainerというインストラクターです。 EFRの救急救命のインストラクターでもあります。 ずーっと伊豆を中心に潜っています。初島と西伊豆の黄金崎を得意としています。ダイビングと映画で満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。