「15時17分、パリ行き」の感想・レビュー(ネタばれ有り)

15時17分、パリ行き
15時17分、パリ行き
★★★☆☆
監督 クリントイーストウッド
脚本 ドロシー・プライスカル
配給 ワーナー・ブラザース
上映時間 94分

原作  ジェフリー・E・スターン、スペンサー・ストーン、アンソニー・サドラー、アレク・スカラトス
『The 15:17 to Paris: The True Story of a Terrorist, a Train, and Three American Soldiers』

―はじめに―
私としては、この映画は伝記映画だと言うことを踏まえたうえで、情報なしで観ることをお勧めします。 観る気がある人は、このブログを観終わった後に読んでください。

****

こんにちは、しんじです。
今回は名俳優で名監督でもあるクリント・イーストウッドが2018年に制作したアメリカの伝記映画です。
私はこの映画の前情報は一切知りませんでした。
ただアマプラにあったのでクリックしてみるとイーストウッド監督ということで、鑑賞することにしました。
この映画は少し特殊ですので、今回は感想だけを述べたいと思います。

PukuPukuMarine〇感想
先にも述べたように私はこの映画の前情報を一切持たず、イーストウッド監督という確固たる信用の下に映画を観始めるわけです。

そうそう、伝記映画だということも知りませんでした。

冒頭に列車内におけるテロ事件の場面から始まり、そこに関わるスペンサー、アンソニー、アレクの3人組が登場。
そしてその中のひとり黒人のアンソニーの語りで彼らの小学生時代が描かれていきます。

それぞれ問題を抱える3人が青年になりそれぞれの道を歩む。
大人になっても友人である3人はヨーロッパ旅行に行く。

そんな少年記旅行記が映画の8割描かれていきます。

そして運命の15時17分発のパリ行きに乗るわけです。

アメリカに生まれ、友との出会い、多くの選択肢の中でこの人生を歩み、最後に友とパリに行くかどうかを話し合い、パリに行くことを決める。

彼らはテロリストの犯行を未然に防ぎ、フランスから勲章をもらい、アメリカ発の英雄となった!

驚くことなかれ! この映画、実は今の一文だけの映画なのです。

しかし映画全編で描かれるのは、『この列車に乗り合わせることなど天文学的な確率の上で成り立つものだ』ということ。
アメリカに生まれ、友と過ごし、それぞれの道を歩み、ヨーロッパに旅行に行く、現地では計画の練り直しもしながら、パリ行きを決定する。

これは彼らの『運命』だったという人もいるだろう。

これは長い上映時間をかけてそういう事を描いている映画です。
この映画、はっきり言って、鑑賞者がどのよう状況で観ているかで評価が変わります。
私は暇を持て余しているときに何と無しに観ていたので、3人の旅行記を観ている気分で「ああ、これはそんな映画なのだな」と割り切って観ました。
しかし、映画館で料金払ってみた人は、料金分の価値があったかというと微妙です。
それとサスペンスを期待した人はその肩透かしに呆然とするでしょう。
これはそんな映画です。
正直、クリント・イーストウッド監督という保証がなければ、日本で上映されていたかも疑問です。

しかし、それでも評価すべきところは、この映画が退屈しなかったところです。

私だっていくら暇でも面白くない映画なら違う映画に切り替えます。
この映画の評価すべきところは、その何気ない3人の少年記から旅行記までをテンポよく面白く描いているところです。
それはたまたまなのか、イーストウッド監督のなせる業なのかはわからないけど、私は最後に「これだけを描きたかったのか!」とびっくりしたのと同時に感心させられました。
あまりストーリーがないような映画ですが、ストーリーがあってもクソつまらない映画って星の数ほどありますよね。
そうならないのが凄いです。

そしてもっと驚いてしまったのが、この主人公のスペンサー、アンソニー、アレクが実はこの実話の本人だったってこと。

15時17分、パリ行き

しっかり演技指導していたのでしょうね。
スペンサーにおいては一番露出が多かったためか、少々あか抜けない部分はあったけど、アンソニーやアレクは味のある顔をしているし、3人は俳優さんかと思っていました。
これが一番の驚きだったかもしれません。

しかし、この映画を作った意図を私は知りませんが、これは完全に個人的な考えですが、クリント・イーストウッドは『アメリカはこうでありたい』という確固たるものが心にあるような気がする。

それは『アメリカは世界の英雄でありたい』という思い。

イーストウッドはそういう思考にありながらも「グラン・トリノ」で描かれているようにそうでは無くなった悲哀やそれでも時代を受け入れていかなければならないという現実を見つめる事の大切さも描きますよね。

私としては、この映画は伝記映画だと言うことを踏まえたうえで、情報なしで観ることをお勧めします。

いつもありがとう(*´▽`*) 他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

15時17分、パリ行き(吹替版)

新品価格
¥400から
(2022/11/20 10:49時点)

15時17分、パリ行き [Blu-ray]

新品価格
¥973から
(2022/11/20 10:50時点)

【映画パンフレット】 15時17分、パリ行き

中古価格
¥188から
(2022/11/20 10:50時点)

「罪の声」の感想・レビュー(ネタばれあり)

罪の声
罪の声
★★★★★
原作 塩田武士『罪の声』
監督 土井裕泰
脚本 野木亜紀子
配給 東宝
上映時間 142分

こんにちは、しんじです。
今回は日本の社会派映画『罪の声』の感想を書きます。
皆さん、グリコ森永事件をご存じでしょうか。
僕が中学生くらいの事件だったかな。店頭に並ぶお菓子に劇薬の青酸ソーダか何かを混入した犯人が食品会社を脅迫するという事件です。
『キツネ目の男』はあまりにも有名でマスメディアは連日『キツネ目の男』とは?ばかりを報道するあまりに事件の真の部分を見逃して報道していたようにも感じています。
それに『キツネ目の男』ばかりを報道するあまりに目つきの鋭い人が「あの人怪しくない?」と根拠のない噂で被害にあった方もいるくらいでした。

犯人グループも執拗で何度も警察や世間を煽るような声明をだしたりして時には愉快犯ではないのかという声明まででましたよね。

さて、今回、この映画を観て思い出したのですが、そうでしたね..犯行指示に少年、女性の声を使っていました。

この映画は何も知らずに大事件に加担させられた子供たちにスポットを当てた映画となっています。

当時の事件を知る人には非常に興味深い映画となっています。

PukuPukuMarine

あらすじ 感想

〇あらすじ

家族3人でつつましく生きている曽根俊也(星野源)はスーツの仕立て屋。
ある日、押し入れの中から通帳とカセットテープを発見する。

罪の声

通帳は事細かにびっしり文字で埋め尽くされているが全文英語だ。
ただすぐ読める文字もあった。

「GINGA」「MANDO」の文字。

ネットで検索すると1984年のギンガ萬堂事件に行き当たる。
クラマ天狗と名乗る犯人グループが毒入りのお菓子をばらまくとお菓子メーカーを脅迫するという事件だ。

俊也はネットに張られた犯人が使った犯行指示の音声動画を再生する。
そこに収められた声。
俊也は見つけたカセットテープを慌てて再生する。

罪の声

そのカセットテープは幼少の頃の俊也の声で犯行指示が収められたマスターテープだった。
知らずに犯罪に使われた自分の声。
事件の真相を確かめようと俊也は自らそのメモと関わった犯行に関わっている叔父の足取りを追う。

そして同時期に過去の事件を取材する大日新聞の阿久津(小栗旬)と交差する。

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)罪の声

新品価格
(2022/11/13 20:16時点)

あらすじ 感想

〇感想
久々の日本映画がビタッと来たものに出会えました。
もう、カセットテープの声を追うなんてゾクゾクします。
少しホラー映画のような怖ささえも感じてしまいます。

だけど映画の軸はしっかりと過去のグリコ森永事件に迫るような内容になっています。
内容は過去に散々と推察したドキュメンタリーと重なる部分が多いのですが、それを俳優たちがしっかりとした演技力で描いているところが素晴らしいです。

犯人の目的は実は現金ではなかったのではないかという推察は事件からかなりの年数がでてから言われたように記憶しています。

操作です。

この映画ははっきりいって2部構成になっているようにも感じました。

第1部はグリコ森永事件の真相はこうだったのではないかというもの。

第2部は『犯行に使われた子供たちの人生は?』というものでここからは作者の完全なるフィクションとなっています。

この子供たちの人生はとても痛ましく描かれているのですが、映画前半とガラッと映画の感じが変わってしまったのが気になるところでした。

完全なフィクションになった途端に昔からある日本映画の匂いしてきます。

罪の声

ヤクザが登場しそれに関わった家族の悲惨な末路というものです。
この描き方が少し古臭くて『ああ、日本映画….』って感じになってしまいましたね。
でも、時代背景が1984年のどっぷり昭和なので仕方がないのかもしれないですが、この辺は平成生まれの人たちはどのように見えるのでしょうね。

個人的に好きな場面は記者の阿久津が「真実を明らかにすることに意義があります」というセリフに俊也が噛みつく場面は凄くよかったです。

罪の声

意義」ってなんでしょうね。

映画はラストのほうに近づくにつれて作者か監督かはわからないけど社会思想的なものが入ってきます。

罪の声

学生運動とその過激派の権力・社会への反抗がいかに虚しいものなのかを映画を通して語り始める内容となります。

もしかしたら2022年に刑期を終え刑務所から出てきた日本赤軍最高幹部の人を意識しての事だったのかは定かではありません。
自分の思想を満足させるための犯行の裏には未来を無くされた方々がたくさんいる。
そんな感じで語る映画の人物が何か重なるんですよね。

ということで最後にはグリコ森永事件の社会派サスペンス映画が少し混じり気のあるラストで処理されているようで気になる部分ではありました。

それと一番ラストは「スーツ、お願いします」と笑顔でスパンと終わらせたほうが味わい深かったのに惜しいなって感じでした。

でもすごく見ごたえがあってグイグイと引き込まれました。
141分を余すことなく観ることができる素晴らしい映画でした。

変に笑わせようとする変なコメディを入れる昨今のお寒い日本映画とは全然違います。

社会派映画としてサスペンス映画として、とても光る映画です。
お勧めですよ。

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ

関連商品

罪の声 (講談社文庫)

新品価格
¥1,012から
(2022/11/13 20:20時点)

罪の声 通常版 [Blu-ray]

新品価格
¥4,318から
(2022/11/13 20:21時点)

 

「アンチャーテッド」の感想・レビュー(ネタばれ少な目)


アンチャーテッド
★★★★
原作 ノーティードッグ「アンチャーテッドシリーズ」
監督 ルーベン・フライシャー
脚本 レイフ・リー・ジャドキンス
配給 ソニー・ピクチャーズ・エンターテイメント
上映時間 116分

こんにちは、しんじです。
今回は『アンチャーテッド』の感想を書きます。 僕はゲームをやらないのでよく知らないのですが、この映画の原作は同名タイトルのゲームだそうです。
昔、ニコラス・ケイジ主演の「ナショナル・トレジャー」という映画を観たことあるので、そういう乗りで観てみました。

この「アンチャーテッド」主演のトム・ホランドは個人的にあまり魅力的な俳優とは思えないのですが、この映画ではどんな感じなのでしょうか?

そこに興味津々です。

PukuPukuMarine

あらすじ 感想

〇あらすじ

孤児院にいたドレイク兄弟は少年時代の泥棒が失敗し兄サムは弟に必ず「迎えに来る」と言いながら町を出ていった。

ネイサン(トム・ホランド)はその言葉を信じ十数年の時を過ごす。

青年になったネイサンの下にビクター(マーク・ウォールバーグ)が接触してくる。彼はトレジャーハンターでネイサンを相棒として誘う。

ビクターが兄のサムと組んでいたことを知ると、ネイサンは兄の手がかりを知るためにビクターと組むことを承諾する。

ビクターが狙うのは少年時代に兄サムとともに話をしていたフェルディナンド・マゼランの隠された黄金だ。

2人は衝突を繰り返しながら、同業者の妨害を潜り抜けお宝の手がかりを追う。

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)アンチャーテッド (吹替版)

あらすじ 感想

〇感想
トレジャーハンター映画ってなかなか『インディージョーンズ』を抜くことって難しそう。

どんなにアイデアを絞ろうとアクションを派手にしても『インディージョーンズ』から派生した冒険ものでやりつくされた感があるんです。

結局最後には「やっぱり『インディージョーンズ』だね。」という結論に行きついてしまうすごくハードルが高いジャンルの映画だと思う。
補正が働いてしまうという厄介な現象でもある。

さらにアクションにおいては「ミッションインポッシブル」を超えることも難しい。

これにおいては補正でも何でもなく今も発展中の「ミッションインポッシブル」のアクションは他のアクション映画の追随を許さないと思う。

そうやって削っていくと俳優がどれくらい魅力的であるかが重要になってくる。

その意味で女性目線ではトム・ホランドは可愛いのかもしれないですが、男目線だと少し線が細すぎて薄味なんです。
その薄味を調整するためにマーク・ウォールバーグのキャスティングは素晴らしい選択だったと思います。

マーク・ウォールバーグが加わることで映画が骨太っぽくなりました。
マーク・ウォールバーグ演じるビクターが信頼度65%くらいのさじ加減なのが映画に緊張感を与えてくれてとても良い刺激になりグっと面白くなりました。

映画全体が「絶対に兄を探すんだ….」という重々しい感じではなくライトミディアムな丁度良く映画を気軽に楽しく見ることを許してくれます。

ラストのヘリコプターの場面ではトム・ホランドよりもマーク・ウォールバーグが持って行った感がありました。
笑えました。

人気ゲームが原案の為、しっかり続編もありそうです。
この映画なら次作も期待するに値する!
突っ込みどころも含めて楽しめる「アンチャーテッド」はお勧めですよ!
楽しんで観てください!

あらすじ 感想

いつもありがとう(*´▽`*)
他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ

関連商品

【Amazon.co.jp限定】アンチャーテッド ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定)(オリジナル特典 スペシャル・ボーナスディスク付) [Blu-ray]

新品価格
¥4,987から
(2022/11/13 11:25時点)

映画チラシ『アンチャーテッド』5枚セット おまけ最新映画チラシ3枚 

新品価格
¥800から
(2022/11/13 11:26時点)

映画ポスター アンチャーテッド-4 ポスター アートキャンバス絵画 帆布ポスター インテリアポスター 約90x60cm

新品価格
¥3,497から
(2022/11/13 11:27時点)

ゴーストバスターズ アフターライフ」の感想(少しネタばれあり)

ゴーストバスターズ アフターライフ
★★☆彡☆☆
監督 ジェイソン・ライトマン
脚本 ギル・キーナン
配給 ソニー・ピクチャーズリリーシング
上映時間 124分

こんにちは、しんじです。
今回は『ゴーストバスターズ アフターライフ』の感想を書きます。
ゴーストバスターズと言えば ‛80年代に革新的なCGを作ったヒット作ですよね。その最新作??そう2016年に既に『ゴーストバスターズ(2016)』が作られているじゃないですか。こちらはあのゴーストバスターズのメンバーが女性陣ならこうなるみたいな『ポリコレ』というよりも実験的な感じで制作された印象があります。

まぁ、結果はやはりかつてのヒット作の名に乗っかってしまった感じでしたが….2作目は作る気配はなさそうですよね、それは正解かと。

『こちらが本当の続編ですよ!』的に作られた今回の『ゴーストバスターズ アフターライフ』 もしやターミネーターシリーズ的な匂いがプンプンします。
さて、映画の中身は??

PukuPukuMarine

あらすじ 感想

〇あらすじ

今回はネタバレは抑えるのでざっくり説明しますね。まぁ、もともと内容的なものは薄いのですが。

ネタバレと言うかこれは最初からもうバレバレなのですが、ゴーストバスターズとして最後まで戦ったゴーストバスターズのオリジナルメンバー『イゴン・スペンクラー』の死から物語は始まります。

町からは変わり者と揶揄されたスペンクラーの屋敷に破産してしまったスペンクラーの娘家族が住むことになる。

陰キャで物理大好きな孫のマッケナが部屋である装置をみつける。
部屋に置いてあるチェスの駒が勝手に動くとその装置が反応する。それはゴースト探索装置だった。

町は時々おかしな地震が起きるが、その波形は通常の地震とは異なる波形。
なんと!町の近くの鉱山で、破壊の神『ゴーザ』が復活しようとしているのだ。

スペンクラーが残した装置や車でマッケナ率いる子供たちのゴーストバスターズが出動する!

映画を観るならAmazonプライムビデオ(配信)ゴーストバスターズ/アフターライフ

新品価格

あらすじ 感想

〇感想
続編の始まりってワクワク感がたまりませんよね。
しかし、ふたを開けてみると、やっていることはやっぱり昔と大して変わりません。そうなるとやっぱりどれだけドラマとして盛り上げるのかが肝になってきます。
焦点は変わり者の父とその娘の確執へ、しかしこの描き方があまり具体的なものがなくピンとは来なかった。
構成としてはその親子の確執に孫であるマッケナが橋渡しをするのは定石。

しかしこれも非常に薄味というか….これは本当に「ひろゆき」ごとく『それはあなたの感想でしょ』的な事なのですが、非常に雑味を感じてならないんですよね。

その雑味が映画への感情移入を邪魔してしまいます。

あの映画に兄貴の彼女必要だったかな?私は全然必要ないように感じたんですよね。
あの登場人物の意味って『アレ』でしょ?それがずっと頭に残ってしまいます。
かつての映画なら白人系の男性のひと目ぼれなら白人の女の子を出しますよね。

ここに黒人女性を出すって少し不自然なんですよ。例えば職場で徐々に心を惹かれるっていうのなら全然ある話だけど、この強引さに雑味を感じてしまう。

後々までゴースト退治に参加するのだけど『なんでだろう』がつきまとう。

結果的にゴーストバスターズのメンバーは白人系、アジア系、アフリカ系と多様性のあるメンバーが出来上がるわけです。

もっと自然にやってほしいものだ。

そして私がやっぱりいただけないのがラストのサプライズ展開。これが一番全てを台無しにした。
もう言わずもがなだけど、『あ~!やっぱりそこに持っていくのか….もういいでしょ』って感じです。

私は懐古主義ではない!もっと新しいものが見たいのだ!

というわけで、私のように斜に構えなければ楽しめる映画だとは思うが、なんか昔の映画ファンの為に作りました感を出されるとやっぱり白けるよね。

まぁ、このシリーズがドル箱シリーズだったから仕方がないかな….

あらすじ 感想
いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ
関連商品

ゴーストバスターズ/アフターライフ ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

新品価格
¥3,682から
(2022/11/6 09:40時点)

映画ポスター ゴーストバスターズ アフターライフ ds3

新品価格
¥19,767から
(2022/11/6 09:41時点)

ゴーストバスターズ Tシャツ Ghostbusters 正規品 映画 ムービー Tシャツ (M)

新品価格
¥3,960から
(2022/11/6 09:41時点)

「エール!」の感想・レビュー(ネタバレ有り)

エール!エール!
★★★☆彡
監督 エリック・ラルティゴー
脚本 ヴィクトリア・ベドス
制作国 フランス
上映時間 105分

こんにちは、しんじです。
先週は『CODA あいのうた』で心が洗われたわけですが、この映画はアメリカリメイク版でした。
ならば原作の『エール!』を見る必要がある!
というわけで、今回は『エール!』の感想を書いていきたいと思います。
なお、あらすじはほぼ同じなので、『Coda』と『エール!』の違いを交えながら書いていきたいと思います。
PukuPukuMarine〇感想

良くも悪くもフランス映画の色が出ている映画だと思いました。
僕はそんなに多くのフランス映画を観ているわけではありませんが、どことなく『最強のふたり』と似たような空気感があります。

題材が聴覚障害の人を取り扱っているけれども映画自体は明るく少し楽観的な感じがする作風なのは、おそらくフランスのお国柄が影響しているのではないかと推測します。

Coda』では家族の仕事漁師で、それは濁った海の上で船という囲まれた空間、そして家族を取り巻く環境は若干の差別があり、家族はあまり社交的ではない。

エール!

それに対し『エール!』牧草地という広い空間での酪農で作ったチーズや野菜を市場で売るのが仕事で、取り巻く環境は障害者への理解ある人々を多く登場させ、お父さんは今の現状を変えるため選挙に立候補するという前向きな家族となっている。

エール!

当然、そんな家族だから映画自体は明るく進んでいく。
だが、このベクトルが変るのが娘のポーラがパリへ歌の夢を持ち始めてからだ。

突如として家族は悲観的になっていく。
特に母親の取り乱しようは『Coda』以上かもしれない。

エール!

自分たちだけが田舎町に取り残され、自分たちにはできない歌を歌うという娘に若干嫉妬をするというね。

この陽と陰の対比により家族の心情を描いていくのが『エール!』の特徴だろう。

娘ポーラの心情も家族がうまくいっている時はさほど腹に抱える鬱憤などは表現されていない。これが顕著に表れるのは、やはり歌というものに夢や希望を持ち始めてからだ。

Coda』と比べると『エール!』の方が現実的に思える世界だと思った。

しかし、やはり映画に期待するのはもっとエモーショナルなもの。
そこを上手く表現したのは『Coda』だと思う。

あと『エール!』には家族の中にポーラを味方をするの存在がないのは寂しいところだ。
家族がある程度うまくいっている為に存在させる意味もなかったのだろう。

この『エール!』の中で唯一その存在感で優っていたのは音楽の先生だ。

エール!

プライドと優しさとちょっぴりの厳しさを持つ先生は『Coda』のようにわざとらしい存在ではなかったのがよかった。
Coda』の先生は、はっきりいって先生ぽくなかったですからね。

コーラス部の発表会の演出などは『エール!』で用いた者なんですね。

『エール!』という優れた素材をさらに上手に仕上げたのが『Coda』という感じがしました。

でもきっとフランス映画が好きな人は『エール!』の方が好きだと思います

僕はエモーショナルな映画が好きなので『Coda』の方が好きでした。

Coda』を観て感動した人は是非、その原作の良さも知ってほしいという思いです。
お勧めですよ

いつもありがとう他のレビュータイトルもどうぞ☕
映画レビュー索引ページ